FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    80

5分でOK!2つの動的ストレッチで脂肪のたまりやすいお腹を引き締める

脂肪はふだん使われていないところにたまる性質があります。お腹は姿勢維持に使われているものの、常に正しい姿勢をキープすることは難しく、日常的にしっかりと使うことができていません。引き締まったお腹になるには1日5分でも意識して動かしてあげることが大切! 動的ストレッチで体を大きく動かすように心がけて、さまざまな筋肉を刺激していきましょう。

監修
桑崎 寛

両手を上げてVの字に バンザイストレッチ

お腹と背中は、体の表と裏でペアとなる筋肉。どちらもバランスよく伸ばして。

<1>両腕を頭上で開いて「Vの字」をつくる

脚を腰幅に開き、まっすぐ立ちます。両腕を頭のほうに伸ばしたら、指先をやや外側に向けて腕を開き「Vの字」をつくります。手のひらは、内側に向けておきましょう。

<2>腕ごと体を前に倒し、最後は指先を天井に

ひざを伸ばしたまま、上体を前に倒します。頭頂部を床に向けるように大きく倒して。腕は全屈したときに上体といっしょに下ろします。続いて上へ伸ばし、最後は指先を天井に。

★1→2を10回3セット行って!

<これはNG!>


フィニッシュでは指先を天井に向けます。大きく前屈すると、腕が上がって指先が上に向きやすくなります。

骨盤ごと左右に大きくねじる! わき腹スピン

わき腹スピンは、腕をゆるめながら体をねじります。足を固定して、わき腹をよく伸ばして。

<1>腕や骨盤といっしょに、体を左回りにねじる

足を腰幅に開き、まっすぐ立ちます。両腕は体より少し話して体のわきにおろし、手のひらは内側に向けて。この状態から、体を左側にねじります、顔と腕も連動させて動かして。

<2>骨盤ごと今度は右まわりにねじる

ねじった体を戻して正面を向いたら、そのまま今度は右側にねじります。1、2ともに、両足のかかとを床から離さずに、骨盤ごと大きく左右にねじりましょう。

★1→2を10回3セット行って!

撮影/徳永徹 モデル/矢原里夏 文/FYTTE編集部

桑崎 寛

フィットネスインストラクター、パーソナルトレーナー。TRY FITNESS powered by adidas及び、Technogym Japanのマスタートレーナー、TIPNESSのテクニカルトレーナーとしてスタジオプログラムの開発・インストラクターの養成などを行う。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    80
  1. 動的ストレッチ

関連記事

  1. Fitness“柔軟美トレーナー”が伝授! 脚の可動域がぐんと広がる「トップギアストレッチ」で美脚を叶える

    “柔軟美トレーナー”が伝授! 脚の可動域がぐんと広がる「トップギアストレッチ」で美脚を叶える

    20
  2. Fitness「リセットストレッチ」で気になるひざ上肉のたるみを解消!

    「リセットストレッチ」で気になるひざ上肉のたるみを解消!

    31
  3. Fitness巣ごもり中に太ももが太った…! スッキリ脚やせしたい人必見の「美脚リセットストレッチ」

    巣ごもり中に太ももが太った…! スッキリ脚やせしたい人必見の「美脚リセットストレッチ」

    33
  4. Fitness目指せ美姿勢!バレエダンサーが教える、猫背改善のおすすめストレッチ

    目指せ美姿勢!バレエダンサーが教える、猫背改善のおすすめストレッチ

    49

あわせて読みたい

Pickup