FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |ファッション

【着やせファッション】秋まで着まわし♡ 夏だけで終わらせない、マキシワンピースをすっきり着こなすコツ

Share
【着やせファッション】秋まで着まわし♡ 夏だけで終わらせない、マキシワンピースをすっきり着こなすコツ

猛暑のなか、快適に過ごせるファッションアイテムといえば、ワンピースですよね。1枚でコーディネートをほぼ完成させることができるのも、ワンピースのメリット。暑さで頭がぼーっとするからこそ、コーディネートを考えたくない! そんなときに助かるのがワンピースだったりもします。とくに、丈が長めの“マキシワンピース”いわゆるドレスワンピースは、リゾート感もあって、この夏活躍したという人も多いのでは。簡単便利、大人にぴったりのマキシワンピースを、夏だけで終わせてしまうのはもったいない! そこで今回は、秋まで着まわせる、マキシワンピースの着こなしのコツをご紹介します。

Contents 目次

インナー使いを極めよう

マキシワンピースは、原則“上から”何も重ねないように着るのがベストです。
長さがあるため、重ねるとコーディネートが重くなるし、せっかくのマキシワンピースの世界観も崩れてしまうので、マキシワンピースの重ね着は、メリットがないと言っても過言ではないのです。
そこで、マキシワンピースは、とにかくインナーを季節ごとにチェンジしていくのがおすすめです。
昨今のワンピースは、裏地がついておらず、別売りのものも多々ありますし、裏地と本体のワンピースがくっついておらず、分離できるものも多くあります。
こういったワンピースは、裏地、つまりインナーを季節ごとに変えるだけで、夏真っ盛りのときから、秋が深まってくる頃まで着られるのです。

例えば、真夏は吸湿速乾のインナーにして、晩夏は薄手の防寒インナーにチェンジ。いずれも丈が長めのワンピース型で、ストラップの調節が可能なものにするのがポイントです。
インナー使いを工夫するだけで、本体のマキシワンピースの素材に振りまわされずに、シーズンシフトができます。

インナーワンピースは、必ずひざ下まであるロング丈を。短すぎると服にラインがひびいたり、足さばきが悪くなります。

小物を味方に季節をチェンジ

マキシワンピースほど、小物が活きるものはないかもしれません。
小物次第で、いろいろなイメージを作れるから、同じマキシワンピースなのに、さまざまな顔が作れるので、飽きもこない。だから意外と“モトとれ服”(元がとれる服)でもあるんですよ。

靴であれば、真夏はミュールやトングサンダルなど、いかにも「夏!」な靴をはいた着こなしを楽しむ。秋が近づくにつれて、足もとの露出を徐々に減らしていく靴を選んでいきます。
例えば、グルカサンダルやファーのついたサンダル。さらに秋が深まると、ブーツといった感じです。

そして帽子。トレンドのバケットハットなら、真夏はラフィア素材を選んで、夏らしさ満載の着こなしを。秋が近づく、深まるにつれて、キャンバス地、パイル地、ボアとシフトしていきます。
目線に入りやすい帽子は、季節感を出しやすく、縦の面積を足す効果もあるので、着やせ効果もありますよ。

お手持ちのワンピースを、秋まで活躍させてみてはいかがでしょうか? ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

  1. Beauty似合う服&着たい服がない! そんな大人の服選び成功の極意<その3>「“一生もの”ってどんなもの?」

    似合う服&着たい服がない! そんな大人の服選び成功の極意<その3>「“一生もの”ってどんなもの?」

    0
  2. Beauty季節の変わり目ってむずかしい! 今どきの春の「何を着ればいい?」を解決“寒暖差対策コーデ”の作り方

    季節の変わり目ってむずかしい! 今どきの春の「何を着ればいい?」を解決“寒暖差対策コーデ”の作り方

    0
  3. BeautyGW連休で完結♡ このまま実践するだけすっきりクローゼットが完成! 衣替え成功スケジュール【後編】

    GW連休で完結♡ このまま実践するだけすっきりクローゼットが完成! 衣替え成功スケジュール【後編】

    0
  4. BeautyGW連休で完結♡ このまま実践するだけですっきりクローゼットが完成する! 衣替え成功スケジュール【前編】

    GW連休で完結♡ このまま実践するだけですっきりクローゼットが完成する! 衣替え成功スケジュール【前編】

    0

おすすめの記事PICK UP