FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    17

タオル枕に寝ている女性

新型コロナウイルスの流行が長期化する中、リモートワークなどで睡眠リズムを崩したり、睡眠不足になったりしがち。巷には睡眠に「いい」「悪い」という情報がたくさんあるので参考にしたいけれど、その情報って本当なの? そこで、現役医師たちが健康な体づくりのポイントを解説した書籍『臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 ~本当はカラダに良いこと 本当はカラダに悪いこと』の編者で現役医師の梅岡比俊先生にインタビュー。梅岡先生が考える“快眠法”について教えてもらいました。

監修
梅岡 比俊

まずは枕の高さをチェック! 枕は首を支えるだけでOK

バスタオルをくるくる巻いたイメージ画像

「もともと日本はほかの先進諸国と比べて睡眠時間が短く、そのくせ生産性が低い。仕事の効率をよくするためには、睡眠の質を上げることも重要ということなんです」と梅岡先生。

睡眠の質を上げる方法はいろいろあるけれど、梅岡先生は「まず、枕が高すぎる人が多い」と指摘します。枕で頭を上げすぎると首に負担がかかり、それが首こりや肩こりを引き起こし、さらには体全体の不調につながってしまうこともあるのです。

「自分に合う枕の高さというのは、体格や骨格、寝る姿勢などによって違ってくるのですが、一般的には、寝たときに、立ったままの自然な姿勢を保てる高さが理想的とされています。人間工学的に合った高さということですね」

市販のものだと、真ん中がくぼんでいて首の部分が支えられるような、人間の自然な形にそった枕がいいとのこと。でも、もっと手軽に自分に合った枕を作る方法があるのだそう。

タオル枕に寝ている女性

「タオルで枕を作るんです。クルクルとタオルを巻いた“タオル枕”を首の下に敷きます。ポイントは、頭はふとんにつけたままで、首だけをタオルで支えること。実際に寝てタオルをあてて調節すれば、簡単に自分に合う高さにできます。僕自身、なかなか合う枕がないので、旅先などでもいつもこのタオル枕を使っているんですよ」

タオルさえあればすぐに試せるので、首こりや肩こりが気になる人は試してみる価値がありそうです。

わかっていても見てしまう!? 寝る前のスマートフォンはNG

夜遅くまでスマホを見ている女性

ほかに気をつけたいのは、スマートフォンのブルーライト。スマートフォンにはブルーライトという青色光が入っていて、それを寝る前に見ていると睡眠に悪影響を及ぼすということは広く知られるようになってきています。

「もう当たり前になりつつあることなのですが、ついスマートフォンを手にしてしまいますよね。僕も、寝る直前までスマートフォンを見ていたんです。でも今は、寝る前、1時間くらい前にはスマートフォンを見るのをやめて、その時間に本を読むことをルーティーンにしています。本を読んでいるうちに、だいたい1時間以内には眠くなりますから」

梅岡先生は、それまでの経験から「ビジネス書だと熱中してしまって眠くならないけれど、歴史小説を読むと、おもしろいと思いながら、ほどよく眠くなる」ことに気づいたそう。「ペットをなでる」「クラシック音楽を聴く」など、自分に眠気を呼んでくれる、アナログな楽しみを探してみるとよさそうです。

合う・合わないは人それぞれ。自分に合う快眠法を探そう

ここまでお話を聞いてきましたが、梅岡先生は「これらは、あくまでも僕の考えです。今回、出版した本にも示されていますが、医師によっていろいろな考え方があります。それを前提に、参考にしてほしい」といいます。

「みんなが納得する内容というのは、すでに定着していることといえます。逆に、相反する意見があるなら、まだ議論の余地があるということ。それをふまえたうえで、臨床のドクターたちが、今どんなことを考えているかというのを知ることに価値があると僕は思っています。ですから、ひとつの見解を妄信しないで、ほかのドクターの意見を聞いたり、文献やネットなどの情報で調べたりしてみることも大事なんです」

次回以降も、梅岡先生の考える快眠のポイントについてたくさん聞いていくのでお楽しみに。

参考資料
臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 ~本当はカラダに良いこと 本当はカラダに悪いこと』(フローラル出版)

取材・文/小高 希久恵 topイラスト/猫嶋 いおり

連載・関連記事

  1. 睡眠の質が気になるときにとり入れたい3つの眠活法「アプリ・コーヒー・アロマ」 #Omezaトーク

  2. 寝酒習慣が入眠障害の要因!? ワーキングパーソンの正しいお酒のつき合い方

  3. 1時間早く起きるとメンタルが変わる? 海外研究でわかった「うつ病」リスク低下の効果

梅岡 比俊

梅岡 比俊

医療法人社団梅華会理事長、耳鼻咽喉科専門医。阪神間に耳鼻科4院・小児科2院、東京都に消化器内科1院、計7院の地域密着型クリニックを展開。年間患者来院数は約15万人。趣味は読書、トライアスロン。野菜ソムリエやファスティングマイスターの資格も持つ。『臨床経験豊富な100人の専門医が教える! 健康 医学 ~本当はカラダに良いこと 本当はカラダに悪いこと』(フローラル出版)のほか著書も多数。
医療法人 梅華会グループ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    17

関連記事

  1. Healthcare意外な事実をドクターが解説! 日本人はいびきをかきやすい!? 本当は…? 

    意外な事実をドクターが解説! 日本人はいびきをかきやすい!? 本当は…? 

    16
  2. Healthcare睡眠に関するその知識は思い込み!? 最新情報をもとにドクターが解説!

    睡眠に関するその知識は思い込み!? 最新情報をもとにドクターが解説!

    10
  3. Healthcareドクターが解説! 目を閉じるだけで睡眠不足を補える!? 睡眠の質を上げるヒント

    ドクターが解説! 目を閉じるだけで睡眠不足を補える!? 睡眠の質を上げるヒント

    15
  4. Healthcareよく「笑う」人ほど、快眠美人になれる!? 睡眠力を高める「幸せの魔法」

    よく「笑う」人ほど、快眠美人になれる!? 睡眠力を高める「幸せの魔法」

    56

あわせて読みたい

Pickup