FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    26

豚こまのつくだ煮

今回、ご紹介するのは、ご飯のお供にぴったりの「豚こまのつくだ煮」です!
しょうがをたっぷり加えるのが、おいしさのポイント。ご飯がとっても進みますよ♪


作り置きレシピ「豚こまのつくだ煮」

【材料】(作りやすい分量)
豚こま肉 200g
しょうが 2かけ
◎しょうゆ 大さじ2
◎みりん 大さじ2
◎酒 大さじ2
◎砂糖 大さじ1/2
◎水 大さじ3

【作り方】
(1) 豚こま肉は1cm幅に切る。しょうがは皮つきのまません切りにする。
(2)フライパンに◎の材料としょうがを入れて火にかけ、煮立ったら豚こま肉を加え、汁気が少なくなるまで煮る。

【ポイント】
・豚こま肉は小さめに切っておくと食べやすいです。
・しょうがは皮つきのままで大丈夫です。多めに加えるのがオススメですよ!
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

牛肉でつくだ煮をよく作るのですが、節約したいときは安い豚こま肉を使って作ります。
豚こま肉を小さめに切っておくと、ご飯のお供に使いやすいです。

しょうがをたっぷり加えてしょうが焼きみたいにすると、ご飯がとっても進みますよ♪

豚肉はビタミンB1が豊富なのが特徴。ビタミンB1は食べたものからエネルギーを生み出すために必要な栄養素で、疲労回復に役立つといわれています。

作り置きはおかずなどのほかにも、こういったご飯のお供系のものを作っておくと意外に重宝します!

ぜひ試してみてくださいね!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    26

関連記事

  1. Diet電子レンジ5分で作れる絶品おかず!「ソースチキン」 #今日の作り置き

    電子レンジ5分で作れる絶品おかず!「ソースチキン」 #今日の作り置き

    18
  2. Diet冷めてもおいしい! 「鶏肉とブロッコリーのハニーマスタードソース」 #今日の作り置き

    冷めてもおいしい! 「鶏肉とブロッコリーのハニーマスタードソース」 #今日の作り置き

    15
  3. Diet調味料に丸ごと漬けるだけ! 食べ方いろいろ「漬け長いも」 #今日の作り置き

    調味料に丸ごと漬けるだけ! 食べ方いろいろ「漬け長いも」 #今日の作り置き

    19
  4. Dietダイエット中にもうれしい、やさしい味わい! 「豆腐とたらこのそぼろ」 #今日の作り置き

    ダイエット中にもうれしい、やさしい味わい! 「豆腐とたらこのそぼろ」 #今日の作り置き

    14

あわせて読みたい

Pickup