FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    188

これをすると太る!21時以降の食事で避けたい3つのNG行動

仕事が忙しく、夕食がどうしても夜遅い時間帯になってしまう人もいることでしょう。しかし、21時以降の食事をとる際には、3つのNG行動に注意しないと太りやすくなってしまうのだとか。その理由を管理栄養士の大越郷子先生に教えていただきました。

監修
大越 郷子

夜遅くにごはんを食べると太るのはなぜ?

「夜食べると太る」とはよく聞くけれど、実際のところ、なぜ太るのでしょうか。

「夜は、朝や昼と比べ、食事をしてから寝るまでの間の活動量が少ないため、消化しきれずに脂肪として蓄積されやすいのです。
さらに、夜10時~午前2時は脂肪をため込む酵素を増やすたんぱく質、BMAL-1の動きが活発になるので、脂肪をため込みやすくなります(管理栄養士・大越郷子先生)

また、夜遅い時間では、食事を消化吸収するときに出る熱エネルギーの量も少なくなるそう。

「食事誘導性熱産生(DIT)の量は、食事をする時間によって違い、朝に比べて夜は低くなるため、夜遅くに食べると太りやすくなります」

【NG1】炭水化物の重ね食べは避けて

パンと麺
めん類にごはんやパンを一緒に食べる・・・やりがちな炭水化物の重ね食べは、カロリーオーバーになりがち。
夜遅くに食べると寝るまでに消費しきれず、余ってしまった糖質は体脂肪として体内に蓄積されていきます。

【NG2】油っぽいものオンリー

空腹も手伝い、揚げものや脂身が多い肉など、脂っぽいものをつい選びがち。でも、油分の多いものは高カロリーで体脂肪として合成されやすいうえ、消化に時間がかかって、太りやすくなります。

【NG3】冷たいドリンクをゴクゴク

冷たい飲み物
冷たいものを飲み過ぎると、体が冷えて血液循環が悪くなるので、体脂肪がたまりやすくなります。また、胃腸の働きも弱くなり、食べたものを消化する力がダウン。体が冷えると寝つけないなど睡眠にも影響が。

意外とやりがちな夜遅い食事のNG行動。ダイエットを意識している人は、食事の内容をぜひ一度見直してみてくださいね。

監修/大越郷子、取材・文/吉野玲

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    188

関連記事

  1. Dietこれでバッチリ!キレイに健康的にやせたいなら“やせる数字”をマスターしよう!

    これでバッチリ!キレイに健康的にやせたいなら“やせる数字”をマスターしよう!

    122
  2. Diet7日7日・七夕はそうめんの日! 糖質過多を防いで栄養UPのアレンジそうめんレシピ

    7日7日・七夕はそうめんの日! 糖質過多を防いで栄養UPのアレンジそうめんレシピ

    95
  3. Dietグラフ

    「食事を減らしてもやせない」ギモン4つをズバッと回答!

    205
  4. Diet中華店メニューで覚えておきたいダイエット中の鉄則3つ

    中華店メニューで覚えておきたいダイエット中の鉄則3つ

    102

あわせて読みたい

Pickup