FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    3

トイレの入り口の男女のマーク

日本の40歳以上の女性で、尿もれの経験のある人は43.9%というデータがあります。それだけポピュラーな悩みといえますが、なかなか人に相談できないものですよね。そこで、尿もれの中でも、腹圧性尿失禁の原因、セルフケア、病院での治療について、四谷メディカルキューブ女性泌尿器科の藤﨑章子先生に伺いました。

監修
藤﨑 章子

膀胱と脳の連携プレーで尿意を感じる

医師が膀胱について解説

■排尿のメカニズム
尿もれは、女性にとって深刻な悩みです。そもそも排尿はどうやって起こるのでしょうか。メカニズムについて解説します。

尿は腎臓で作られます。腎臓は、体内をめぐる血液をろ過し、老廃物など不要な成分を水分と一緒に取り除き、尿として排出しているのです。尿は腎臓から尿管を通って、膀胱に集まり、通常、成人は200~500ccの尿をためることができます。

尿がたまっている間、尿道括約筋によって尿道を締め、もれないようにしています。膀胱で尿がいっぱいになると、その情報が脳に伝わり「尿意」として認識され、トイレに行きたくなるというわけです。

囲みコラム 正常な尿とは?
正常な排尿に関するまとめです。成人の場合
【一日の排尿量】1~1.5ℓ
【一回の排尿量】200~400ml
【一日の回数】昼間は5~7回、排尿間隔は3~5時間

そのほかに、
・お腹に力を入れなくても排尿できる
・残尿感がない
・尿もれがない
・排尿後、すぐに尿意を感じない
・尿意をはっきりと感じ、ある程度がまんできる

骨盤底のダメージが原因に

妊婦さんのイメージ

■腹圧性尿失禁の原因
ところが、自分の意志に反して、尿もれが起こることがあります。そのひとつが、くしゃみや咳、ジャンプ、階段の上り下り、重い物を持ち上げる、スポーツなどでお腹に力が入った拍子に尿が漏れてしまう「腹圧性尿失禁」です。
「40代以上で週一回以上の腹圧性尿失禁があるのは12.9%といわれています。尿道を支える骨盤底がダメージを受けることで起こります」(藤﨑先生)

女性に多い原因は、出産です。出産前は、子宮に赤ちゃんがいることで膀胱が圧迫され、骨盤底の筋肉や靭帯がゆるみ、尿が漏れやすくなります。一方、出産においては、産道(腟)を赤ちゃんの頭が通るときに、骨盤底の筋肉や靭帯、神経が壊されて、尿道の支えがゆるくなってしまうのです。特に、鉗子分娩や吸引分娩では、そのリスクが高まります。
「妊娠中の尿もれは、分娩後に多くが解消しますが、出産後は、妊娠・出産による骨盤底への負荷や、授乳期の女性ホルモン・エストロゲンの低下も影響して、尿漏れがひどくなることもあります」(藤﨑先生)

また、出産経験の有無に関係なく、肥満、加齢も腹圧性尿失禁の原因になります。

では、腹圧性尿失禁の改善には、どうすればよいのでしょうか。次回に続きます。

取材・文/海老根祐子

藤﨑 章子

藤﨑 章子

医学博士。四谷メディカルキューブ・女性泌尿器科の医師。日本泌尿器科学会専門医/日本性機能学会専門医、日本東洋医学会漢方専門医/日本排尿機能学会認定医の資格をもつ。女性特有のおしものお悩みに真摯に向き合い、QOLを低下させないための治療法を相談できる。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. 人に聞けない体の悩み

関連記事

  1. Healthcare水分のとり過ぎにも要注意! 過活動膀胱が原因の尿もれ対策

    水分のとり過ぎにも要注意! 過活動膀胱が原因の尿もれ対策

    1
  2. Healthcareじつは悩んでいる人が多い尿もれ。その対策を医師が解説

    じつは悩んでいる人が多い尿もれ。その対策を医師が解説

    3
  3. Healthcare医師に聞く膀胱炎の疑問や「あるある」をすっきり解決

    医師に聞く膀胱炎の疑問や「あるある」をすっきり解決

    5
  4. Healthcare人知れず悩んでいる女性が多い膀胱炎、いったいどんな病気?

    人知れず悩んでいる女性が多い膀胱炎、いったいどんな病気?

    3

あわせて読みたい

Pickup