FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |ボディケア

イマドキ女子に人気のムダ毛処理方法は? 気になる脱毛の基本知識も合わせてご紹介!

Share
ムダ毛処理、脱毛アイコンのイラスト

プールや海で水着になったり、薄着になる機会が増える夏。やはり気になるのは「ムダ毛」ではないでしょうか? 手軽な自宅でのムダ毛処理がいいのか、それともプロに脱毛してもらうのがいいのか悩んでいる女性も少なくないはず。そこで今回は、 FYTTE公式Instagramのストーリーで行っているアンケートの回答をもとに、イマドキ女子のムダ毛事情から、知っておきたい脱毛の基本までご紹介していきます!

Contents 目次

7割以上の人が「ムダ毛が気になる」と回答!

インスタアンケートの回答結果

FYTTEの公式Instagramのアカウント内、ストーリーズで「自身のムダ毛が気になることがありますか?」とお聞きしたところ、「気になることがある」(112票、n=144)、「たまに気になることがある」(18票)、「ほとんど気になることはない」(9票)、「まったく気にならない」(5票)と、全体の7割以上の人がムダ毛を気にしていることがわかりました。

また、夏になると肌を露出する機会が増えますが、それによっていちばん気になることを「日焼け」「ムダ毛」「ニオイ」「体型」の4択で調査したところ、ここでもいちばん多くの票が集まったのは「ムダ毛」という結果に。脱毛やムダ毛処理は多くの女性が気になるテーマだけあって、FYTTEのフォロワーさんもやはり自身のムダ毛が気になると考えているようでした。

カミソリでムダ毛処理をする女性のイラスト

では、フォロワーのみなさんは実際にどのような方法でムダ毛を処理しているのでしょうか? ムダ毛のお手入れ方法についお聞きしたところ、「カミソリや電気シェーバー」(97票、n=157)、「除毛クリーム」(5票)、「脱毛テープやワックス」(1票)、「サロンやクリニックでの脱毛」(54票)となりました。

いちばん票を集めた「カミソリ」や「電気シェーバー」は、ムダ毛が気になったときに手軽に処理できますし、ムダ毛処理にかかる費用も比較的安く済むことが人気の理由なのではないでしょうか。

脱毛器のイラスト

その一方で、2番目に票が多かったのはサロンやクリニックでの脱毛という結果に。費用は多少高くなるものの、セルフでのムダ毛処理と比べて肌へのダメージも少なく、自己処理の手間もかからないというメリットがあります。
実際に脱毛サロンやクリニック等での施術の経験を調査したところ、「現在通っている」と回答した人が26%、「過去に通っていた」という人が34%、「通った経験はない」という人が48%と、約半数の人がサロンやクリニックでの施術を受けたことがあると回答。
「自己処理が面倒くさい」「剃り残しが気になる」といった悩みを抱える人には、脱毛サロン等での施術が人気のようですね。

とはいえ、「サロンとクリニックの違いって何?」「どんなメリットがあるの?」と思う人も多いはず。ということでここからは、サロンやクリニックで行う脱毛と家庭で行う脱毛との違いなどを、FYTTEの過去記事よりご紹介したいと思います!

知っておきたい「脱毛方法と機械の特徴」

脱毛サロンやクリニックのイラスト

★脱毛サロンの特徴
脱毛メニューを専門に扱っているエステサロンで、エステティシャンが脱毛の施術を行ないます。比較的お値段もお得で低価格キャンペーンや月額数千円から始められることで人気です。

★医療クリニック脱毛の特徴
国の認可を受けている医療機関のクリニックで行う脱毛。クリニックには医師がおり、施術も医療従事者が施術をおこないます。脱毛サロンに比べてお値段が高い印象がありますが、施術法が違うことが特徴です。

脱毛サロンと医療クリニックでの施術法の違いは?

脱毛レーザーを脚に当てているイラスト

脱毛サロン…光脱毛が主流でレーザーやニードルに比べてパワーは弱いことが特徴で、痛みは少なく毛根を破壊しないため除毛、減毛が目的である。パワーが弱いので施術回数が必要となり、コンスタントに通わなければいけない。

医療クリニック脱毛…レーザー脱毛やニードル脱毛が主流で脱毛パワーが強いことが特徴、強い痛みを感じるが毛根を破壊することで脱毛することが目的である。パワーが強いので脱毛サロンに比べて施術回数が少なく済むことも。

「脱毛サロンと医療脱毛の大きな違いは脱毛機器の出力の違いです。医療クリニックではレーザー脱毛やニードル脱毛は出力が強く、脱毛サロンやエステサロンで扱う光脱毛(フラッシュ脱毛)は出力が弱いことが特徴です。
個人によって毛の密度や濃さ、量に差があることはもちろん、毛の成長周期に対して施術照射ができれば毛にアプローチができるため脱毛効果やスピードにも違いがあるため、最初の段階で何回で毛がなくなる、減ると言い切れません。数回していく中で毛量の減り具合や生えてくるスピードなどを確認して回数を増やしていくといいですね」(美容家 寒川あゆみさん)。

自宅でできる脱毛機の特徴とは

カミソリ、脱毛器、ワックスのイラスト

「最近では自宅でできる家庭用脱毛機器も有名メーカーからたくさん販売されていますね。それらの多くは光脱毛(フラッシュ脱毛)機器が多いのですが、家庭用の出力となっているのでパワーが弱いことが特徴です。数年前に脱毛サロンや医療クリニックで脱毛し、施術回数も終わったけど少しだけ毛が生えてきた…という場合は家庭用脱毛機を使って処理するのがいいのかもしれません。

ほかにも、クリニックやサロンに通う予算が厳しい…、サロンに通うのも面倒という人も家庭用脱毛機器でムダ毛処理をしている人もいます。しかし、自分で照射するとなると体の部位によっては見えない、届かないしやりづらいということもあります」(寒川さん)。

いかがだったでしょうか? いろいろな脱毛方法がありますが、それぞれ施術工程が違うだけでなく、仕上がりや予算、施術回数もさまざまです。これから脱毛を考えている人は、サロンやクリニックの専門家に相談したりするなどして、ぜひ自分に合った脱毛方法を見つけてみてくださいね!

*アンケートについて
●調査対象: FYTTE公式Instagramのフォロワー
●調査方法:FYTTE公式インスタグラムにてアンケートを実施
●調査媒体:FYTTEweb
●調査期間:2022年5月29~2022年6月16日

文/FYTTE編集部

関連記事

  1. BeautyキレイなVラインを作るコツ! アンダーヘアのお手入れポイント「形・毛量・長さ」

    キレイなVラインを作るコツ! アンダーヘアのお手入れポイント「形・毛量・長さ」

    28
  2. Beauty妊活や介護など女性のライフステージにも大いに役立つ!? みんなが気になるVIOケア大調査

    妊活や介護など女性のライフステージにも大いに役立つ!? みんなが気になるVIOケア大調査

    38
  3. Beautyセルフケアでどこまでできる? 医師に聞くVIOケアの注意点

    セルフケアでどこまでできる? 医師に聞くVIOケアの注意点

    78
  4. Beauty人気のデザインは逆三角形やI型?! クリニックでのVIOゾーン医療脱毛をリサーチ!

    人気のデザインは逆三角形やI型?! クリニックでのVIOゾーン医療脱毛をリサーチ!

    47

おすすめの記事PICK UP