お尻がかたいと疲れやすい!? 1ポーズでわかるお尻の柔軟性チェック|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    21

お尻がかたいと疲れやすい!? 1ポーズでわかるお尻の柔軟性チェック

「疲れがとれにくい」「肩や首がこる」「頭痛がする」などなど、何かと不調に悩まされている女性は多いはず。 何とかしたい!と思ったら、「まずはお尻や太もも裏をストレッチするといいんです」とはトレーナーの坂詰真二先生。「疲労とお尻に関係が?」いったいどういうことなのでしょう?


“なんとなく不調”をもたらすのは、使われずにかたくなった筋肉

そもそも、疲れや体のコリ、冷えといった不調をもたらす原因は、どこにあると思いますか? 現代人の多くは、筋肉の柔軟性が衰えている、つまり体がかたくなっています。パソコンに一日中向かうデスクワークや、長時間のスマホなども大きな要因。同じ姿勢をとり続けるということは、見えないギブスで全身を固定されているようなもの。使われない筋肉は衰えて柔軟性を失います。かたい筋肉によって各関節にがっちりとサポーターをしているのと同じですから、スムーズに体を動かすことができにくくなりますし、骨格のゆがみにもつながります。まずは、自分の体がどのくらいかたくなっているか、チェックしてみましょう。

★首の前、胸、お腹の柔軟度チェック


1.足を肩幅に開いて立ち、両手を軽く腰に置きます。目線はまっすぐ前に。
2.お尻から下を動かさずに、首をゆっくり後ろに倒しながら、目線を真上に上げていき、そのまま30秒キープします。

これはNG!

ひざや腰を曲げるのではなく、まっすぐな姿勢のまま、首だけを倒します。

いかがでしたか? 痛くてきついという人は、胸鎖乳突筋(首の前側の筋肉)と大胸筋(胸の筋肉)、腹直筋(お腹の筋肉)が固まっている証拠。日常生活では上を向く時間より、下を向いている時間のほうが圧倒的に長いため、これらの使わない筋肉が固くなるのです。

では、この3か所の筋肉をやわらかくすればいいかというと、じつはそうではありません。例えば電車の中などでよく見かける、スマホを見るときの姿勢。背中を丸め、腰を突き出し、ひざを曲げています。下を向くことで重心が崩れるため、倒れないように全身でバランスをとっているのです。この姿勢を長く続けていると、本来は少し前傾しているはずの骨盤が、後傾してしまう。後傾したままだと、やがてお尻やもも裏の筋肉までかたくなります。

では次に、お尻の筋肉の状態をチェックしてみましょう。

★お尻の柔軟度チェック

<1>

1.足を肩幅に開いて立ち、両手を床と並行となるように、前方に突き出します。
2.足裏を床につけたまま、ゆっくりとしゃがみます。

<2>

1.椅子に座ってひざの真下で足を肩幅に開きます。背すじを床と垂直にまっすぐ伸ばしたら、手のひらをひざの横に置きます。
2.背すじを伸ばしたままゆっくり前傾。できるだけひじをひざに近づけ、お尻の筋肉に痛みを感じる手前で5秒間キープ。

いかがでしたか? 

<1>でしゃがむときに後ろに倒れそうになった人は、大殿筋(お尻の筋肉)がかたくなっていて、骨盤が後傾している可能性が大です。重心が後方に移動しているため、しゃがむと後ろに倒れてしまうのです。
<2>でひじがひざに触れるところまで前傾できなかった人も同じ。お尻がかたいと、股関節を軸に前屈できないため、背中を丸めて前傾してしまいます。この動作が腰に負担をかけ、腰痛などの原因に。

では最後に、もも裏の筋肉を見てみましょう。

★もも裏の柔軟性チェック


1.壁に寄せるなどして固定した椅子に浅めに座ります。足を軽く開いてひざを伸ばし、かかとを床につけて足首を直角に曲げます。背すじを伸ばし、腕を下方に伸ばして手をももに置きましょう。
2.背すじとひざを伸ばしたまま、ゆっくりとできるだけ前傾し、もも裏に痛みを感じる手前で5秒間キープ。

指先が足首にふれるまで前傾できない人は、ハムストリングス(太ももの後部の筋肉)の柔軟性が低下しています。大殿筋と同様に骨盤を後傾する要因になっているのです。

お尻は建物でいえば基礎部分。最優先でストレッチしよう

このように、首の前、胸、お腹の筋肉がかたくなっている人は、もれなくお尻やもも裏もかたくなっているはず。最優先でほぐすべきなのは、じつはお尻なのです。骨盤や太ももなど下半身は、建物でいえば基礎になる部分。椅子に座る生活が長い現代では、主に体を支える役割をしているのは、お尻です。まずここを正しい状態に戻さなければ、首や肩のこりをマッサージで伸ばしても、根本的な解決にはなりません。ストレッチでお尻の筋肉を柔らかくほぐして、股関節もしっかり使えるようにすることが、骨盤を矯正し、上半身の筋肉をほぐすことにつながります。さらに、血流を促して疲れや冷え、イライラを改善し、代謝のいい若々しい体を作ることにも役立つのです。

お尻ほぐしについてもっと詳しく知りたい人は、こちらをチェック!

撮影/山上忠 モデル/米持愛梨 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/田所佐月
衣装協力/トップス¥6300、タイツ¥6300、シューズ¥8300/ニューバランス・ジャパン(価格は税別)

連載・関連記事

  1. たった10分でOK! 全身やせに効く「ゆる筋トレ」

  2. プリっと上向き美尻になれる!1日5分でOKのお尻上げ筋トレ

坂詰 真二

坂詰 真二

スポーツ&サイエンス代表。NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト。横浜リゾート&スポーツ専門学校講師。25年以上にもわたるプロトレーナー活動のほか、書籍・雑誌の監修など各メディアで活躍。著書に『お尻をほぐせば「疲れ」はとれる』(ベスト新書)など多数。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    21
  1. デスクワーク

関連記事

  1. Fitness間違いダイエットは老ける⁉︎ボディメイク講師が教える本当にキレイな体を手に入れる秘訣

    間違いダイエットは老ける⁉︎ボディメイク講師が教える本当にキレイな体を手に入れる秘訣

    24
  2. Fitness「何かしながらできる方法を集めたにゃ!」 かわいいねこが日常生活の運動チャンスを教えてくれるアプリ「ながら美容」

    「何かしながらできる方法を集めたにゃ!」 かわいいねこが日常生活の運動チャンスを教えてくれるアプリ「ながら美容」

    24
  3. Fitnessトレーナー考案! 下半身ダイエットに効く「ながら下半身エクサ」

    トレーナー考案! 下半身ダイエットに効く「ながら下半身エクサ」

    20
  4. Fitnessなまけ腸を動かそう!8の字エクサで美腸になる3つの理由

    なまけ腸を動かそう!8の字エクサで美腸になる3つの理由

    22

あわせて読みたい

Pickup