FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    39

26歳・正社員・年収約400万円。母は他界、父は脳卒中で施設に。休日は朝からビールを飲んでネットかアニメを見るのが楽しみ~私、ひとりでいてもイイですか?(11)~ 学生時代の先輩たちと江ノ島に行ったときの写真。「CDのジャケットみたく撮ってもらいました」。(本人提供)

本企画は、ひとりでいるのが好きな人も、ひとりでいるのが寂しいと感じる人も、“おひとりさま生活”について思いのたけを語るインタビュー連載です。インタビュアーは、婚活・恋愛の記事を多数手がけ、さまざまなメディアで活躍中のフリーライター・大宮冬洋さん。
今回登場するのは、食品スーパーに正社員として勤務する、26歳の女性。母親が20年前に他界、父親は5年前に脳卒中で倒れて施設へ、大学生の弟も家を出ていて、自身もひとり暮らし、「帰る実家はもうありません」――。
「家に他人がいる生活が自分に合っているとは思えない」と言い切る20代女性のリアルに迫ります。


もし20代半ばに戻れるとしたら、その先どんな人生を歩みたいですか?

20代半ばの若手社会人と話す機会があると、「恋人はいるのかな? 結婚は視野に入れているのかな」と親戚のおばちゃんのような感覚になる。僕には子どもがいないけれど、学生結婚でもしていたら子どもはちょうど彼らぐらいの年齢になるからだ。

僕自身は20代では結婚の「け」の字も思い浮かばなかった。会社員を2年ほどで辞めてしまい、ようやく自分に向いていそうな業界(出版業界)と働き方(フリーランサー)を見つけて、遅く来た青春を謳歌していた。正直なところ、ひとりでも多くの女性を「体験」したいと思っていたのだ。

人生をやり直すことはできないけれど、もしあの頃に誰かと結婚して子育てをしていたらと思うことがある。甥っ子や姪っ子が家に遊びに来てくれたときは、嬉しさと寂しさを同時に感じたりする。でも、それは責任のない立場だからなのかもしれない。若い頃の自分に子育てはおろか結婚生活ができたのだろうか。自信がない。

食品スーパーの正社員である渡辺由紀子さん(仮名、26歳)も「子どもは嫌いじゃないけれど、他人の人生に責任を持つ自分が想像もつかない」と明かす。今のひとり暮らしの生活には不満はなく、恋愛も婚活もしないことを「マズいと思わないのがマズいのかな」と頭によぎる程度らしい。友だちは少なく、自宅で缶ビールやパック酒を飲みながらネットニュースを読んだり、アニメを見たりするのが至福の時間だという。

本連載への出演希望も「ネットニュースで記事が流れてきて、自分は条件に当てはまると思ったからなんとなく応募した」とのこと。良くも悪くも若々しさが漂うボーイッシュな女性だ。「ちゃんと食べている?」などと心配しながらのインタビューとなった。

***渡辺由紀子さん(仮名、26歳)の話***

母親は20年前に他界、父親は倒れて施設暮らし。実家はもうありません

外見としゃべり方で体育会系のように思われがちですが、運動はまったくしていません。学生時代は飲みサークルに入っていました。
東京郊外でひとり暮らしをしています。2DKの古いマンションで家賃は6万円。駅からは徒歩10分ぐらいです。昨年の夏に転勤になり、電車を使って片道90分ぐらいかかる店舗に通っています。でも、通勤電車では座れるのでそんなに苦ではありません。

以前は弟と一緒にこの家で暮らしていました。ひとり暮らしにはちょっと広いけれど、今では大学生の弟がときどき泊まりに来るし、引っ越すのは面倒くさいのでこのままでいいかなと思っています。
弟とは割と仲いいですよ。会ったときは「仕事、どんな感じ?」みたいな会話をしています。母は20年前に他界しました。幼かった弟は母のことをほとんど覚えていないと思います。父は5年前に脳卒中で倒れ、今は埼玉県にある施設で暮らしています。だから、もう実家はありません。
月に1、2回は父に会いに行っています。面会しても父は話すことはできませんが、喜んでくれているのはわかります。

スーパーで肉を切る仕事が楽しい。あっという間に時間が経ちます

仕事はスーパーの肉屋です。朝は4時起きで、5時ごろの電車に乗って、7時ぐらいから仕事を始めます。職場のパソコンでメールをチェックして、パートさんたちに指示を出しながら肉を切るのが主な仕事です。肉を切るのはけっこう楽しいですね。「もう2時か」とあっという間に時間が経ちますから。

夕方は早くて16時に仕事が終わり、残業をしても18時には職場を出られます。残業代もちゃんとつくので年収は350万円から400万円ぐらいです。スーパー業界ではいいほうらしく、実際に生活には困っていません。

食事ですか? 朝は食べません。昼は職場の弁当を買って食べています。唐揚げ弁当が好きです。夜は松屋に行くかコンビニ弁当ですね。自炊はしません。
普段は22時前には寝ますが、休みの前の夜は「寝落ち」するまで起きています。酒を飲みながらネットを見ていることが多いですね。スマートニュースやほかの人のツイッターを読んだりしています。

テレビはあまり見ませんが、アマゾンプライムでアニメをまとめて観ることはあります。私は女の子だけが出てくるアニメが好きで、今だと『ラブライブ!』ですね。舞台のひとつである静岡県沼津市に行ってみたこともあります。「聖地巡礼」というほどではありません。海を見るのが好きなので…。

仕事で疲れて帰って来て、家に他人がいる生活が自分に合っているとは思えない

肉屋なので職場にはオジサンが多いです。「渡辺さんは結婚願望はあるんですか」とか「恋愛はしないんですか」とよく聞かれます。上司は33歳の男性です。
学生時代は1歳下の彼氏がいました。明るくてノリが合ったので。私は年上よりは同世代や年下のほうがラクです。大人っぽい男性に憧れるのが一般的な女性だと思いますが、私は友だちみたいな人がいいですね。
その彼とは1年半ぐらい付き合いましたが、社会人になってから別れました。私はまめに連絡するほうじゃありません。まだ学生だった彼には私の淡白な態度が気に入らなかったみたいです。

今後も恋愛をしたくないわけじゃありませんが、恋愛をするための行動をするほどの気持ちにはなれません。ひとり暮らしが快適なので、結婚生活とかが面倒くさく感じてしまいます。
人と話すのは好きですが、職場の人間関係だけで十分です。仕事で疲れて帰って来てから、家にも他の人がいるのはどうなのかな。私は料理もできないので、結婚生活が自分に合っているとは思えません。
掃除は2週間に1回ぐらい、洗濯は週に2回ぐらいです。私は服が少ないので、洗濯しないと着るものがなくなっちゃいます。

養ってくれる人はいないので、仕事ぐらいはちゃんとやっています。やりたいことは特にないけれど、将来は本社の人事部に行ければいいなと思っているところです。

休日は朝から「昨晩の飲み残しのビール」を飲んでいるという渡辺さん。健康第一ですよ。ほどほどにね!(本人提供)

***大宮より渡辺さんへ***

仕事や家族以外の人間関係も大切に。面白い展開は意外なところからやってくるから

担当している商品のことを「お肉」ではなく「肉」と言いきる渡辺さん。自然体で男性的な話し方なのは、お父さんと弟さんに挟まれるようにして育ったからなのかもしれません。それが渡辺さんの魅力のひとつになっていると僕は感じました。

職場で恋愛や結婚についていろいろ聞かれるのも、渡辺さんが魅力的だからだと思います。渡辺さんもセクハラなどとは思わずに受け流しているのは職場の雰囲気がいい証拠ですね。きっと新鮮でおいしい肉を提供しているんだろうな、と想像しました。

恋愛をしたくないわけじゃない、というひと言は気になりました。学内やアルバイト先で気軽な恋愛ができる学生時代と違って、社会人になると自ら行動しないと何の出会いもありません。長く働きたい職場では下手なことはできませんからね。
友だちは少ないという渡辺さんですが、学生時代の先輩などとはつながっているんですよね。たまには自分のほうから誘ってみたらどうでしょうか。年上は苦手とのことですが、社会人になってしまうと年齢はあまり関係ないですよ。
結婚する・しないは別として、仕事や家族以外の人間関係は大切にしたほうがいいと思います。人生における面白い展開は、意外なところからやってくることが多いからです。

最後に食生活について。渡辺さんは明らかに野菜不足です。総菜でもいいので、意識して野菜を食べるようにしましょう。お酒を楽しむときは、ちゃんと水も飲むように。30歳を超えてから大きな違いが出ますよ。すみません、やっぱり親戚のおばちゃんみたいになってしまいました。

★出演者大募集!★

取材にご協力いただける方を募集します。「大宮さんに話を聞いてもらいたい!」「いまモヤモヤしているので話すことで頭を整理して何かヒントを得たい」「楽しいおひとりさまライフについて語りたい!」などなんでもOK! ご応募お待ちしております♪
<応募条件>
①現在、独身であること
②あごからウエストあたりまでのお写真をご提供いただけること
③Zoomなどのオンラインツールでお話を聞けること
④1時間程度の取材時間をいただけること
※顔写真やプロフィールなど、個人が特定される情報は掲載いたしません
<応募方法>
メールに応募理由を明記のうえ、fytte@one-publishing.co.jpまでご応募ください。
※取材をお願いする方には、編集部より直接ご連絡させていただきます。

連載・関連記事

  1. 30歳・転職活動中。ひとりは寂しいけれどすごく落ち着くし充実しています ~私、ひとりでいてもイイですか?(2)~

  2. 36歳・独身、新型コロナの影響で解雇に。でも、ゲーム、音楽、映画…ひとり暮らしを満喫しています ~私、ひとりでいてもイイですか?(3)~

  3. 46歳・バツイチ独身、結婚13年目で離婚。シングルで寂しい悲しいと思うことはないけれど…。~私、ひとりでいてもイイですか?(4)~

大宮冬洋 (おおみや・とうよう)

大宮冬洋 (おおみや・とうよう)

フリーライター。恋愛・結婚に関するインタビュー記事を得意とし、最近は「お見合いおじさん活動」も勝手に遂行中。35歳以上で結婚した「晩婚さん」を160人以上取材した実績を持つ。2012年、再婚を機に愛知県蒲郡市に移住。近著に『人は死ぬまで結婚できる~晩婚時代の幸せのつかみ方~』(講談社+α新書)がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    39

関連記事

  1. Lifestyle37歳・独身。好きな英語教師の仕事と月収40万で充実しているものの、ベッタリの人間関係は苦手です…。~私、ひとりでいてもイイですか?(31)~

    37歳・独身。好きな英語教師の仕事と月収40万で充実しているものの、ベッタリの人間関係は苦手です…。~私、ひとりでいてもイイですか?(31)~

    3
  2. Lifestyle45歳・独身、年収1000万超えの「港区女子」。仕事には恵まれてきたけれど異性関係は“2番目”になりやすくて…。~私、ひとりでいてもイイですか?(29)~

    45歳・独身、年収1000万超えの「港区女子」。仕事には恵まれてきたけれど異性関係は“2番目”になりやすくて…。~私、ひとりでいてもイイですか?(29)~

    14
  3. Lifestyle28歳・コンサル勤務。マッチングアプリで出会った彼は自己管理ができない人。いい加減、愛想が尽きました。~私、ひとりでいてもイイですか?(30)~

    28歳・コンサル勤務。マッチングアプリで出会った彼は自己管理ができない人。いい加減、愛想が尽きました。~私、ひとりでいてもイイですか?(30)~

    6
  4. Lifestyle44歳・バツイチ。結婚18年目に夫から離婚を切り出され…。今は子育ても終え、朝起きたときに孤独を感じます~私、ひとりでいてもイイですか?(28)~

    44歳・バツイチ。結婚18年目に夫から離婚を切り出され…。今は子育ても終え、朝起きたときに孤独を感じます~私、ひとりでいてもイイですか?(28)~

    15

あわせて読みたい

Pickup