FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    梅雨のむくみケアには小豆や黒豆のお茶がおすすめ【簡単薬膳】

  1. Share

  2. お気に入り

    3

小豆や黒豆などの豆類の集合

さわやかな初夏の気候もそろそろ終わり、空気は〝からっと〟から〝蒸しっと〟へ。日本列島はうっとうしい雨の季節を迎えます。梅雨は女性にとって、とても厄介な季節。洗濯物は乾かないし、湿気で髪が広がるし、お部屋のカビやニオイが気になるし、髪も広がりやすくスタイリングにも苦労しますね。そんな時期は体のほうも不調になりやすいのです。


梅雨時期はむくみや重だるさの不調を感じやすくなる

窓辺のベッドで休んでいる女性

こうした湿気によるトラブルは、体の内側にも現れます。薬膳の基本となっている中国医学では、自然界には「風・暑・湿・燥・寒」の5つの「気」が存在すると考えます。梅雨の時期に旺盛になるのは湿。湿の正体は〝水〟なので、重く、下へ下へと移動する性質があります。これが体に侵入すると冷え、むくみ、重だるさといった不調が起こりやすくなります。さらに、湿には、濁って汚れる性質があり、体に停滞すると消化不良や下痢などの症状の原因にも。この時期に、体調を崩しやすい人は、もともと湿気に弱い体質である可能性があると考えて正解です。

四方を海に囲まれた日本は、年間を通して海からの湿った風が入ってきます。胃腸薬のコマーシャルが多いのを見てもわかるように、日本人には消化機能が弱い傾向が。これも、気候と地理的条件からくる湿の影響があるのかもしれませんね。

尿と汗で、体内の湿をさばく!

黒豆茶がカップに注がれている

湿気の多い梅雨の時期を元気に切り抜けるには、体内の水分代謝を促し、余分な水分をきちんと排出させることが必要です。薬膳でおすすめしたいのは、巡りをよくする力にすぐれた「お豆のチカラ」です。大豆、そら豆、エンドウ豆など、今の時季に旬を迎える豆野菜などが有効。さらに、水分補給にも、利尿作用のあるお豆のパワーをとり入れるとよいでしょう。

利尿効果が大きいのは、何といっても小豆。中国・明の時代にまとめられた『本草綱目』には、小豆(赤小豆)には、皮膚のできものの膿血を排出し、気や血の滞りを取り除いて消化機能を健やかにすると書かれています。また、利尿作用によって、体にたまった過剰な水分を消してくれるとも。まさに、この時期にとりたい食材といえますね。
同じく利尿作用を期待できるのが、おせち料理に欠かせない黒豆。黒豆にも、小豆のような利尿作用があり、水の代謝だけでなく血の巡りも助けてくれます。小豆も黒豆も、毎日食べるような食材ではありませんが、水分代謝が悪く脚がむくみやすい人は、意識してとるようにすると助けになると思います。

小豆、黒豆で注意しなくてはいけないのは、甘い味つけをしないこと。甘味には、湿気を集め、消化機能を低下させる性質があるので、砂糖をたっぷり使ったあんこや甘露煮にすると、せっかくの小豆や黒豆の作用が打ち消されてしまいます。

最も手軽なとり方は、小豆茶や黒豆茶でとること。お茶で煮だすことで、食材のもつ働きを余すところなくとり入れることができるでしょう。また、炒った小豆や黒豆をごはんと一緒に炊き込む方法もおすすめ。お茶やごはんでこまめにとれば、体の上向きな変化を実感できるはず! ぜひ、梅雨から夏の蒸し暑い時期に試してみてください。

岡尾 知子

岡尾 知子

国際薬膳師。国際中医師。美容・健康ライターとして長年、出版の世界で仕事をする中、東洋医学に関心をもつ。40代から漢方、薬膳、中医学の勉強を始め、「ロータス薬膳教室」を主宰。雑誌、Web、ラジオなどを通じ薬膳や東洋医学関係の健康情報を発信する。現在は、働きながら鍼灸専門学校に通い、鍼灸師を目指す。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. お茶

関連記事

  1. Healthcare自称健康おたく!麻生久美子さんが欠かさず実践しているキレイ習慣とは

    自称健康おたく!麻生久美子さんが欠かさず実践しているキレイ習慣とは

    86
  2. Healthcare1日3粒でアンチエイジング!? ナツメのお茶があるらしい、そしていいらしい。

    1日3粒でアンチエイジング!? ナツメのお茶があるらしい、そしていいらしい。

    64
  3. Healthcareすっぱいお茶!乳酸菌がたっぷりの高知県の#Omezaトーク

    すっぱいお茶!乳酸菌がたっぷりの高知県の#Omezaトーク

    10
  4. Healthcareぽっこりお腹も解消!? 日々の生活にとり入れたい薬膳茶レシピ3つ

    ぽっこりお腹も解消!? 日々の生活にとり入れたい薬膳茶レシピ3つ

    47

あわせて読みたい

Pickup