FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    17

ひじきと大豆のごま和え

「ひじきは煮物ばかりでバリエーションが少ない…」という人にもオススメ! ひじきはごま和えにすると、とてもおいしいのでぜひ試してみてください。
少ない材料でカンタンにできるレシピです♪


作り置きレシピ「ひじきと大豆のごま和え」

【材料】(3~4人分)
乾燥ひじき 10g
大豆の水煮 100g
白すりごま 大さじ1と1/2
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1

【作り方】
(1)ひじきは水で戻してから熱湯でサッとゆでて、ざるに上げて冷ます。
(2)ボウルにひじき、大豆、白すりごま、めんつゆを入れて混ぜ合わせる。

【ポイント】
・生ひじきの場合は100gを目安にご使用ください。
・めんつゆは2倍濃縮の場合は大さじ1と1/2、4倍濃縮の場合は小さじ2を加えてください。
・保存期間は冷蔵で4日になります。

ひじきはカルシウムが豊富なのが特徴です。カルシウムを効率的にとるにはマグネシウムとのバランスが重要ですが、ひじきはどちらの栄養素もバランスよく含んでいます。

また色素成分のフコキサンチンも多く含みます。フコキサンチンは活性酸素の働きを抑えるほか、血糖値の上昇抑制や肥満の予防などに効果があるといわれています。

水溶性の食物繊維が多く含まれるので、ひじきを戻すときはあまり長い時間、水につけ過ぎないようにするのがポイントです。

ぜひ、試してみてください!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    17

関連記事

  1. NEWDiet高たんぱく&低糖質! 体を温めたいときにおすすめの「ジンジャーシュリンプ」#今日の作り置き

    高たんぱく&低糖質! 体を温めたいときにおすすめの「ジンジャーシュリンプ」#今日の作り置き

    4
  2. Dietピリッと激ウマ! 和洋どっちでも行けちゃう「きのこの粒マスタード漬け」 #今日の作り置き

    ピリッと激ウマ! 和洋どっちでも行けちゃう「きのこの粒マスタード漬け」 #今日の作り置き

    10
  3. Dietポリポリ食感がたまらない! 彩り抜群「大根とにんじんの塩麹漬け」 #今日の作り置き

    ポリポリ食感がたまらない! 彩り抜群「大根とにんじんの塩麹漬け」 #今日の作り置き

    5
  4. Diet冷蔵庫にある調味料でできる! 「里いものめんつゆバター」 #今日の作り置き

    冷蔵庫にある調味料でできる! 「里いものめんつゆバター」 #今日の作り置き

    9

あわせて読みたい

Pickup