FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet
      1. 作り置き

    たっぷり粒マスタードがおいしさのヒミツ! 「新じゃがと豚こま肉のジャーマン風」 #今日の作り置き

  1. Share

  2. お気に入り

    25

新じゃがと豚こま肉のジャーマン風

ベーコンの代わりに豚こま肉を使い、メインのおかずになる食べ応え満点の一品です!
たっぷり粒マスタードがおいしさのポイント♪


作り置きレシピ「新じゃがと豚こま肉のジャーマン風」

【材料】(3人分)
新じゃがいも 4個
豚こま肉 200g
にんにく(みじん切り) ひとかけ分
塩 少々
粗びきこしょう 適量
粒マスタード 適量 (大さじ1)
サラダ油 適量

【作り方】
(1)新じゃがいもはひと口大に切り、電子レンジで串がすっと通るまで5、6分加熱する。
(2)フライパンにサラダ油とにんにくを入れて火にかけ、ジューっといい始めたら豚こま肉を入れて炒める。
(3)肉に火が通ったらじゃがいもを加えて炒める。塩を加えて味を調え、火を止めて粒マスタードを加えて混ぜ、粗びきこしょうをふる。

【ポイント】
・新じゃがいもは200〜250gくらいが目安です。
・粒マスタードはたっぷり加えるのがポイント!
・保存期間は冷蔵で4日になります。

じゃがいもは意外にもビタミンCが豊富な食材で、でん粉で守られているため加熱しても壊れにくいのが特徴です。

また貯蔵期間が長いふつうのじゃがいもに比べて、収穫されてからあまり時間が経っていない新じゃがいもはビタミンCの含有量が多いといわれています。

豚肉はビタミンB1やたんぱく質が多く含まれていて、疲労回復や体づくりに役立つ食材です。

豚こま肉で作ったジャーマンポテトはとっても食べ応え満点! じゃがいもは電子レンジの加熱でやわらかくするので、あっという間にカンタンに作れますよ。

ぜひ試してみてくださいね!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25

関連記事

  1. Dietポリポリ食感がクセになる! お箸が止まらない「和風ピクルス」 #今日の作り置き

    ポリポリ食感がクセになる! お箸が止まらない「和風ピクルス」 #今日の作り置き

    6
  2. Diet秋の味覚たっぷり!「秋鮭ときのこのアンチョビバジルソテー」#今日の作り置き

    秋の味覚たっぷり!「秋鮭ときのこのアンチョビバジルソテー」#今日の作り置き

    7
  3. Dietおかずやおつまみにぴったり♪「鶏むね肉のねぎ塩昆布炒め」 #今日の作り置き

    おかずやおつまみにぴったり♪「鶏むね肉のねぎ塩昆布炒め」 #今日の作り置き

    8
  4. Diet時短でできる本格煮物! とろ~りやわらか「大根のそぼろ煮」 #今日の作り置き

    時短でできる本格煮物! とろ~りやわらか「大根のそぼろ煮」 #今日の作り置き

    8

あわせて読みたい

Pickup