FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    12

梅なめたけ

夏にぴったり!梅の酸味がさっぱりおいしいなめたけです。
材料を鍋に入れて煮るだけなので、とてもカンタン。ぜひ試してみてくださいね!
ご飯のお供やパスタ、冷奴にもぴったりですよ♪


作り置きレシピ「梅なめたけ」

【材料】(作りやすい分量)
えのきたけ 大1パック(400g)
梅干し 大2個
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ3

【作り方】
(1)えのきたけは石づきをとって3等分に切る。梅干しは種をとり包丁でたたく。
(2)鍋にえのきたけ、梅干し、しょうゆ、みりんを入れて火にかけ、5分煮る。

【ポイント】
・梅干しは昔ながらの塩のみで作られたものを使っています。市販の甘い梅干しを使う場合は、みりんの量を少なめにしてくださいね。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります

えのきたけは副交感神経の働きを高めるGABAや、ストレスを和らげるのに役立つパントテン酸を含み、リラックスしたいときに効果があるといわれます。

また、えのきたけに含まれるキノコキトサンという食物繊維の一種は、腸内の善玉菌を増やしたり、脂肪の吸収を抑制したりする効果があることがわかっています。

梅干しの酸味成分には唾液や胃液の分泌を促して、食欲を増進させる作用があります。
また、梅干しに含まれる梅リグナンは抗炎症作用や、胃がんなどの原因になるピロリ菌の動きを止め、死滅させる機能があります。

酸味が効いて夏にぴったりなので、ぜひ作ってみてください!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)がある。『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    12

関連記事

  1. Dietいろいろな野菜でアレンジOK! 「豚しゃぶとにんじんの焼肉のたれ漬け」 #今日の作り置き

    いろいろな野菜でアレンジOK! 「豚しゃぶとにんじんの焼肉のたれ漬け」 #今日の作り置き

    2
  2. Diet管理栄養士・中井エリカさん直伝! ダイエットにうれしい、おからパウダーを使った簡単レシピ3品

    管理栄養士・中井エリカさん直伝! ダイエットにうれしい、おからパウダーを使った簡単レシピ3品

    5
  3. Diet期待を裏切らないおいしさ! さっぱりだけどコクがある!「マヨポンチキン」 #今日の作り置き

    期待を裏切らないおいしさ! さっぱりだけどコクがある!「マヨポンチキン」 #今日の作り置き

    5
  4. Dietほどよい苦みが美味! ご飯のお供に「ゴーヤの佃煮」 #今日の作り置き

    ほどよい苦みが美味! ご飯のお供に「ゴーヤの佃煮」 #今日の作り置き

    7

あわせて読みたい

Pickup