FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    女性ホルモンのバランスアップ!管理栄養士が教える!「干ししいたけと大豆の中華がゆ」

  1. Share

  2. お気に入り

    2

干ししいたけと大豆の中華がゆ

アラフォー世代の健康や美容、エイジングに影響を与える女性ホルモン。
なんとなく調子が悪くて体の変わり目を実感しているなら、今すぐホルモン対策が必要です。管理栄養士の大越郷子先生に教わる手軽なメニューで女性ホルモンの働きをよくし、元気&キレイを保ちましょう!


かみごたえがあるから早食い防止、ダイエットにおすすめ!

少量のご飯をたっぷりの水分で炊いたおかゆは簡単でカロリーも控えめ。具材にはかみごたえのあるものを使っているので早食いの防止にもなり、ダイエット向きのメニューでもあります。さっそく試して不調改善&美肌・美髪を取り戻しましょう!

干ししいたけと大豆の中華がゆ

1人分=403kcal

<材料(2人分)>
ご飯 220g

干ししいたけ 3個
水 1カップ

チンゲン菜 1株
桜えび 8g

[A] ・水 1カップ
・酒 大さじ1
・顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1
・オイスターソース 小さじ1

大豆(ドライパック) 1缶(100g)
卵 1個
ごま油 小さじ1

<作り方>
1)干ししいたけは1カップの水でもどして細切りにし、もどし汁はとっておく。チンゲン菜は1㎝角に切る。

2)鍋にA、干ししいたけともどし汁、桜えびを入れて火にかける。沸騰したらアクをとって中火にし、大豆、チンゲン菜、ご飯を加え、7~8分煮る。

3) 溶きほぐした卵を回し入れ、すぐに火を止める。ごま油を加えて大きく混ぜ合わせる。

「女性ホルモンのバランスを整えるには、たんぱく質やビタミン、ミネラルを十分に摂取し、神経伝達機能や免疫機能を強化することが必要です。大豆や卵は良質なたんぱく源で、栄養面も優れています。
加えて、大豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンのバランスを整え、婦人科トラブルや、体や肌などの不調を改善する働きが期待できます。

また、桜えびやチンゲン菜にはカルシウムが多く含まれ、女性ホルモンの低下とともに、もろくなりがちな骨の健康を助けます。桜えびにはうまみ成分も多いので、味つけのひとつにもなります。
カルシウムの吸収率を高めてくれる栄養素としてビタミンDが必要になりますが、ビタミンDはきのこ類に多く、とくに干ししいたけに豊富です。干ししいたけのもどし汁はうまみもたっぷりですので、煮汁に利用しました」(大越先生)

取材・文/鹿野育子 撮影/小澤晶子 スタイリング/井口美穂

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    2
  1. ホルモンバランス
  2. 冷え
  3. 貧血

関連記事

  1. Healthcare体温めスープで冷え、むくみを撃退!管理栄養士が教える!「にんじんと押し麦入りコンソメスープ」

    体温めスープで冷え、むくみを撃退!管理栄養士が教える!「にんじんと押し麦入りコンソメスープ」

    3
  2. Healthcareひと皿で大満足!管理栄養士が教える!「あさりとほうれん草のおかゆ」

    ひと皿で大満足!管理栄養士が教える!「あさりとほうれん草のおかゆ」

    2
  3. Healthcare鉄分補給&貧血を改善!管理栄養士が教える!「まぐろとひじきの納豆あえ」

    鉄分補給&貧血を改善!管理栄養士が教える!「まぐろとひじきの納豆あえ」

    2
  4. Healthcare鉄分たっぷり!管理栄養士が教える!「きなことごまの豆乳わらびもち」

    鉄分たっぷり!管理栄養士が教える!「きなことごまの豆乳わらびもち」

    9

あわせて読みたい

Pickup