FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    17

ローイング

暖かくなるにつれてだんだんと薄着になってくる中、気になってくるのがボディライン。ふだんなかなか気づきにくい背中のお肉、ふとしたときに見て大慌て!とならないように今からトレーニングで美背中作りに取り組んでいきましょう。今回は10年以上モデル経験を持つ、パーソナルトレーナーの八木知子さんにトレーニングを伺いました。

監修
八木 知美

背中を引き締めるローイング

筋肉イラスト

「今回はローイングという種目で、背中の筋肉にアプローチをします。現代人はスマホやパソコンを操作している時間が長く、背中が丸まりがちな毎日を過ごしています」(八木さん)
最近背伸びをしたのはいつのことでしたでしょうか。八木さんの言葉に、ふと毎日を振り返ってみると、背すじを伸ばして姿勢をよくしている時間よりも、猫背になっている時間のほうが長くなっていることに気づきます。

今回は背中の筋肉のひとつ、広背筋を主に鍛えるトレーニング。
広背筋とは、体の背面の多くのところを占める重要な筋肉で、体に対し多くの働きを行います。
上半身の姿勢維持とひねり動作、腕や肩の動き、骨盤の動きを担います。
広背筋の機能低下は背中の脂肪がつきやすくなるだけではなく、姿勢不良や、お腹周りのたるみ、肩こりや腰痛などさまざまな体の不調を引き起こすのです。

使用する100均アイテムはコレ!

セラバンド

今回は、100円ショップで手にはいるトレーニング用の「セラバンド」を使用します。

セラバンドでローイングを行ってみよう

それでは八木さんに、セラバンドを使用した「ローイング」をご紹介いただきます。

ローイング1

<1>
セラバンドを2本使います。足幅を肩幅程度に開き、軽くひざを曲げて座ります。両足それぞれにセラバンドを引っかけ、ひじを伸ばして両手で持ちます。
お腹に力を入れて、上半身をまっすぐに保ちましょう。頭部は背骨の延長線上に置きます。この姿勢がスタートの状態です。

ローイング2

<2>
ひじを曲げて後方に腕を引き上げながら、セラバンドを引っ張ります。
元のスタート姿勢に戻し、20〜30回くり返していきましょう。

<これはNG!>

ローイング3

「このとき、腕だけの力でセラバンドを引っ張らないようにしましょう。
背すじをまっすぐにして、肩甲骨をしっかり動かして広背筋への刺激を感じてください。
力んで肩が挙がり、首をすくめてしまわないように気をつけましょう。背面で肩甲骨を寄せて、肩を下げた状態を維持してトレーニングを行います」

撮影/山上忠 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/新山夏葵 イラスト/丸口洋平

八木 知美

八木 知美

女性専用パーソナルトレーニングサービス『Torana Body Making』の監修者兼トレーナー。モデル、イベントのMC、情報番組のキャスターとして活躍。その後、全米ヨガアライアンスのプログラムを学び、シドニーのフットネス専門学校でCertificate III in Fitness とAEDの資格を取得。現在、オーストラリアと日本にて、ヨガとフィットネスを教えている。

【関連記事】
Torana Body Making八木知美Instagram @tomomi_fitnessjunkie

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    17
  1. 100均アイテム
  2. 背中やせ

関連記事

  1. Fitness【100均アイテム】自宅でできる!美しいヒップを作るトレーニング

    【100均アイテム】自宅でできる!美しいヒップを作るトレーニング

    19
  2. Fitness100均アイテムを使った美尻トレーニングで引き締まったお尻をゲット!

    100均アイテムを使った美尻トレーニングで引き締まったお尻をゲット!

    11
  3. Fitness首こり、肩こりにも効果的!100均アイテムを使った簡単エクサ

    首こり、肩こりにも効果的!100均アイテムを使った簡単エクサ

    15
  4. Fitness短期間で引き締めたい!W効果を狙った「二の腕」ダイエット動画3選

    短期間で引き締めたい!W効果を狙った「二の腕」ダイエット動画3選

    18

あわせて読みたい

Pickup