FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    7

デリケートゾーンのお悩みあり

 かゆみ、痛み、おりものの異常など、デリケートゾーンの悩みは、なかなか人には相談しづらいもの。色、臭いなどおりものがいつもと違うと感じたら、STD(性感染症)の疑いもあります。都内のクリニックなどで診療にあたる一方、メディアでも活躍する産婦人科医の丸田佳奈先生に、おりものの異常について伺いました。

監修
丸田 佳奈

<トリコモナス症>おりものが膿っぽくなり、不快な臭いがする

トリコモナスのイメージ

トリコモナス症は、セックスによってうつるSTD(性感染症)のひとつです。

どんな病気? 原因は?

「膣内にトリコモナス原虫が感染することで発症します。20~60代まで幅広い年代にみられます」(丸田先生)

おりものはどうなるの? 他の症状は?

「おりものが膿のような感じになり、量が多くなって、泡状になることもあります。また、腐った魚のような臭いがすることがあります。膣内の炎症のせいで、セックスで痛みを感じたり、出血がみられることもがあります。しかし、自覚症状が出ない人も多いです」(丸田先生)

どんな治療をするの? 予防するには?

「抗トリコモナス剤の膣錠か経口薬で治療します。感染者とパートナーがお互いに移し合う“ピンポン感染”を起こしやすいため、パートナーと一緒に治療することが大切です。トリコモナス症を始めたとしたSTDの予防には、セックスのときにコンドームを使いましょう」(丸田先生)

<淋菌感染症>緑黄色の膿のようなおりものに

予防の薬など

淋菌感染症は、セックスによってうつるSTD(性感染症)のひとつです。

どんな病気? 原因はなに?

「淋菌に感染することで、子宮頸管炎を起こします。放っておくと、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎などに進行することもあります。妊婦さんが感染している場合、産道感染で新生児結膜炎を起こすことがあります。感染者は20代が中心で、淋菌に感染している人はクラミジアなどの他のSTDにも同時にかかっていることが多いので注意が必要です」(丸田先生)

おりものはどうなるの? 他の症状は?

「緑黄色の膿のようなおりものになり、量が増えます。オーラルセックスにより、咽頭炎を起こすこともあります。
しかし、女性は症状がないことも多く、一方、男性のほうは尿道炎を起こし、膿や排尿痛があるなど、症状は劇的です。患者さんを診ていると、パートナーが淋菌感染症になったことで来院するケースが多いです」(丸田先生)

どんな治療をするの? 予防するには?

「治療は、淋菌に効く抗生剤を注射します。後日、菌がなくなったかどうか、再検査をします。感染者とパートナーがお互いに移し合う“ピンポン感染”を起こしやすいため、パートナーと一緒に治療することが大切です。また、淋菌感染症を始めたとしたSTDの予防には、セックスのときにコンドームを使いましょう」(丸田先生)

<カンジダ膣症>おりものが白っぽく、カッテージチーズ状のかたまりがみられる。多くは、ストレスや疲労が原因

カンジダという文字と聴診器

カンジダ膣症は、カンジダ菌というカビの一種が膣内で増殖することで発症します。

どんな病気? 原因は?

「カンジダ菌は膣内にいる菌です。ふだんはデーデルライン桿菌という常在菌が膣内の環境を良好に保ち、カンジダ菌の増殖を防いでいますが、抗生剤の服用でデーデルライン桿菌が死滅したり、疲労・ストレスなどで免疫力が低下して、膣内がカンジダ菌優勢になることで発症します。皮膚などにもいるため、セックスを介して膣に入り込んで増殖し、発症することもあります」(丸田先生)

おりものはどうなるの? 他の症状は?

おりものは白っぽくなり、量が増えます。カッテージチーズ状の白いかたまりが見られることがあります。他の症状としては、「外陰部と膣内に強いかゆみが出て、熱っぽい感じがします。膣内もムズがゆい感じがあります」(丸田先生)

どんな治療をするの? 予防するには?

「抗真菌薬の膣錠と軟膏で治療します。デーデルライン桿菌は細菌なので、抗生剤で死滅してしまうのでNGです」(丸田先生)。

カンジダ膣症になりやすい人は、日ごろから免疫力が低下しないように、疲れをためない生活をすることも大切。また、「膣内のビデ洗浄は、デーデルライン桿菌まで洗い流してしまうので、使い過ぎないように。抗生剤の服用にも注意します」(丸田先生)

取材・文/海老根祐子

丸田 佳奈

丸田 佳奈

産婦人科医
日本大学医学部医学科卒業。都内の産婦人科クリニックで診療にあたり、女性特有の病気の悩みなどに精通している。また、タレントとしても活動。現役医師という立場を生かし、テレビ・雑誌を通して医療情報を提供している。MXTV『バラいろダンディ』木曜コーナー「無病息災!バラいろ健康学会」などに出演中。著書に『キレイの秘密は女性ホルモン』(小学館)、『間違いだらけの産活』(学研パブリッシング)などがある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. デリケートゾーンのお悩み

関連記事

  1. Healthcare夏はSTD(性感染症)が急増! 女性はクラミジアに気をつけて

    夏はSTD(性感染症)が急増! 女性はクラミジアに気をつけて

    10
  2. Healthcareデリケートゾーンのイボ、しこりに気づいたら早めに病院へ

    デリケートゾーンのイボ、しこりに気づいたら早めに病院へ

    8
  3. Healthcareデリケートゾーンの“できもの”はヘルペスかも!?

    デリケートゾーンの“できもの”はヘルペスかも!?

    10
  4. Healthcare妊娠は女性の体に起こるものだから、避妊は女性が主体的に

    妊娠は女性の体に起こるものだから、避妊は女性が主体的に

    9

あわせて読みたい

Pickup