FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    管理栄養士が教える!改めて知りたい「グルテンフリー」

  1. Share

  2. お気に入り

    10

管理栄養士が教える!改めて知りたい「グルテンフリー」

健康や美容に関心がある方にとって「グルテンフリー」という言葉を耳にする機会が増えている事でしょう。実際、グルテンフリーとはどういうことなのか、どういった効果があるのか? 10年前からグルテンフリーの食事を推奨している管理栄養士の伊達友美先生に、グルテンフリーと、グルテンフリー食を実践する方法について教えていただきました。


グルテンとは小麦粉に含まれるたんぱく質

今や世界的に広がっている「グルテンフリー」。健康や美容に関心の高いセレブな皆さんは、「グルテンフリー」のものを食べていることが多いようです。皆さんも聞いたことがあるでしょう。

グルテンとは、小麦粉に含まれる粘り気のあるたんぱく質のことです。小麦粉はこのグルテンを含む量によって、種類が区別され、使われる料理が違います。グルテン量が多いのが強力粉、少ないものが薄力粉、その間が中力粉です。パンやパスタ、お菓子などのモチモチした食感や、うどんのコシも、このグルテンによるものです。料理を美味しくするためには、非常に良いモノですが、体内では色々とトラブルの原因になるといわれています。

グルテンには、腸内の悪玉菌を増やす作用があり、消化不良や栄養の吸収阻害、便秘、下痢、むくみなどの不調につながるといわれています。また、グルテンアレルギーやセリアック病など、グルテンの分解酵素を持っていないタイプの方は、吐き気や腹痛、湿疹などのアレルギー反応を引き起こすこともあります。欧米人だけでなく、日本人でも増えてきているようです。

グルテンフリーとは、グルテンを含む食品をとらない食事療法のことです。グルテンアレルギーやセリアック病の方には効果的で、カルシウムなどミネラルの吸収がよくなったり、免疫力のアップ、大腸がんの予防などが期待できるといわれています。美容と健康を意識する方には、腸内環境を整える、美肌、ダイエットのサポートにもなるともいわれ人気が高いようです。

実は私も、グルテンフリーを10年以上前から皆様にオススメしています。10年前にはまだ、グルテンフリーという言葉が一般的ではなかったので、「小麦粉製品を控える」ということを提唱してきました。私自身もそうですが、小麦を控えることによって、冷えやニキビ、便秘、むくみ、コリ、PMS、生理痛、生理不順などが改善する方が実際に多いのです。そう、グルテンは小麦に含まれるのです。

パン、パスタ、ラーメン、餃子、そうめん、冷し中華、うどん、お好み焼き、焼きそば、タコ焼き、チヂミ、クレープ、シフォンケーキ、パンケーキ、ラスク、クッキー、パイ、どら焼き、たい焼き、肉まん、あんまん、カステラなど、日本人が最近食べているものの中に、たくさん含まれているのです。また、カレールウやクリームソースなど加工食品のほとんどに、つなぎとして含まれている場合も多く、グルテンを完全に抜く、グルテンゼロにするのはかなり難しいでしょう。ゼロにするのは無理でも、なるべく控えるよう心がけることはできるでしょう。

まずは主食をお米にしてみよう

そこでオススメなのは、まず主食を米にすることです。米にはグルテンは含まれません。ですから、食事をとる時には、パンや麺類ではなく、ご飯や餅を選ぶようにするのです。朝はパン食で、昼はパスタや焼きそばという方も多いので、まずはそこを変えてみましょう。朝はトーストの替わりにお餅を焼いて磯辺焼きにしたり、きなこ餅にする。夕食の残りの味噌汁にお餅を入れて、雑煮にするのも手軽でオススメです。昼はパスタやグラタンではなく、チャーハンやピラフにする。中華丼や牛丼、ロコモコ丼、タコライス、ちらし寿司、海鮮丼などでもよいでしょう。コンビニで買う時も、菓子パンやサンドイッチではなく、おにぎりや手巻き寿司、いなり寿司を選びましょう。ラーメンは、フォーや春雨スープに。焼きそばは、焼きビーフンにすれば、小麦を控えられます。

さらにおやつでも、チョコレート、大豆バー、マカロン、ダックワーズ、マシュマロ、大福、団子、ようかん、あんみつ、おしるこ、フルーツゼリー、プリン、ナッツ、ドライフルーツなど、小麦を含まないものは色々とあります。最近では米粉を使ったパンやドーナッツなどもありますが、グルテンを添加して食感を良くしているものもありますから、原材料をしっかりチェックして買うようにしましょう。

文/伊達友美(ダイエットカウンセラー、管理栄養士) 写真(イメージ)/ⒸMarek -fotolia.com-

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    10
  1. グルテンフリー
  2. 免疫力
  3. 管理栄養士

関連記事

  1. Diet「やっぱりすごい!」発酵食品でダイエットが一番続く

    「やっぱりすごい!」発酵食品でダイエットが一番続く

    12
  2. Dietおやつでも、朝チョコでも!低糖質や低GIを叶える「サクッto COBARA」が新発売

    おやつでも、朝チョコでも!低糖質や低GIを叶える「サクッto COBARA」が新発売

    4
  3. Healthcareくびれ度、骨密度、血管状態も1000円でまるわかり!  『ファンケル 銀座スクエア』は行かなきゃ損!

    くびれ度、骨密度、血管状態も1000円でまるわかり!  『ファンケル 銀座スクエア』は行かなきゃ損!

    8
  4. Healthcare冷え、便秘、ダイエット…白湯の効果 体験レポート

    冷え、便秘、ダイエット...白湯の効果 体験レポート

    5

あわせて読みたい

Pickup