FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    睡眠不足でダイエットがムダに!? やせやすい体をつくる睡眠改善3つ

  1. Share

  2. お気に入り

    90

 

ぐっすり寝るための睡眠改善のコツ3つ

ベッドの上で寝ている女性

あなたは、グッスリ眠って気持ちよく目覚めていますか。

(1)夕食を控えすぎているかも
ダイエッターに不眠が多い理由のひとつとしては、夕食を控えすぎている場合が多いこと。人は空腹だと眠れないものなのです。

(2)冷えも不眠の原因に…
極端な食事制限で熱エネルギーが足りていなければ、体は芯から冷え切ってしまうので、ベッドに入ってもなかなか寝つけないでしょう。

じつは、私自身も昔はそうでした。でも、ちゃんと食べるようになったら、冷えも解消されて、寝つくのにわずか3秒、朝はスッキリ、しゃきっと目覚められるようになりました。

私が食事カウンセリングしているみなさんも同じです。
眠れないという人は、食べる量が足りないだけかもしれません。
しっかり食べれば睡眠が改善することを実感できるはずです。

(3)寝具も大事!
自分に合わない枕やマットレスが安眠を妨げている可能性もあります。
私がカウンセリングをしている人で、自分にぴったりのマットレスをオーダーメイドして使うようになった途端に睡眠が改善され、一気にやせ始めた人もいるほどです。
睡眠の環境を整えることがいかに大切か、ということがわかるでしょう。

眠れない、やせないという人は、できそうなことから改善してみましょう。
睡眠が整ってくると、変な食欲もなくなって食べ過ぎが防げるし、イライラや不安が収まって精神的にも安定するはず。
そうすれば、前向きに活動的になって、さらに代謝が上がりそうですね。

連載・関連記事

  1. 伊達先生おすすめ“ちょい足し”食べやせアイテムBEST10!

  2. 伊達先生が教える「空腹←→満腹スイッチ」でやせるための3rule

  3. しっかり眠ればやせる!睡眠の質がアップする「3・3・7睡眠法」

伊達 友美

伊達 友美

ダイエットカウンセラー。管理栄養士。日本抗加齢医学会認定指導士。日本アンチエイジング・ダイエット協会理事。専門は、ダイエット、「心」と「体」と「性」にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。自ら20㎏の減量に成功した経験を持ち、正しい栄養学×食事法×睡眠×ダイエット×メンタル×ファッションスタイル学といった幅広い知識をともに、これまでに7000人もの食事指導を行う。著書に『大盛りご飯を食べてもやせる技術』(池田書店)などがあり、メディア出演も多数。
日本アンチエイジングダイエット協会の「ダイエットスタイルスクール」講座

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    90
  1. 安眠
  2. 快眠
  3. 睡眠改善

関連記事

  1. Healthcare睡眠コンサルタントが伝授!「寝返り上手」で安眠できるパジャマの選び方

    睡眠コンサルタントが伝授!「寝返り上手」で安眠できるパジャマの選び方

    65
  2. Healthcare最近のお気に入り! ポプリの甘くやさしい香りで心も体もリラックス #Omezaトーク

    最近のお気に入り! ポプリの甘くやさしい香りで心も体もリラックス #Omezaトーク

    26
  3. Healthcare「朝日を浴びる」と睡眠の質がよくなる?今日からできる5つの睡眠改善法

    「朝日を浴びる」と睡眠の質がよくなる?今日からできる5つの睡眠改善法

    79
  4. Healthcare今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    8

あわせて読みたい

Pickup