FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    体温めスープで冷え、むくみを撃退!管理栄養士が教える!「にんじんと押し麦入りコンソメスープ」

  1. Share

  2. お気に入り

    3

にんじんと押し麦入りコンソメスープ

季節を問わず悩みの多い冷えを改善するには体を冷やさないことが基本。体を温めて代謝が上がることで、むくみの防止にもつながります。温かいスープは冷え対策におすすめのメニューと話す管理栄養士の大越郷子先生に、体温め食材のにんじんを使った手軽なスープを教えていただきました。


満腹感が増す押し麦入りでダイエットにもおすすめ!

温かいスープは、寒い時季はもちろん、夏場の冷房冷えによる体温調整にもよいので、具材をアレンジしながら1年中楽しめます。

にんじんと押し麦入りコンソメスープ

1人分=167kcal

<材料(2人分)>
にんじん 100g
にんにく 1/2かけ
ベーコン 50g
セロリ 40g

[A] ・水 2カップ
・顆粒コンソメスープの素 小さじ1

押し麦 40g
塩・こしょう 各少々
オリーブ油 小さじ1
パセリのみじん切り 少々

<作り方>
1)にんじんはすりおろす。にんにくはみじん切りにし、ベーコンは5㎜角に切る。セロリはすじを取って薄切りにする。

2)鍋にオリーブ油とベーコン、にんにくを入れて弱火にかけ、じっくりと炒める。ベーコンから脂が出てきたら中火にし、セロリを加えて炒め、Aを加える。

3)沸騰したら中火にして押し麦を加え、8分ほど煮てにんじんを加える。再度温まったら、塩、こしょうで味を調える。器に盛り、パセリをふる。

「にんじんには、血流の改善に効果的なβ-カロテン(ビタミンA)やビタミンEが豊富です。すりおろして使うことで苦手な方でも食べやすくなり、体に吸収されやすくなる利点もあります。
β-カロテンは油といっしょにとることで吸収がよくなるので、脂分を含むベーコンを組み合わせました。おいしさの面でもベーコンは優秀。ベーコンやセロリにはうまみ成分があるので、スープのベースにするにはよい食材です。

押し麦には食物繊維が多く、不溶性と水溶性をバランスよく含みます。体内の余分な水分を排出するカリウム、骨を丈夫にするカルシウムなどのミネラルも豊富。煮込むことでとろみがつき、保温力がアップします。

押し麦は水溶性食物繊維の働きにより、水分を吸収して膨らみ、満腹感が増すので、ダイエットにもおすすめの食材です」(大越先生)

アレンジメニューとして、ベーコンの代わりに鶏肉を具材に使ったり、豆製品などをプラスしたりして煮込むのもおすすめ。良質なたんぱく源がとれて食べごたえも十分です。メインをはるおかずスープになるので、ご飯を添えるだけで手軽に献立が完成します。

取材・文/鹿野育子 撮影/小澤晶子 スタイリング/井口美穂

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. ホルモンバランス
  2. 冷え
  3. 貧血

関連記事

  1. Healthcareひと皿で大満足!管理栄養士が教える!「あさりとほうれん草のおかゆ」

    ひと皿で大満足!管理栄養士が教える!「あさりとほうれん草のおかゆ」

    2
  2. Healthcare鉄分補給&貧血を改善!管理栄養士が教える!「まぐろとひじきの納豆あえ」

    鉄分補給&貧血を改善!管理栄養士が教える!「まぐろとひじきの納豆あえ」

    2
  3. Healthcare鉄分たっぷり!管理栄養士が教える!「きなことごまの豆乳わらびもち」

    鉄分たっぷり!管理栄養士が教える!「きなことごまの豆乳わらびもち」

    8
  4. Healthcareヘルシーおやつで冷え&むくみ対策!管理栄養士が教える!「ナッツとシリアル入りパンケーキ」

    ヘルシーおやつで冷え&むくみ対策!管理栄養士が教える!「ナッツとシリアル入りパンケーキ」

    6

あわせて読みたい

Pickup