FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    7

運動が苦手でも、簡単に体を引き締められる方法は?

これまで1万人以上を美ボディに導いてきた、"ダイエット王子"こと小山圭介さんが、ダイエットのお悩みや疑問に答えます!


今回のお悩み

やせるためには、筋トレをしたり、ランニングをしたり、ハードな運動をしなければいけないのでしょうか?
運動が苦手なので、やる気が出ません……。
たるんだ体を簡単に引き締められる方法を教えてください!

ハードな運動をしなくても、姿勢を正すだけでOK!

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

食事制限で体重を減らす方法もありますが、体を引き締めて代謝を上げるには、普段使われにくい筋力にアプローチする必要があります。
とはいえ、運動が得意なほうではないと、筋トレをがんばるのはつらいですよね。
大丈夫です。息の上がるような強い負荷の運動をしなくても、やせられる方法があります。

最も簡単な方法は、「姿勢を正して生活する」ことです。
歩いているとき、スマホを見ているときなど、猫背の姿勢になっていませんか?
背中が丸くなって肩が前に出る「猫背巻き肩」の姿勢だと、おなかの筋肉がなまけてぽっこりと出たり、背中や二の腕などにぜい肉がつきやすくなったりします。

さあ、今すぐその場で、次の姿勢をとってみてください。

「おなかを引き上げ、背すじをピンと伸ばす」

どうですか? おなかや背中の筋肉が使われているのがわかりますよね。
このような姿勢を日常生活で習慣化すれば、弱い運動の効果がずっと続きます。
さらに、歩くときは、おなかを引き上げて背すじを伸ばしながら
「大股で歩く」
ことを意識してみてください。
シンプルで簡単な方法ですが、継続すればエクササイズをするのと同じぐらいのダイエット効果が期待できます。姿勢を正すとおなかが引き締まり、大股で歩けば美脚や美尻にもつながります。

階段の「くだり」には、筋トレ効果あり!

さらに、生活の中でできる、とっておきの簡単な運動法をお伝えしますね。
それは、「階段」をダイエットマシンのような感覚で活用すること。
階段の「のぼり」が大変なら、「くだり」だけでも充分に効果がありますよ。
階段を一段一段おりるとき、自分の体重を支えるために筋肉に負荷がかかるので、筋トレになるのです。
階段をおりるときは、先ほどお伝えしたように、「おなかを引き上げて、背すじをピンと伸ばした姿勢」をとってください。おなかに力を入れることで、ひざなどの部位に強い負荷がかかるのを防げ、体の筋肉をバランスよく使えます。

僕は、姿勢を正してきびきびと歩くことこそが、最もベーシックなダイエット法だと考えています。

まずは1週間、姿勢を正して生活してみてください。
お友達から「姿勢がよくなったね」とほめてもらえるかもしれません。
さらに1か月続けると、体が引き締まってきている感覚を得られると思います。
さぁ、今日から”姿勢美人”をめざして生活しましょう!

取材・文/掛川ゆり 写真(イメージ)/© Dragonlmages-fotolia.com

連載・関連記事

  1. ダイエットの「停滞期」を乗り切るには、どうすればいい?

  2. 炭水化物のドカ食いをやめるには、どうすればいいの?

小山 圭介

小山 圭介

ダイエットトレーナー&メンタルコーチ。
ホットヨガスタジオLAVAのプログラム開発を経て、ダイエット合宿施設『LAVAビレッジ伊豆高原』を立ち上げる。これまで1万人以上にダイエット指導を行う。メンタル・食事・運動など、さまざまなアプローチで健康な体をつくるダイエット法を提案している。テレビ、雑誌、WEBなどメディアでも活躍中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. ダイエット王子
  2. 巻き肩
  3. 猫背

関連記事

  1. Fitness「深い呼吸」をすると、痩せやすくなる?

    「深い呼吸」をすると、痩せやすくなる?

    9
  2. Fitness痩せにくい「二の腕」を簡単に細くする方法は?

    痩せにくい「二の腕」を簡単に細くする方法は?

    34
  3. Fitnessおなか、下半身太りを招く! 太りやすいNG姿勢タイプ3つ

    おなか、下半身太りを招く! 太りやすいNG姿勢タイプ3つ

    12
  4. Beautyほぐして寄せる、触りたくなるふわふわ美おっぱいを作る「おっぱいマッサージ」

    ほぐして寄せる、触りたくなるふわふわ美おっぱいを作る「おっぱいマッサージ」

    9

あわせて読みたい

Pickup