FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    20

ささみのラー油漬け

調味料に漬け込んでからレンチンすることで、しっとりやわらか〜な食感!
ほぐしてご飯にのせたり、サラダのトッピングにしたり♪ ラー油の風味が効いてご飯が進むおいしさです!


作り置きレシピ「ささみのラー油漬け」

【材料】(ささみ5本分)
ささみ 5本
◎しょうゆ 大さじ2
◎みりん 大さじ2
◎ラー油 大さじ1/2

【作り方】
(1)ささみは筋をとる。ポリ袋に◎の調味料とささみを入れてもみ込み、30分おく。
(2)耐熱容器に(1)を並べ入れ、ラップをして600wの電子レンジで2分半加熱する。いったん取り出し、ささみをひっくり返してさらに2分半加熱する。

【ポイント】
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。
・電子レンジの加熱時間は様子をみて調節してください。

ささみは鶏肉のほかの部位に比べ、高たんぱく・低脂質でヘルシーな食材です。エネルギー代謝に必要なビタミンB群も豊富に含まれます。

脂肪分が少ない分、加熱調理によってパサつきがちですが、調味料に漬けてから焼くことで肉の保水性が高まり、しっとりと仕上がりますよ。

淡白な味のささみですが、ラー油を効かせることで食欲をそそるおいしさ♪ そのまま切って食べても、ほぐしてパスタやサラダのトッピングにしてもOK!

電子レンジでとても簡単にできるので、ぜひ作ってみてくださいね!

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20

関連記事

  1. Diet冷めてもおいしい、ジューシーな「鮭とまいたけのオイスターソース焼き」 #今日の作り置き

    冷めてもおいしい、ジューシーな「鮭とまいたけのオイスターソース焼き」 #今日の作り置き

    3
  2. Diet大量でも食べやすい! とろ~り絶品「白菜のくたくた煮」 #今日の作り置き

    大量でも食べやすい! とろ~り絶品「白菜のくたくた煮」 #今日の作り置き

    5
  3. Diet塗る・和える・添える、なんにでも合う!「アボカドディップ」 #今日の作り置き

    塗る・和える・添える、なんにでも合う!「アボカドディップ」 #今日の作り置き

    4
  4. Diet切って漬けるだけ! 歯応えがおいしい「かぶのしょうゆ漬け」#今日の作り置き

    切って漬けるだけ! 歯応えがおいしい「かぶのしょうゆ漬け」#今日の作り置き

    4

あわせて読みたい

Pickup