FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    0

女性と鏡画像

いよいよ夏本番となりました。気温も湿度もピークを迎える夏は、汗や皮脂が増えて肌のベタつきが気になる季節ですね。蒸し暑さでスキンケアがおっくうになる日も多いと思いますが、うるおい不足になってしまうと肌が調子をくずしやすくなります。今回は、ベタつきやテカリが気になる夏の肌のお手入れポイントと、サラサラな肌に仕上げて快適に過ごす方法をお伝えします!

監修
牧内 夕子

肌の汚れをきれいにする『洗顔』を大切に

泡画像

汗や皮脂は、肌のうるおい成分として本来必要なものです。ところが暑さで大量に出てきた汗や皮脂を放っておくと、肌に刺激を与え、毛穴を詰まらせるなどの肌トラブルの原因になります。
また、夏はウォータープルーフの日焼け止めをぬったり、落ちにくいベースメイクを使ったりするので、ほかの季節以上に肌に汚れを残さないクレンジングや洗顔が大切になります。朝晩の洗顔やクレンジングをしっかり行って、清潔な肌に整えてあげることが、サラサラ快適肌への第一歩です!

洗顔やクレンジングをするうえで、肌にダメージとなるNGポイントがこちらです。ふだんの洗顔を振り返りながら、チェックしてみてくださいね!

×ゴシゴシ洗いをする

肌の汚れやベタつきをしっかり落とそうとして、ゴシゴシとこするように洗うのは絶対にNGです。肌のバリア機能がこわされて、うるおいを守る力が低下してしまい、肌の調子をくずす原因となります。
洗顔料の泡には汚れを吸着させる働きがあるので、肌の汚れやベタつきをしっかりと落とすには、洗顔料をたっぷりと泡立てることが大切です。
洗顔料は手のひらにレモン1個分の泡を泡立て、肌と手が直接ふれないように、泡の表面だけを動かすようにして洗顔しましょう!

×1日に何度も洗顔する

洗顔後はスッキリと爽快に感じるかもしれませんが、1日に何度も洗顔をすると、肌にとっては負担になってしまいます。肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、過剰に皮脂分泌が促され、余計にテカリを感じてしまうことも。日中に皮脂やテカリが気になるときは、Tゾーンを中心に、やさしくティッシュオフしてあげましょう。皮脂をとりすぎずにテカリを抑えることができますよ。

×いつも同じクレンジングを使っている

夏の肌は、落ちにくい日焼け止めやメイク品を使うことが多くなり、肌に化粧品が残りやすくなります。また、1日中エアコンのきいた室内で過ごした日などは、いつも以上に肌が乾燥している日もあります。つまり、夏の肌は、その日によって肌の汚れ具合や乾燥度合いなどが変化しているので、クレンジングも、肌の状態に応じた洗浄力のものを選んであげないと、汚れが落としきれなかったり、肌が乾燥してしまったりするのです。

日焼け止めやメイク品をしっかりと使った日は、オイルタイプやジェルタイプなどの洗浄力が高いクレンジングで手早く落としたほうが、肌に負担をかけにくくなります。また、ナチュラルメイクで過ごした日や、乾燥が気になる日は、クリームタイプやミルクタイプなどの、しっとり感が高めのクレンジングを使いましょう!

日焼け止めやメイク品など、日によって異なるアイテムを使い分けている人は、それに応じたクレンジングをいくつか用意しておくといいですね。

保湿は『適量ずつをていねいに』がポイント! そのコツは?

化粧水を出している画像

汗や皮脂でベタついていると肌にうるおいがあると勘違いしてしまいがちですが、この時期の肌は紫外線のダメージや、エアコンの使用によって、じつは乾燥していることも多いのです。すると肌はうるおいを逃さないように過剰に皮脂を分泌するようになり、その結果テカってしまうことも。洗顔のあとはうるおいをしっかり補給することが、ベタつきやテカリを防ぐために欠かせないポイントです。肌の調子を保つための保湿のポイントをお伝えします。

〇少量ずつ重ねづけする

洗顔後に化粧水、乳液をなじませるとき、たっぷりと手にとって、一気になじませようとしていませんか? すると、肌の上で化粧品がいつまでも残ってしまい、ベタつきの原因となってしまいます。

化粧水や乳液は、1度にたっぷり手にとらず、肌にきちんとなじませることができる適量を小分けにして使っていくのがポイントです。例えば、ポンプ1プッシュ分が1回量だとしたら、最初はその半分量を手にとるイメージです。肌に伸ばしたら、手のひらでやさしく押さえるようにしてつけましょう。肌になじみきったら、もう1度、半分の量を重ねづけします。そうすれば、1度にたくさんつけるよりも、しっかりと肌になじませることができます。

〇肌が吸いつく音がしたらなじませ完了のサイン

化粧品を肌になじませることは、しっかりとうるおいを保つために大切ですが、肌になじんだ、ということが、どのような状態なのか、実際はわかりにくいかもしれませんね。

適量をていねいに重ねづけしたあと、ハンドプレスしたときに、手のひらが肌にヒタッヒタッと吸いつくような音がすれば、なじませ完了です。その音や感触がないうちは、まだ肌の上に化粧品が残っていて、しっかりとなじんだとは言えない状態です。手のひらでやさしく包み込むようにしてていねいになじませていきましょう。

〇保湿アイテムはスキップしない

お風呂上がりなど、汗をかいているときなどは、つい、化粧水だけをつけてスキンケアを終わりにしてしまう…ということはありませんか? また、乳液の油分が重たく感じて、美容液をつけて終了してしまう、ということも多いかもしれません。
保湿ケアの基本は、「水分と油分を十分に補うこと」なので、化粧水(水分)と乳液(油分)を両方使うことが、本来マストです。1品でお手入れが完了するように作られているオールインワン化粧品などの場合は異なりますが、化粧水のあと乳液を使う使用ステップの場合は、アイテムをスキップしないで正しく使うことが、肌のうるおいバランスを保つために大切です。

仕上げは『スキンケアパウダー』でサラサラにしよう!

ここまでで、「肌の状態に合った洗顔で肌を清潔にし、化粧水と乳液をしっかりと肌になじませることが、肌の水分と油分のバランスを整え、ベタつきにくい快適な肌にしてくれること」をお伝えしてきました。とはいえ、蒸し暑い夏は、少しでも肌がぬれていると不快に感じやすくなります。そこで、肌表面をサラサラに仕上げるなら「スキンケアパウダー」を使うのがおすすめです。

スキンケアパウダーは、スキンケア成分でできているので洗顔不要です。夜のスキンケアの仕上げに使い、そのまま寝てしまっても大丈夫です。

方法としては、スキンケアの最後に、スキンケアパウダーを肌につけていきます。パフに粉をとり、いったん手の甲にパフを軽く押しつけると、よぶんな粉が落ち、均一にパウダーを乗せることができます。パフはこすらずに、やさしく押さえるようにすると、パウダーがよれにくくなります。ベタつきやすいTゾーンなどは、パウダーを多めになじませておけば、長時間サラサラ感が持続しますよ。

スキンケアパウダーは、朝のメイクの仕上げにも使えますし、メイク直しのときにテカリをティッシュオフしたあとにつければ、サラサラ肌が復活します。

ベタつきやテカリがストレスになりがちな季節ですが、お手入れのポイントを見直して、サラサラとした快適な肌で過ごしてくださいね!

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    0

関連記事

  1. Beauty最先端の細胞培養技術で誕生! 世界初の「タマゴのプラセンタ美容液」でなめらか美肌に

    最先端の細胞培養技術で誕生! 世界初の「タマゴのプラセンタ美容液」でなめらか美肌に

    0
  2. Beauty手軽に集中ケア! ほてった肌、くり返す肌荒れにおすすめ。フェイスマスク2選 #Omezaトーク

    手軽に集中ケア! ほてった肌、くり返す肌荒れにおすすめ。フェイスマスク2選 #Omezaトーク

    0
  3. Beauty今、美容成分でコスメを選ぶ人が増えている!? SNSや業界で注目の美容成分「ナイアシンアミド」配合コスメ2つ #Omezaトーク

    今、美容成分でコスメを選ぶ人が増えている!? SNSや業界で注目の美容成分「ナイアシンアミド」配合コスメ2つ #Omezaトーク

    0
  4. Beauty整肌・毛穴の皮脂づまり・黒ずみ効果にどう? ドンキで見つけた洗い流すパックを検証してみた

    整肌・毛穴の皮脂づまり・黒ずみ効果にどう? ドンキで見つけた洗い流すパックを検証してみた

    0

Pickup