FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    10

得居幸さん

夏が過ぎて秋へと季節が変わる今の時期は、夏の疲れがどっと体に現れてくるタイミングでもあります。体のなかでも、とくに疲れがたまっているのが内臓。冷たいものを飲んだり食べたり、帰省などで人が集まる機会が多い夏は、体に負担がかかる飲食の積み重ねで、想像以上に内臓を疲れさせているといえます。
この内臓疲れをすっきりさせるには、食生活改善と同時に運動をとり入れることが効果的! しかし、キツくてハードな運動はムリ!という女性は多いもの。そこで今回は、ハードすぎない動きで効果を感じられるエクササイズを、コンテンポラリーダンサーの得居幸さんに教えていただきました。

監修
得居 幸

内臓デトックスエクササイズ ステップ<1>

得居幸さん

床にあぐらをかいて座ります。あぐらがツライ人は正座でもOK。
両手の中指をみぞおちに添えます。場所の目安は、胸の中心から指3本分下あたり。

得居幸さん

たっぷり息を吸ってお腹と胸を引き上げたら、ゆっくり7つ数えながら息を吐きます。息を吐くとき、みぞおちの力を抜きながら背中を丸め、両手でみぞおちをやさしく押し込みます。

この流れを目安として3〜5回くり返し、みぞおちをやわらかく動かしていきます(得居さん)

内臓デトックスエクササイズ ステップ<2>

得居幸さん

足のつま先とひざを外向きにして、両脚を肩幅より広めに開いて立ちます。

得居幸さん

右ひざを大きく曲げて体重をのせ、右手を太ももにそえて、上体のバランスをとりましょう。

得居幸さん

手のひらが天井へ向くように、左手を右ななめ上に向かって伸ばし、ゆっくりとした呼吸を3回くり返しましょう。
曲げている右ひざを戻しながら元の姿勢に戻り、反対側も同様に行います(得居さん)

内臓デトックスエクササイズ ステップ<3>

得居幸さん

床にあお向けに寝たら両ひざを立てて、手の平が外側へ向くように頭の上で両手を組みます。

得居幸さん

息をたっぷり吸い、吐きながら両ひざを右へ倒します。このとき両手は頭上にまっすぐ伸ばして引っ張ります。
息を吸いながらひざを元に戻して、今度は左側へ倒し同様の流れで行って。この流れを左右で1セットとし、目安として5セット行いましょう。

得居幸さん

最後に両足の裏をつけられる人はつけたまま、両ひざを外側へ開き、両手は首のうしろにそえて、深呼吸を3回しましょう(得居さん)

お風呂上がりや就寝前の習慣にして、内臓デトックスを行ってみてくださいね。

取材・文/高田空人衣

得居 幸

得居 幸

愛媛県松山市出身。99年よりyummydaneとして国内外で多数上演。10年に美術家/アニメ作家の山内知江子とパフォーマンスユニットHanbun.co(ハンブンコ)を結成、独創的な作品が各地で好評を博す。「道後オンセナート2018」地元アーティスト。舞台と並行して親子向けWSや俳優への身体WSなど活動は多岐にわたる。

Hanbun.coURL:https://hanbunlive.wixsite.com/hanbunco

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    10
  1. デトックス
  2. 夏バテ・夏疲れ解消

関連記事

  1. Fitnessキックボクササイズで4kgやせした美女トレーナーのヘルシーな生活習慣とは?

    キックボクササイズで4kgやせした美女トレーナーのヘルシーな生活習慣とは?

    105
  2. Fitnessやせ隊「下半身やせ」対決!ベリーダンスで下半身がデトックスできる3つの理由

    やせ隊「下半身やせ」対決!ベリーダンスで下半身がデトックスできる3つの理由

    2
  3. Fitness残暑に負けない朝習慣!寝たままできるゴロゴロストレッチ3つ

    残暑に負けない朝習慣!寝たままできるゴロゴロストレッチ3つ

    13
  4. Fitnessどこでも簡単ストレッチ!肩甲骨を動かして、夏バテ予防!

    どこでも簡単ストレッチ!肩甲骨を動かして、夏バテ予防!

    15

あわせて読みたい

Pickup