FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    乳酸菌とたんぱく質が簡単にとれる!毎日食べたい「発酵調味料で作る!塩麹味たまご」

  1. Share

  2. お気に入り

    6

発酵調味料で作る!塩麹味たまご

こんにちは! 管理栄養士のエダジュンです。10月は発酵食材を使った「腸活・美腸」におすすめのレシピをご紹介しております! 本日の腸活食材は「発酵調味料」×「卵」です。


発酵調味料で作る!塩麹味たまご

発酵調味料で作る!塩麹味たまごのアップ

腸活レシピのお時間です。
今日は発酵調味料をかけ合わせた、風味が濃厚な味たまごを作っていきます。半熟とろとろの作り方のコツは、
(1)熱湯したお湯に6分半
(2)氷水に4分すばやく冷やして、すぐに殻をむく
の2つです。

つけ込めばつけ込むほどおいしく仕上がりますので、ぜひ作ってみてくださいね。

<材料 作りやすい量>
・卵 3個
(A)
・塩麹 大さじ1
・みそ 大さじ1
・水 小さじ2
・みりん 小さじ2

<作り方>
1.卵は常温に戻す。鍋にお湯を沸かし、沸騰したら塩少々を入れて、卵を入れて、6分半ほど温めて、氷水に4分冷やして殻をむく。

材料の入ったジッパーに卵が入っている画像

2.ビニール袋やジッパーなどに(1)と(A)を合わせて、空気を抜き、12時間以上漬つける。

空気を抜いたジッパーに入っている卵3つ

!!栄養メモ!!
今回使った“腸”によい2つの調味料は塩麹とみそです。
塩麹には、乳酸菌が含まれており、腸内環境を整えて、便通の改善を補ったり、肌の調子を整えてくれたり、免疫力を上げてくれるなどうれしい効果が期待できます。
たまごは“完全栄養食”と言われており、必須アミノ酸をすべて含み、高たんぱくなので、体を作ってくれる栄養素が含まれています。味玉にしてそのまま食べてもOK、サラダにトッピングするなどいろいろなシーンで使えますので、ぜひ試していただけたらと思います!

エダジュン

エダジュン

料理研究家。管理栄養士。Soup Stock Tokyoにて本社勤務を経験したのち、料理研究家として独立。「パクチーボーイ」の愛称で書籍や雑誌、イベントやTV出演。またレシピ開発、料理教室主催、社員食堂のプロデュースなど幅広く活躍。ワクワクする料理・レシピが人気。著書に『クセになる! パクチーレシピブック』(PARCO出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)がある。

ホームページ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6
  1. 乳酸菌
  2. 腸内環境
  3. 腸活レシピ
  4. 食物繊維

関連記事

  1. Healthcare栄養素を効率よく摂取!キムチ入りで「腸活」にGood。「桜えびとキムチのスンドゥブみそ汁」

    栄養素を効率よく摂取!キムチ入りで「腸活」にGood。「桜えびとキムチのスンドゥブみそ汁」

    6
  2. Healthcare「みそ×ヨーグルト」で作る自家製ドレッシングで腸活!「春菊のすりごまみそサラダ」

    「みそ×ヨーグルト」で作る自家製ドレッシングで腸活!「春菊のすりごまみそサラダ」

    5
  3. Healthcare【こんにゃくで腸活!】食物繊維が豊富な「こんにゃくと枝豆のペペロンチーノ炒め」

    【こんにゃくで腸活!】食物繊維が豊富な「こんにゃくと枝豆のペペロンチーノ炒め」

    4
  4. Healthcare【美腸の作り置き】お手軽なのに栄養満点!「きのことキムチの大葉マリネ」

    【美腸の作り置き】お手軽なのに栄養満点!「きのことキムチの大葉マリネ」

    8

あわせて読みたい

Pickup