FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    25

サバ缶ダイエットでやせる!4つのポイント

仕事に、プライベートに忙しいダイエッターには、魚をさばく必要もなく、手軽に使えて買い置きもできるサバ缶がオススメ。
なんと、厚労省が定めたDHA、EPAの基準値もたった1缶で摂取できちゃうんです!
食べ方のポイントとしては、汁の中にEPAを多く含むサバの脂が入っているので、汁ごと食べるといいそう。
ごぼう、春菊など食物繊維が多い食材とあわせて、キレイやせをめざしましょう!


【ポイント1】食事のなかで積極的にサバなどの青魚を取り入れる

「魚が主菜の食事を増やしたり、外食先では魚定食を選ぶなど、今まで選びがちだった主菜のお肉を魚に『変える』ことで、ムリなくEPAの摂取量を底上げできます」

【ポイント2】サバ缶をじょうずに使い、こまめにEPAを摂取

「毎日魚を買い、焼いたり、調理する必要はありません。缶詰でもOKですし、むしろ缶詰だと、脂に含まれたEPAがしっかり詰まっているので、ぜひじょうずに取り入れて」

【ポイント3】青魚のなかでも、旬の魚をできるだけ選ぶ

「EPAは脂です。つまり『脂がのっている魚』には、EPAが多く含まれるのです。あまりサバだけにとらわれず、脂がのっている新鮮な旬の青魚を選んで食べましょう」

【ポイント4】おかずやつけ合わせには、食物繊維の多いものを選ぶ

「おかずには、GLP-1を分泌させる食物繊維を多く含んだ1品を。また、食物繊維をじょうずに活用することで、食事全体のカロリーを調整することもできます」

話題のサバ缶だけでなく、しめサバ、サバの干物などの加工品でもOK。いろいろ食べ方を変えて、サバ缶ダイエットにチャレンジしてみて。

 

そんなサバをつかったレシピはコチラ!

  • さば缶のせんべい鍋
  • さば缶となすのさっと炒め

監修/小田原雅人、高岡学、取材・文/馬渕綾子

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25
  1. 青魚

関連記事

  1. Diet食べてやせる体をつくる! お手軽なさば缶レシピ3選

    食べてやせる体をつくる! お手軽なさば缶レシピ3選

    32
  2. Diet赤身魚、青魚、白身魚。ダイエット中、いちばんオススメな魚はどれ?

    赤身魚、青魚、白身魚。ダイエット中、いちばんオススメな魚はどれ?

    32
  3. Dietビタミン類やカルシウムも豊富ないわしで血液サラサラに!いわしを使ったレシピ3選

    ビタミン類やカルシウムも豊富ないわしで血液サラサラに!いわしを使ったレシピ3選

    5
  4. Dietダイエット中のおやつに最適!おすすめナッツBEST3

    ダイエット中のおやつに最適!おすすめナッツBEST3

    81

あわせて読みたい

Pickup