FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    6

女性がソファで寝転がっている写真

あなたはいま、先延ばしにしているものごとはありませんか?

あとでまとめてやろう。
明日にしよう。
週末にまとめてやろう。

と、気づいてみたら、先延ばしにしている案件のほうが、いまやる案件よりも増えていたります。
そして、なんとなく先延ばしにしてきたこの事実が、あなたに「自信」を失わせていることがあるのです。

それはいったいどうしてなのでしょうか?

監修
shocolina

あなた自身が先延ばしの
事実を知っている

女性が傘をさして海を眺めている写真

それは、あなた自身がやりかけのまま(途中のまま)先延ばしにしているその「事実」を知っているからです。

その案件は消えることなく、頭の中にしっかりと残ります。そして、ときどき思い出す…。

脳はあなたにそれを知らせます。「中途半端な案件があるよ!」と。それに気づかないふりをしていると、「ふーん、やらなくていいんだ」と、それが今度は頭の中で、やらなくてはいけないことに変化します。結果、「やらなかったことリスト」が、時間経過に伴っていつのまにか、「できなかったことリスト」に変わってしまう…。

それが増えれば増えるだけ、あなたが自信を失うことにつながり、ほんの些細なことでも「できなかったことリスト」にあがってしまうのです。

まずはすぐに終わること
結果を出せることに集中して

女性が笑顔で掃除をしている写真

そんなの悲しすぎますよね。では、どうしたらよいのでしょうか?

まず、言えることは、「いまできることはいまのうちに」ということ。

そして、「すぐに結果を出せること」「時間をかけずに終わらせられること」「終わったことが目に見えてわかること」から片づけてしまうことです。それらの多くは、日常生活の中にひそんでいます。

掃除、連絡、体のメンテナンス…。まずはこのことから始めてみてください。

掃除は終わったことを目で見て認識できます。
連絡は人とのつながりを確かにし、ものごとを動かし始めます。
体のメンテナンスは、結果、未来のあなたへのプレゼントとなります。

そして、意識的に「目標達成!」や「終了!」と声にします。これは、頭に終わったことを認識させるためです。それをくり返すうちに、だんだんと「いまできることはいまのうちに」というスタンスができ上がり、先送りにすることの意味さえわからなくなってきます。

「自信」をとり戻すには、まず日常の中で、これまであなたがやってこなかったことを見直してみてはいかがでしょうか?

shocolina

shocolina

クリエイター・サイキックセラピスト。幼少期からの霊的・神秘体験をきっかけにスピリチュアルの世界へ。新しい認識もとり入れつつ、各々が自分の幸せに気づき、癒し、充実した日々を過ごすためのスピリチュアル&サイキックセラピーを行う。
http://www.shocolina.net

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    6

関連記事

  1. Lifestyleあなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.4>

    あなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.4>

    2
  2. Lifestyleあなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.2>

    あなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.2>

    5
  3. Lifestyleあなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.3>

    あなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.3>

    3
  4. Lifestyleあなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.1>

    あなたらしさを取り戻して 新たな年を迎えるために <Vol.1>

    3

あわせて読みたい

Pickup