FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    [ワラビのあく抜きと保存]基本の下処理のやり方でおいしく食す

  1. Share

  2. お気に入り

    13

[ワラビのあく抜きと保存]基本の下処理のやり方でおいしく食す

ワラビには、プタキロサイドという天然毒が含まれることが分かっており、調理する場合は丁寧なあく抜きが必要です。あく抜きをすることにより、そのほとんどが除かれるため、通常の食用頻度では問題ありません。この記事では、わらび生産量日本一の山形県に伝わる、重曹を使ったあく抜きの方法を、分かりやすくご紹介します。


ワラビの特徴

春に出る若芽を食す山菜のワラビ。日本全土に自生しており、明治時代から栽培もされてきたといわれています。おひたしなどで食べられるほか、塩漬けにして保存食としても利用されています。また地下茎から採れるデンプンは、わらび粉として和菓子の材料になります。栄養面では、食物繊維17.14gのほか、カリウム1,761mg、ビタミンC52.3mgなどを多く含んでいます(生、100kcalあたり)。

ワラビのあく抜き方法

あく抜きには、いろいろな方法がありますが、ここでは重曹を使ったあく抜き方法を紹介します。時間はかかりますが、下準備をして浸けておくだけです。

●用意するもの
生ワラビ:400g
水:容器に入れたワラビ全体が浸かる程度の量
重曹(炭酸水素ナトリウム):大さじ1

●あく抜きの仕方
1.ワラビの穂先を取る。

2.容器の中に、ワラビを平らに並べ、重曹を振りかける。

memo
重曹の量は、多すぎるとワラビが柔らかくなり、少ないと苦味が残るので注意。

3.用意した水を沸騰させ、そのお湯をワラビ全体が浸かる程度まで注ぐ。

4.落としぶたをして一晩、約8時間以上そのままおく。

5.水を捨てて、きれいな水に入れ替える。黒っぽいあくが出なくなるまで、水を交換しながら20分くらい水にさらし、最後に洗ったらあく抜き終了。そのままきれいな水の中に、半日ほど浸けておいてもいい。

memo
重曹の代わりに、木灰を使ってもあく抜きができます。その際は、ワラビ400gに対して木灰ひと握り程度使います。木灰であく抜きをした方が、より風味良く仕上がります。

あく抜きしたワラビの、冷蔵保存のコツ

ワラビはあく抜き後、2~3日で使い切るのが基本です。すぐ調理しない場合は、あく抜きを終えて水につけた状態のまま、冷蔵庫に入れて保存。毎日水を取り替えることで、1週間ほどもちます。調理する際は、きれいな水で洗って、20分くらい水にさらしてから使ってください。

vege

提供: VEGEDAY powered by KAGOME

毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13

関連記事

  1. Dietおいしすぎてビールがすすむ!プロ直伝、枝豆の茹で方

    おいしすぎてビールがすすむ!プロ直伝、枝豆の茹で方

    2
  2. Diet[ニラ玉の絶品レシピ]炒める油の温度でふわとろ感に差がつく!

    [ニラ玉の絶品レシピ]炒める油の温度でふわとろ感に差がつく!

    2
  3. Dietごまや味噌のコクがたまらない!ご飯がすすむ簡単野菜炒めレシピ

    ごまや味噌のコクがたまらない!ご飯がすすむ簡単野菜炒めレシピ

    7
  4. Diet食感がたまらない!プロ直伝の、さやえんどうのおつまみレシピ

    食感がたまらない!プロ直伝の、さやえんどうのおつまみレシピ

    16

あわせて読みたい

Pickup