FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    39

パンツのシルエットが変わる! 広がった骨盤を引き締める「下半身やせトレ」

骨盤が広がっていると、お尻が横に広がって大きく見えてしまうもの。とくにパンツをはいたとき、腰まわりがスッキリかっこよく見えないため、タイトなシルエットのパンツを避けがちに。そんな骨盤の広がりを何とかしたいという女性におすすめなのが、バレエダンサーの武田亜希子さんが教える“骨盤をキュッと引き締めるエクササイズ”。パンツスタイルに自信をつけるためにも早速チェックしていきましょう!


■骨盤引き締めエクササイズ ステップ<1>

まずは、ダイレクトに骨盤を引き締めるエクササイズです。

あお向けに寝たら股関節を開いた状態で両ひざを曲げ、両足の裏を合わせます。

この姿勢のまま、お尻を持ち上げ骨盤をゆっくりと上げます。上げきったところで5秒キープ。息を止めないように気をつけましょう。

力を抜いてお尻を下ろしていきます。ゆっくり下ろすのではなく、ストンと落とすイメージ。上げて下ろしての流れを目安として、5回やってみましょう(武田さん)

■骨盤引き締めエクササイズ ステップ<2>

骨盤と同時に、お尻の筋肉も一緒に鍛えられるエクササイズです。

うつ伏せになり、両脚を腰幅よりも広めに開きます。

両ひざを伸ばしたまま、天井方向へと上げていきます。遠くに伸ばすイメージで行って。このとき、高さは必要ありません。

息を「ハッハッ」と吐きながら、左右の脚を中央に寄せて、開いてをリズミカルにくり返しましょう。回数は8回を目安に行って。左右の脚は当たらなくてもOK。
ゆっくりと脚を下げて、元の姿勢に戻します。3~4セットを目安として行いましょう(武田さん)

■骨盤引き締めエクササイズ ステップ<3>

最後に、骨盤といっしょに内また~脚全体を引き締めていきます。

あお向けの状態で、股関節を開いてひざを曲げます。両足首を直角に曲げ、かかと同士をくっつけます。このとき、骨盤が床に対して平行になるように意識して。腰と床のすき間は、手のひらが入るくらいが目安。

かかとをつけた両足で壁を押しているイメージで、両ひざをゆっくりと伸ばしていきます。腰が浮かないように、骨盤はまっすぐのままをキープし、お腹もぐっと引きましょう。内またとお尻に効いている感覚があれば正解です。

息を吸いながら、ひざを曲げた状態の最初の姿勢に戻します。
この流れを8回を目安に行いましょう(武田さん)

骨盤が引き締められると、お腹もぺたんこになり、お尻もキュッと上がります。下半身がスッキリとした美ボディを目指して、ぜひ続けましょう!

取材・文/高田空人衣

武田 亜希子

武田 亜希子

日本女子体育短期大学舞踊専攻卒業。
様々なバレエ公演、TV、イベント、テーマパークダンサーや振り付け等を経験後、現在はクラシックバレエを中心にピラティス、ジャズダンスの講師として活動中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    39
  1. 下半身
  2. 骨盤

関連記事

  1. Fitness【今日のねこストレッチ】3つのポーズでたるんだ下半身太りを解消!

    【今日のねこストレッチ】3つのポーズでたるんだ下半身太りを解消!

    40
  2. Fitness骨盤のゆがみ方によってストレッチ法が変わる!下半身やせポーズ3つ

    骨盤のゆがみ方によってストレッチ法が変わる!下半身やせポーズ3つ

    91
  3. Fitness足裏をしっかり使って歩けば、脚はほっそり引き締まる!

    足裏をしっかり使って歩けば、脚はほっそり引き締まる!

    109
  4. Fitnessイスのポーズで太ももやせ!? スキマ時間にできる簡単エクサ

    イスのポーズで太ももやせ!? スキマ時間にできる簡単エクサ

    6

あわせて読みたい

Pickup