FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    23

野菜や缶詰などの画像

季節の変わり目はなんとなく体がだるい…という人も多いのではないでしょうか。そんななか、成城松村クリニック院長の松村圭子先生は、1年を通じて、不調を感じることがほとんどないと言います。「健康食コーディネーター」「食生活アドバイザー2級」などさまざまな資格をもち、誰もが続けられる健康な食事を提案し続ける松村先生に、元気の秘訣を伺いました。

監修
松村 圭子

よい食生活が、よい循環を生む

オリーブオイル画像

じつはかつては「自炊ゼロ」の生活。家に塩すらなく、火を使うのはお湯をわかすときぐらいでした(即席めんを食べるためです!)。
そんな私のターニングポイントは4年前。更年期に悩まされて体調を大きく崩し、さすがに「命の声」が聞こえてきたように感じました。こうして自炊を始めたのですが、これが驚くほど楽しくハマってしまい、その後、女子栄養大学の通信講座を卒業し、食に関するさまざまな資格をとってしまったくらいです。

現在は、基本的に3食、自炊しています。もちろん、「今日は包丁も持ちたくない!」と思うような日だってあります。そういう日も、ムリなくバランスのいい食事をとれるように工夫しています。

たとえば時間のある休日に、野菜をひたすら切って、バーミキュラの鍋で蒸しておきます。そうすれば、ふだんの日はそこにメインの料理を加えるだけ。魚ときのこのホイル焼きなら、包丁もいらず洗いものもしなくて済みます。あるいは蒸した野菜と卵でオムレツを作ることもあります。
トマト缶やツナ缶など、缶詰もよく使いますよ。

体にいいオイルはいろいろありますが、日常的に使えて便利なものとしてオリーブオイルをオススメしています。スーパーなどのプライベートブランドで手に入りやすいオリーブオイルを私も使っています。

食べものを変えれば、体はそれに応えてくれます。いい食べものを食べれば、体調もよくなり、いい循環が生まれます。その循環を持続させるためには適度に手を抜くのも大切だし、旬のものを食べるのも大切。季節に合った食べものをいただくのが、人間が健康に過ごすためにも“自然”なことだと思います。

ONとOFFを切り替えて、ストレスをためない生活を

朝日を浴びる女性の画像 

体調を管理するうえで、ストレスをためないことも大事です。オンとオフの切り替えをはっきりさせ、家に帰ったら仕事のことは考えません。そして晩酌でリセット。翌朝、太陽の光を思いきり浴びます。ストレスを次の日まで持ち越さないことも元気の秘訣でしょうか。
この健康法は「季節の変わり目」に左右されずにできるのでオススメですよ。

松村 圭子

松村 圭子

婦人科医。成城松村クリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。元大妻女子短期大学非常勤講師。広島大学附属病院などの勤務を経て、2010年、成城松村クリニック開院。西洋医学のほか、漢方薬、サプリメント、プラセンタ療法などを治療に取り入れている。雑誌、Web、テレビなどメディアを通して、女性ホルモン、生理、更年期などについてわかりやすく解説。また、健康食コーディネーター、生涯学習インストラクター、女子栄養大学食生活指導士、食生活アドバイザー2級の資格を取得し、食事面の実践的なアドバイスも行う。著書『女30代からのなんだかわからない不調を治す本』(東京書店)、『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    23

関連記事

  1. Healthcare腕をふるだけ! 1日3分でガチガチな肩こりを解消する「腕ふり体操」

    腕をふるだけ! 1日3分でガチガチな肩こりを解消する「腕ふり体操」

    41
  2. Healthcare女性に多いぜん息に予防効果? 海外研究が注目する栄養素「オメガ3系脂肪酸」

    女性に多いぜん息に予防効果? 海外研究が注目する栄養素「オメガ3系脂肪酸」

    17
  3. Healthcare人気書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』の著者に聞く! 食養生のコツとおすすめスープレシピ

    人気書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』の著者に聞く! 食養生のコツとおすすめスープレシピ

    11
  4. Healthcare人気書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』の著者に聞く! 心身を見つめ直す、滋味スープの原点

    人気書籍『なんとなく不調をととのえるスープ』の著者に聞く! 心身を見つめ直す、滋味スープの原点

    29

あわせて読みたい

Pickup