FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    大自然に癒されながら。ワナカのアクティビティで、絶景ポイントへ【ニュージーランド#7】

  1. Share

  2. お気に入り

    10

湖でサップ

クイーンズタウンからバスで約1時間45分、たどり着いたのは田舎の雰囲気を残す町「Wanaka(ワナカ)」。圧倒的な美しさを見せるワナカ湖と南島を象徴する山脈サザンアルプスを望むこの町は、クイーンズタウン以上に穏やかな空気が流れます。クイーンズタウンでは息つく暇もないほどのド迫力なアクティビティを体験しましたが、ワナカでは雄大な自然をゆっくり眺めながら楽しむ、そんな心落ち着くアクティビティに出合いました。サイクリング、SUP、ハイキング、クライミング。それぞれが、少しずつ違うワナカの表情を教えてくれます。


まだ見ぬ景色を求めて。E-バイクで、ワナカの大地を颯爽と!

E-バイク

どこまでも続く大地。透き通ったブルーの水辺。澄み切った爽やかな空気。そのすべてを肌で感じるには、サイクリングがうってつけです。

「Wanaka Bike Tours(ワナカ・バイク・ツアー)」ならば、もちろん自転車は貸し出してくれますし、ガイドつきツアーを選べるので初めての土地でのサイクリングも安心。ワナカを知り尽くしたベテランガイドが、絶景ポイントへと案内してくれます。

橋でE-バイク

コースは約10㎞。途中険しい山道を走行したり、吊り橋を渡ったりとスリリングなシーンも! ふだん自転車を乗り慣れていなかったり、体力に自信がない人はついていけるか少々不安になるかもしれませんが、心配することなかれ。E-バイク(電動アシストのマウンテンバイク)なので、息を切らすことなく爽快な走行が叶います。
また、ガイドさんがバイクの乗り方、ギアの切り換え方、走行のポイントなども丁寧かつ気さくに教えてくれるので、初めてのE-バイクでも心置き無く楽しめます。

ペンブローク・パティスリー

サイクリングの後半ではアルバートタウンという町にある、「Pembroke Patisserie(ペンブローク・パティスリー)」で一息。焼きたてのパンや作りたてのサンドイッチ、スイーツなどもいただけます。

ワナカ・バイク・ツアーは予算やレベルに合わせてメニューの選択や相談ができます。
さらに長距離を走るE-バイクツアーメニューもあるので、チェックしてみて。

●Wanaka Bike Tours
住所:103 Ardmore Street, Wanaka
営業時間:9:00~13:00(夏季)、11:00~13:00(冬季)
料金:$299
所要時間:約3時間
電話番号:+64-3-443-6363
http://wanakabiketours.co.nz
※予約が必須です(2名以上から受付)

●Pembroke Patisserie
住所:20 Alison Ave, Albert Town, Wanaka
営業時間:7:00~16:00(月曜日)、8:00~14:00(土日曜日)
電話番号:+64-3-428-4163
http://www.pembrokepatisserie.co.nz

おだやかな水辺の景観と一体化。SUPでワナカの湖上へ!

パドル・ワナカ

清らかな水を湛える、ワナカ湖。太陽の光を浴びキラキラと輝くその湖面を目の前にすれば、誰もが湖上に出てみたいと思うはず。その思いを叶えてくれるのが、「PADDOLE WANAKA(パドル・ワナカ)」のアクティビティ。
今回は湖畔にあるレンタルブースでパドルボートを借りてSUP(スタンドアップ・パドル・ボート)にトライ。パドルボートの取りつけ方や漕ぎ方、上手な進み方などはスタッフさんが最初にレクチャーしてくれるので初心者でも安心です。

湖上に出ると、左右にゆらゆら。最初こそ「落ちそう!」とドキドキしますが、慣れてくれば漕ぎ方のコツもつかめ、気分は上々。おだやかな湖の表情と、眺望を楽しむ余裕も出てきます。

パドル・ワナカでは、カヤックのレンタル、カヤックやパドルボートでの長距離ツアーなども展開。体力と時間に余裕があれば、トライしてみるのもいいかもしれません。

●PADDOLE WANAKA
住所:20 Alison Ave, Albert Town, Wanaka
営業時間:9:00~18:00(夏季)、10:00~17:00(冬季)
定休日:6月
料金:20$(1時間)、30$(2時間)、45$(3時間)
※カヤックのレンタルも同様です。
電話番号:0800-926-925(国内フリーダイヤル)
http://www.paddlewanaka.co.nz
※水着など濡れてもOKな服装の用意が必要です。

自然と間近で触れ合う日帰りハイキング。頂上は圧巻の光景!

ハイキング

ワナカには、気軽に歩ける短距離コースから数日かけて登るコースまで、さまざまなハイキング・トレッキングコースがあります。今回やってきた「Diamond Lake Track(ダイヤモンド・レイク・トラック)」は、日帰りハイキングの人気スポット。道中に現れる小さな湖ダイヤモンド・レイクを横目に、ロッキー・マウンテンと名づけられた山を登っていきます。

スタート地点はワナカ中心街から車で20分ほどの場所。穏やかな平地を抜けて少し登ると、すぐに湖が現れます。そのあとはなかなか急な階段の連続!

ダイヤモンド・レイク

少し息を切らしながら30分ほど登ると、ダイヤモンド・レイクを見下ろす展望台に到着。グリーンと黄金色、きらめく水面が織りなす、絵に描いたような景観が目の前に広がります。
ワナカの中には、人気がゆえに連日混雑するトレッキングコースもありますが、ここは人が集中することもあまりなく静かな環境でハイキングが楽しめます。
この展望台までやってきてスタート地点に戻ると、初心者にはちょうどいい1時間程度のハイキングに。

ロッキー・マウンテン

この日は展望台までのハイキングでしたが、標高775mのロッキー・マウンテンの頂上まで登れば、雄大なワナカ湖を見渡せる大絶景が望めます!(写真は初冬から冬にかけての景色です)

ハイキングの道中では日本には生息しない植物を見つけたり、もちろん初お目見えの野鳥に出会ったり! 自転車やパドルボートとはまた違う角度から、ワナカの自然と触れ合うことができます。

ワイヤーが命綱。冒険心をくすぐる150mのクライミング

ワイルドワイヤー・ワナカ

ワナカでだって、エキサイティングな体験がしたい! そんな人のために、岩肌の斜面を登っていく「WILD WIRE WANAKA(ワイルドワイヤー・ワナカ)」をご紹介します。

ワイルドワイヤーは、岩壁を登っていくアクティビティ。体に装着した専用器具を、岩肌にあるワイヤーやはしごに取りつけたり外したりをくり返しながら登っていきます。
その道具と体につけたワイヤーが命綱! ひとつひとつのアクションに、終始気が抜けません。慣れてくればテンポよく進めましたが、最初はこっちを外して、こっちを取りつけて…。そんな感じで、どぎまぎ。

ワイルドワイヤー・ワナカ2

途中で細い吊り橋を渡ったり、滝壺の上を通過したり。ときにはガイドさんに「手を放してみてー!」と促され、ワイヤーだけに身を任せたり。

そんなスリリングな場面も通過しながら、150mクライミング。 登ったあとはもちろん下り。スタート地点に戻り改めて登った岩壁を見上げると、その迫力ある傾斜に思わず息を飲み込みます。

今回参加したのは150mの初級コースですが、320mのコースや450m登りヘリコプターで降下するコースもあるそうです。

●WILD WIRE WANAKA
住所:103 Ardmore Street, Wanaka
営業時間:8:00~18:00
料金:$189~
電話番号:+64-27-428-4163
https://www.wildwire.co.nz/

どのアクティビティも初心者でも挑戦できますし、レベルに合わせてコースなどを選択できます。ムリのない範囲で心地よく楽しむのがおすすめです。

取材・文/柿沼曜子

 

【アクティブ旅におすすめ!ニュージーランド特集】

連載・関連記事

  1. ニュージーランドをアクティブに楽しむ!トレイルラン”モタタプ”【ニュージーランド#1】

  2. モタタプのあとはアロータウンの街へ。ノスタルジーな町でのんびり【ニュージーランド#2】

  3. アクティビティの聖地「クィーンズタウン」でスリルな体験に挑戦!【ニュージーランド#3】

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    10
  1. SUP
  2. アクティブ旅におすすめ!ニュージーランド特集
  3. ニュージーランド
  4. 登山

関連記事

  1. Lifestyleモタタプのあとはアロータウンの街へ。ノスタルジーな町でのんびり【ニュージーランド#2】

    モタタプのあとはアロータウンの街へ。ノスタルジーな町でのんびり【ニュージーランド#2】

    10
  2. Lifestyleニュージーランドワインを飲み比べ。ワイナリーでテイスティング

    ニュージーランドワインを飲み比べ。ワイナリーでテイスティング

    1
  3. Lifestyleアクティビティの聖地「クィーンズタウン」でスリルな体験に挑戦!【ニュージーランド#3】

    アクティビティの聖地「クィーンズタウン」でスリルな体験に挑戦!【ニュージーランド#3】

    7
  4. Lifestyleグッズはココで調達!クィーンズタウンの頼れるアウトドアショップ【ニュージーランド#6】

    グッズはココで調達!クィーンズタウンの頼れるアウトドアショップ【ニュージーランド#6】

    8

あわせて読みたい

Pickup