FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    3

BM菌体画像

「あんなこといいな、できたらいいな♪」(年代がバレる)のひとつが土いじり。実情は、緑に囲まれた生活にあこがれながら、花をむしろ枯らしてしまう残念女子なのですが、このたび、せめて、生ごみを発酵させて土を作ってみたい!と思い立ちました。さっそく始めること早2か月。まだまだ発酵中で土には程遠く…。「真夏に発酵ってどうなの?」「虫は平気?」――今回は途中経過レポートです。


生ごみからできた肥料は、とっても質がいいらしいです。
お仲間に、エコな暮らしをとても楽しんでいる人がいます。彼女曰く「土に戻せばすばらしい肥料になるのに、それを捨てて、わざわざエネルギーを使って燃やしちゃうなんてもったいない!」。それを聞いて、なんだかストンと落ちるものがあって、私もやってみようかなと思いました。

「生ごみ、コンポスト、肥料」などネットで検索すると、専用の容器を使うものから、段ボールコンポストまで、いろいろなやり方が出てきます。手軽な感じで書かれているブログから、庭のないわが家ではちょっとその方法はムリかも…と思わせるものまで、レポートもさまざま。何かをやり遂げるにはトライ&エラーが必須なんでしょうけれど、私は今回失敗したら当分、この試みはやらない気がしたので、「多少、初期費用がかかってもいいから、手軽にできて失敗しなさそうなものを選ぼう」と思いました。

その結果、購入したのが「密封発酵容器」(写真上)と「BM菌体」でした。

発酵容器画像

BM菌体画像

生ごみが土に還るまでの流れはシンプルです。
1、生ごみを細かくして水気をよく切り、専用容器の中に入れる
2、生ごみ1㎏に対してBM菌体20~30gをまんべんなく振りかける
※ふたはしっかり閉めること
3、バケツの中にたまった水は、水抜きコックからこまめに抜く
4、バケツがいっぱいになったら1~2週間寝かせる
5、生ごみを地中20cm程度の深さの土にうめる
6、1か月程度で肥料になり、やがて土に還る

BM菌体裏面の画像

手順がわかったところで、問題はどんな生ごみを容器に入れるか、です。
わが家は集合住宅地。台所には窓がなく、食卓とも隣り合っています。ニオイは避けたいし、虫も避けたいところ。

私が参考にした資料には「魚肉や肉などは、いい肥料にはなるが虫がわきやすい」「魚の骨や貝がらは土に還りにくい」とあったので、ひとまず動物性たんぱく質はパス。「たまねぎの皮、バナナやかんきつ類の皮、卵の殻は土に戻りにくいので小さくして入れる」。告白しますが、今、挙がったもののうち、容器に入れているのは小さく砕いた卵の殻だけです…。

そのようなわけで、1日に容器に入れる生ごみの量はけっこう少なく、100~150gでした。その中にコーヒーがらと麦茶パックの中身も含まれます。コーヒーの出がらしは、ニオイを抑えるのに役立つそうですよ。

いくつか試した結果、長続きしているのはこの方法。
(1)ドリップし終わったコーヒーフィルターを1日置いて、少し乾かしてから、コーヒーがらを容器に入れる
(2)空になったフィルターを円錐型のコーヒーフィルターホルダー(100均で購入)にセット

フィルターの画像

(3)調理をするたびに細かくした野菜くずなどを入れていく

フィルターと野菜くずの画像

(4)1日1度は、野菜くずなどを容器内に移動

コーヒーフィルターは水分を吸いやすく、乾きやすいので気に入っています。
このルーティンに加えて、BM菌体を1週間に1度ふりかけること、1日1度、水抜きコックから水を抜く、ということを行っています。

BM菌体は、草原を掘り返したような、ゆでたほうれん草のような香りがほのかにします。個人的には好みの香りです。

BM菌体の中身画像

水抜きコックからは、始めてから3週間ほどたったのち、コーヒー色の液体が出てくるようになりました。どんな生ごみを入れてもこの色なのかは不明です。

水抜きコックと液体画像
緑のダイアルの奥にコックがついていて、「ひらく」を回すとコックからたまった水が出てきます

ニオイは当初ほとんど気にならず、何だ、におわないじゃない!と感激していたのですが、台所の気温が30℃を超えるようになると、さすがに容器のふたを開閉するたび、におうように…。とはいっても、開閉したあと5分くらいですし、気づくとにおわなくなっているレベルです。たくあんのニオイをもう少し甘く、強くしたようなニオイに感じました。
家族に生ごみリサイクルに対するマイナスイメージを持たれたくないので、早朝や就寝前など、台所・食卓に人がいないときに、台所の換気扇をつけてふたを開け閉めしています。虫は今のところ発生の気配なし。

さて、始めてから2か月現在。ようやく容器の半分くらいまで生ごみがたまりました! そしてわが家の可燃ごみの量がどうなったかというと、2/3に減量。容量としては2/3の感覚なのですが、重量がかなり軽くなったので、ごみ出しの負担がずいぶん減りました。これを半分まで減らせればごみ袋のサイズを1段階下げられるので、節約にもなるんだがな…。と思いつつ、ガンバりすぎず、続けられることを続けていこうと思っています。(編集まりりん)

Omeza トークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    3
  1. Omezaトーク

関連記事

  1. Lifestyleカンタン手作りみつろうラップがなかなか便利♪ #Omezaトーク

    カンタン手作りみつろうラップがなかなか便利♪ #Omezaトーク

    18
  2. Lifestyle3日間でペットボトル10本分の節約?! 旅先で本領を発揮したマイボトル型浄水器「fill&go Active」  #Omezaトーク

    3日間でペットボトル10本分の節約?! 旅先で本領を発揮したマイボトル型浄水器「fill&go Active」 #Omezaトーク

    21
  3. Lifestyle使う? 使わない? ペーパーストロー #Omezaトーク

    使う? 使わない? ペーパーストロー #Omezaトーク

    26
  4. Healthcare首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    首のこりがひどい私の救世主。かまぼこ枕って知ってますか!? #Omezaトーク

    106

あわせて読みたい

Pickup