FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    料理から入浴剤まで!冷え対策にバツグン「しょうがパワー」

  1. Share

  2. お気に入り

    11

しょうがとしょうがパウダー

夏になると、なんとなく体調が悪くなる―――それは「冷え」のせいかもしれません。じつは、夏こそ「冷え」に注意が必要って、知っていましたか? 体を温める優秀な食材といえばしょうがです。冷えに詳しいイシハラクリニック副院長・石原新菜先生おすすめの「しょうが」活用法についてうかがいました。

監修
石原 新菜

温め効果アップの食べ方があった!

しょうがとレモンのレモネード

石原先生が冷え対策で、常備食にしているのがしょうがです。
「体を温める効果がある。しょうがをすって紅茶に入れて飲んだり、粉末をうどんやそばに振りかけたり、いろいろ活用しています」と話します。

そこで、石原先生おすすめのショウガ活用法を紹介します。

●蒸ししょうが
しょうがは加熱することで、温め成分の「ショウガオール」が10倍に増えて、より体が芯から温まるようになります。おすすめは、蒸ししょうがです。

【作り方】
しょうがはよく洗って、皮がついたまますりおろすか、スライスして、耐熱容器に入れる。しょうががひたひたになるように水を加えたら、ふんわりラップをして電子レンジへ。500Wの電子レンジなら、3~4分加熱してでき上がりです。
このまま、いろいろな料理に使えます。みそ汁、紅茶などの飲み物にもどうぞ。

●酢しょうが
しょうがを酢に漬けた“酢しょうが”も、いろいろな料理に合います。夏は、みじん切りにして冷奴やかつおのたたきなどかけると、さっぱり感もあって、食欲のないときでもおいしくいただけます。

【作り方】
しょうがは皮をむかずによく洗って少し乾かしてから、薄くスライス。清潔な保存用のびんに入れ、しょうががかぶるぐらいのお酢を入れる。冷蔵庫に入れて、一日置いたらでき上がり。ほんのりピンク色になりますよ。

「酢しょうがを炭酸で割った、ジンジャーエールもおいしいです。お試しください」(石原先生)

しょうがを入浴剤として使う

しょうがと石鹸、入浴剤など

しょうがを入浴剤として使えば、薬湯になります。

●しょうが湯
【作り方】
しょうが1個を皮をむかずによく洗ってスライスするか、すりおろす。布か不織布の袋に入れます。そのままお湯をはった湯船に入れて使います。肌がピリピリ刺激を感じるようなら、量を少な目に。

温め効果がアップして、冷え解消にはもってこいです。

取材・文/海老根祐子

石原 新菜

石原 新菜

医師・イシハラクリニック副院長。漢方医学、自然療法、食事療法により、数々の病気の治療にあたっている。わかりやすい医学解説が人気で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。食事の持つ健康作用に着目した著書・監修書が多数あり。特にしょうがの健康パワーに関する第一人者として自らも実践している。『しょうがオリーブオイルで超健康になる! やせる! 若返る! 長生きレシピ64』(わかさ出版)

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. 夏冷え

関連記事

  1. Healthcare医師がアドバイス!夏冷え予防のために食べたいもの、食べ方のコツ

    医師がアドバイス!夏冷え予防のために食べたいもの、食べ方のコツ

    11
  2. Healthcareあなたの冷えはストレス冷え? 内蔵冷え? タイプによって異なる効果的な温め方をお伝えします! #Omezaトーク

    あなたの冷えはストレス冷え? 内蔵冷え? タイプによって異なる効果的な温め方をお伝えします! #Omezaトーク

    5
  3. Healthcare女性の大敵「冷え性」の予防・改善にはこれ! 体を温める食材たっぷりの「美腸グラタン」

    女性の大敵「冷え性」の予防・改善にはこれ! 体を温める食材たっぷりの「美腸グラタン」

    9
  4. Healthcare「体質」「年だから」と思っていた不調、じつは冷えのせいかも!?

    「体質」「年だから」と思っていた不調、じつは冷えのせいかも!?

    10

あわせて読みたい

Pickup