FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    43

上手に付き合おう!おやつ4つのマメ知識!

ダイエット中におやつ断ちしたり、極端に量を減らしたり・・・。「お菓子は太るからガマン!」と思っている人、いませんか?
実はこれ、大きな間違い。
ガマンするほど「食べたい!」という欲求が高まり、その結果、逆にドカ食いに走ってしまうことも多いのです。

上手に付き合えば、実はダイエットの味方にもなるおやつ。
食べるタイミングや量を知って、賢くやせボディへ!


【1】実は“3時のおやつは”理想のタイミング!!

太りにくい時間帯がある!

体内には、糖質を脂肪に変えるたんぱく質BMAL1が存在し、このBMAL1は、午後2 時から4時ごろに少なくなります。「ですから、甘いものは3時ごろに食べると太りにくくなるのです。昔からいわれる“3時のおやつ”は、理にかなっているんです」(伊達先生)

【2】おやつは食事の10%と考えて調整してみよう!


回数や量を工夫して食べてみよう

「おやつの目安量は、食事全体の10%までにしましょう。例えば、総摂取カロリーが1日1800kcalなら180kcalということ。一度にがっつり食べたいなら、3日に1度にすれば、総摂取カロリー(3日分)が5400kcalになるので、540kcalのおやつを食べられます。食べたい量と頻度で上手に調整を」

【3】おやつを惰性で食べない


体が必要としているサインを見極めて

おやつも食事も食べたいときにおいしいものを食べるのが鉄則。「低カロリーだから、もらいものだからと、おいしくないものやおなかが空いていないのに食べていたら、それはムダなカロリー。食べる前に、本当に食べたいのか自分に問いかけてみて。必要ないなら食べない道を選ぶこと」

【4】おやつを食べ過ぎても次の食事を抜かない


燃やす栄養素をとらなきゃダメ

「食事からとる栄養素には、ビタミンやミネラルなど、糖質や脂質を“燃やす栄養素”が含まれています。そのため、糖質や脂質がメインのおやつだけを食べて食事を抜くと、燃やす栄養素がないため、太る一方に。おやつを食べ過ぎたからと、カロリーの帳尻を合わせるために食事を抜くのはやめて」

監修/伊達友美、取材・文/熊谷理子、渡辺律子<オフィス・エール>、イラスト/リーカオ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    43
  1. おやつ
  2. 伊達友美
  3. 糖質
  4. 食欲

関連記事

  1. Dietおやつをどうしても食べたいときに!おすすめ8大食材

    おやつをどうしても食べたいときに!おすすめ8大食材

    53
  2. Diet伊達先生が教える「空腹←→満腹スイッチ」でやせるための3rule

    伊達先生が教える「空腹←→満腹スイッチ」でやせるための3rule

    37
  3. Diet改善しよう!4つの食べグセ

    改善しよう!4つの食べグセ

    45
  4. Diet10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    30

あわせて読みたい

Pickup