FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    塩分をとり過ぎると太りやすくなる!? 塩分とダイエットの関係

  1. Share

  2. お気に入り

    9

塩分をとり過ぎると太りやすくなる!? 塩分とダイエットの関係

「脚のむくみが気になる!」「下半身に脂肪がつきやすい……」それって塩分のとり過ぎかも!? 塩分をとり過ぎると、むくみを引き起こして太りやすい体になってしまうのです。塩分とダイエットの気になる関係について早速チェック!


 むくみを放っておくと、代謝が落ちて脂肪ためこみモードに

ラーメンやそばなどの汁、漬け物、ハムやベーコンなど肉の加工品、惣菜パン、スナック菓子……。下半身太りが気になる人は、普段からこれらの味の濃いものを食べ過ぎていませんか? 塩分をとり過ぎると、血中のナトリウム濃度を薄めるために、体が水分をためこもうとします。すると、細胞間に水分がとどまり、むくみの原因に。むくみをそのままにしておくと、血液やリンパ液の流れも滞るので、代謝が落ちて脂肪ためこみモードになってしまうのです! お尻や太ももの裏などに発生する “セルライト”も、代謝の悪さが原因でできる脂肪のかたまり。むくみはそのままにせず、なるべく早めに解消することが大切です。そのために必要なのが塩分のとり過ぎに気をつけること。上手な塩分カットのコツをご紹介!

 

むくみ解消! 上手な塩分カットのコツ3つ

1.カリウムが豊富な食材を活用

カリウムは、塩分排出を促すミネラル。味の濃いものを食べ過ぎてしまったら、カリウムを意識してとることを心がけましょう。カリウム豊富な食材は、海藻、パセリ、いも類、アボカド、キウイなど。アボカドやキウイを使った朝ジュースでデトックスするのもおすすめ。

2.薬味やスパイスで味に変化を

にんにくやしょうが、わさび、ねぎなどの薬味で風味をプラスすれば、薄味でもおいしく食べることができます。唐辛子やカレー粉などを使って、味に変化をつけるのもポイント。これらの薬味やスパイスには体を温める作用もあるので、冷えの解消にも◎。

3.酸味で塩味を引き立てる

レモンやかぼすなどのかんきつ類を上手に使うことで、塩味を引き立てることができます。酸味を加えれば、少量の塩分でも満足度アップ! 手作りのポン酢やドレッシングに活用したり、和え物にプラスして味にアクセントをつけて。

この他、料理をするときは調味料の分量を計る、醤油やソースは直接料理にかけずに別皿に入れ、つけて食べるなどの工夫を。

 

厚生労働省のナトリウム摂取基準が、低めに変更

2015年に入り、高血圧予防の観点から、厚生労働省が推奨するナトリウム(食塩相当量)摂取基準が変更。18歳以上男性1日9.0g未満(2010年版)から8.0g未満(2015年版)へ、18歳女性1日7.5g未満(2010年版)から7.0g未満(2015年版)へとこれまでよりも値が低めに。厚生労働省の調査によると2013年における塩分平均摂取量は、男性1日11.1g、女性9.4gと摂取基準よりもオーバーしていたそう。むくみをためないためにも、薄味を心がけていきたいですね。

塩分の摂取量に気をつけて、健康&ダイエットに役立てていきましょう!

文/eko

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. セルライト
  2. デトックス
  3. 体を温める方法

関連記事

  1. Beauty1日5分押すだけ! 美脚リフレクソロジー

    1日5分押すだけ! 美脚リフレクソロジー

    3
  2. Diet食べてスッキリボディ! 唐辛子のやせパワー

    食べてスッキリボディ! 唐辛子のやせパワー

    8
  3. Dietふくらはぎの刺激が効果的!? 「水太り」解消法

    ふくらはぎの刺激が効果的!? 「水太り」解消法

    8
  4. Diet「食べていないのにやせない」理由

    「食べていないのにやせない」理由

    8

あわせて読みたい

Pickup