FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    ダイエット中の運動は「食事」の前or後、どちらが効果的にやせられる?

  1. Share

  2. お気に入り

    3

スポーツウエアで食事をする女性

食事をしたあとは、動いてカロリーを消費しなきゃ!という人は多くいると思います。しかし、その流れで本当に大丈夫なのでしょうか? また、運動が苦手な人はムリしてまで行うことはありません。自分に合った運動、そして食事と運動の習慣を見直してみましょう。


■本能で生きる動物のように

いつのころからか流行して、今やすっかり定着した感のあるジョギング。私のところに相談に来る人のなかにも、ジョギングにハマっている人がいます。
「脂肪を効率よく燃やすのは有酸素運動」と言われているので、ジョギングにハマるのは「いいことじゃないの」と思うかもしれません。

でも…。彼女たちのなかには、太りたくないという理由だけで走っている人もいます。「食べたぶんが全部脂肪になりそうでコワイ。だから、とりあえずジョギングで消費しなきゃ」と、食べたあとに走っている人が多いのも気になります。

義務感で運動しているので、当然、ちっとも楽しくない。いつも疲れている状態だし、一生懸命に走っているわりには、少しもやせないという場合がとても多い。これでは、何のためにツラい思いをしているのか…。

ジョギング中の女性

そんな人たちには、本能で生きる動物に戻るようアドバイスしています。
あるトレーナーさんから聞いたことですが、私たち人間にとって食は本能。ところが運動は本能ではないため、なかなか習慣にはなりづらいそう。

では、運動はいったい何なのかというと、本能を満たすための手段なのだとか。野生動物は食欲(=本能)を満たすためには狩り(=運動)をしなければなりません。自分の子孫を残すためには闘いに勝って、いいパートナーを獲得する必要があります。お腹いっぱい食べる、子孫を残すという本能を満たすのに、“狩り”、“闘い”といった運動をするわけですね。

■食べて動くのではなく動いたあとに食べて!

ならば、私たち人間も、それにならうのが、正しいのではないでしょうか。「お腹がすいたなぁ」と思ったら、動物が狩りをするように体を動かすのです。食べたあとで運動するのは、本来、順番が逆。
ですから、食後に動くのではなく、「お腹が減ったら運動しよう」とアドバイスしています。お腹がすいたら動く。動いたら、そのごほうびとして食べる。これをルーティーンにすると、いいことだらけです。

野菜を食べる女性

ダイエッターのなかには食べることに罪悪感を持っている人が多いはず。でも、食べることに罪悪感があったとしても、運動してから食べるようにすると、「これだけ動いたから大丈夫」と安心して気持ちよく食べられるはずです。
消化のことを考えても、食べてから動くよりは、はるかにいい。消化がうまくいくと、当然、代謝もよくなるため、じょじょにやせやすくなっていきます。食べることと動くことの順番を逆にする。それだけで、この効果! ぜひ試してみてください。

■ムリせず楽しんでできる運動を

また、運動しなくてはいけないとわかっているのに、どうしてもできない、続かないという人がいます。
じつは私も“超”がつくほどの運動音痴で運動が大嫌い。それでも、ヨガがいいとか言われると、一応はトライします。でも、どうしてもうまくできなくて、ムリにやろうとすると、ストレスで食べ過ぎたりして、かえって太ってしまった経験も。だから私はムリには運動しないことにしています。

世の中にはきっと、私のような人もいるはず。だから、「どうしても運動ができない人は、ムリしてやる必要はない」というのが私の持論です。

コピーをとる女性

もちろん、そのぶん、日常生活の中で、いかに動くかを考えたほうがいいですよね。少し多めに歩く、歯みがき中はつま先立ちをする、家中のゴミ箱をひとつにして、ゴミを捨てるときはわざわざそこまで歩く、オフィスなら、あえて自分の席から遠いコピー機を使う…。

工夫と心がけしだいで、いくらでも動くことはできるのです。そう考えると、家中、街中、オフィス中がジムなんですね。そうやってテキパキ動いていれば、「ちょっと運動しようかな」という気持ちが起きてくるかもしれません。そうなったらしめたものです。

自分が楽しんでできる運動を探してやりましょう。
ただし、その気持ちが起こらない場合は、ムリすることなく、日常で動く心がけを続ければいいでしょう。

連載・関連記事

  1. ハードな運動してもやせないのはなぜ? 結果を出すのに必要な2大栄養素

  2. 睡眠不足でダイエットがムダに!? やせやすい体をつくる睡眠改善3つ

  3. ダイエットカウンセラーが教える「大人の食べ物・食べ方」のコツ

伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー、管理栄養士、日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジングダイエット協会理事。これまでに5000人以上の食事指導を経験。ボディラインと肌を美しく変身させる指導に定評があり、ダイエットのカリスマとして注目され、各種メディアで活躍している。
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 食事法

関連記事

  1. Diet運動しないでやせ体質になるコツ。基礎代謝がUPする5つの食習慣

    運動しないでやせ体質になるコツ。基礎代謝がUPする5つの食習慣

    31
  2. Diet食べてキレイにやせるダイエット法とは? 食材の色選びが「食べやせ」のコツ

    食べてキレイにやせるダイエット法とは? 食材の色選びが「食べやせ」のコツ

    23
  3. Diet太りやすさにも影響する、幸せな食事とムダな食事の違いって?

    太りやすさにも影響する、幸せな食事とムダな食事の違いって?

    50
  4. Diet漫画食事のコツ

    【漫画レポート】夜型から朝型の生活に改善!空腹感を満たすおやつ選びのコツ

    33

あわせて読みたい

Pickup