FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |メイク

今年の秋冬はセミマット肌がトレンド!? クッションファンデ3選

Share
クッションファンデ3選

肌の色や質感をきれいに見せるメイクアイテムといえば「ファンデーション」。さまざまなタイプがあり、薄づきで自然な感じ、ツヤ、カバー力など仕上がりもそれぞれです。今回は美容ライターの筆者が今年の秋冬におすすめのファンデーションについてご紹介します。

監修 : 寒川 あゆみ (美容家)

大阪谷町九丁目エステサロンprivate salon Laule'a代表。自身のコンプレックスから美容、エステティックの道へ。サロン業の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。

Contents 目次

季節ごとにファンデーションを変えるのがおすすめ!

1年中同じファンデーションを使っている人も多いのではないでしょうか?
季節ごとに肌の色や質感も変化しているので、肌に合わせてファンデーションも変えるのがおすすめです。

各ファンデーションの特徴をおさらいしてみましょう!

〈パウダーファンデーション〉
粉状のファンデーションが固まったものです。
付属のパフやスポンジでサッと使いやすく、メイクが苦手な人でも簡単に使えます。
サラッとしたつけ心地が特徴で毛穴やニキビ跡、色ムラをカバーすることができますが、アイテムによって乾燥っぽさを感じることもあります。

〈クッションファンデーション〉
スポンジに液体タイプのファンデーションが含まれています。
下地機能や美容成分が含まれているものも多く時短メイクになる、保湿力、ツヤ、カバー力があります。
アイテムによってベタつきが気になる、好みによってツヤっぽさが苦手などがあるほか、専用のスポンジを使って押すように塗ることがコツです。

〈リキッドファンデーション〉
水分も油分も多く含む液体状のファンデーションです。(クッションファンデーションよりも油分が多め、かためのテクスチャーです。)
伸びがよく保湿力が高い。毛穴やニキビ跡、色ムラ、シミなどのカバー力もあります。
手で塗るよりもスポンジやブラシを使うほうがムラなくきれいに仕上がります。

〈クリームファンデーション〉
油分を多く含むクリーム状のファンデーションです。
リキッドタイプよりもこっくりしていて保湿力、カバー力が高いです。
しっとり感が長時間続きますが油分が多いのでテカリやすさもあります。
塗りすぎるとムラや厚塗り感が出やすいのでスポンジやブラシで少量を伸ばすように塗るのがおすすめです。

季節ごとの肌の特徴は?
ファンデーションには〈春夏用〉〈秋冬用〉にわかれているものもあります。
季節の特徴として、春夏は紫外線量が高まるためUV機能が高めのもの。また、汗ばみやすいためベタつきにくくサラッとした仕上がりのものが多いです。
秋冬は乾燥しやすいためしっとりとした仕上がり、カバー力のあるものが多いです。

・秋は夏の紫外線を浴びて日焼けしたくすみっぽさ、エアコンによる乾燥、季節の変わり目などから水分が多くうるおいのある仕上がりの〈クッションタイプ〉〈リキッドタイプ〉がおすすめです。
・真冬の乾燥が気になる場合は保湿力の高い〈クッションタイプ〉〈リキッドタイプ〉〈クリームタイプ〉へと変えるのもよいです。
・冬から春はマットで重い印象〈リキッドタイプ〉〈クリームタイプ〉から明るく透明感のある軽い印象〈パウダータイプ〉〈クッションタイプ〉〈リキッドタイプ〉へと変えるのがおすすめです。

秋冬におすすめクッションファンデーション3つ

ヒンス セカンド スキンメッシュ マットクッション

今回は、うるおいもあり、薄づきなのに肌がきれいに見えると人気の「クッションタイプ」。今年の秋冬におすすめの3つをご紹介します。

ひとつ目はカバー力抜群の「ヒンス セカンド スキンメッシュ マットクッション」(SPF40、PA++)です。
一般的なクッションファンデーションはクッションスポンジにファンデーションが含まれていますが、このクッションファンデは表面にメッシュが覆われているので薄づき、きめ細かな仕上がりになることが特徴です。

ヒンス セカンド スキンメッシュ マットクッションを手の甲に使用する

肌になじませるとシルクベールのような質感、密着力、カバー力があります。

ヒンス セカンド スキンメッシュ マットクッションをフェイスに使う

顔に使うと、赤みやクマ、色ムラ、毛穴もしっかりカバーでき、セミマットな仕上がりになります。

キスミー フェルム クッションワンダーラスト

2つ目はツヤっぽさの演出ができる「キスミー フェルム クッションワンダーラスト」(SPF42、PA+++)です。
このファンデーションは美容液のようなみずみずしさで、メッシュ層が2重になっているのでたくさんとりすぎず適度な量をとり出しやすいです。

キスミー フェルム クッションワンダーラストを手の甲に使う

肌になじませると薄づきでうるおいとツヤがあります。

キスミー フェルム クッションワンダーラストを顔に使う

肌になじませてもつけ心地が軽く、うるおい、ツヤのある質感なので素肌っぽい仕上がりになります。

ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッション

3つ目はうるおいもカバー力もあり「ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッション」(SPF40、PA++++)です。
メイクしながら肌サポートができるようにビタミンCをはじめとするスキンケア成分96%配合のクッションファンデです。

ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッションを手の甲に使う

うるおい、トーンアップ、カバー力があります。

ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッションを顔に使う

うるおい、ツヤっぽさもありながら赤み、色ムラ、毛穴などもしっかりカバーされる仕上がりになります。

3つのアイテムを手の甲に使用した比較画像

【まとめ】
〈つけ心地や仕上がり面〉
つけ心地が軽く、ナチュラル派な人は「キスミー」「ベアミネラル」、しっかりカバー力がありベースを強化したい人は「ヒンス」がおすすめです。

3つのアイテムを顔に使用した比較画像

〈質感面〉
うるおい、ツヤっぽさが欲しい人は「キスミー」「ベアミネラル」、マットな感じがよい人は「ヒンス」がおすすめです。

その年によってトレンドの質感も異なりますが、今年は「セミマット」な質感が多めな印象です。ベースはマット肌でほおのトップにツヤを出したい場合などは、ラメ感のあるチークやハイライトなどを部分使いするのもありです。
ぜひ、ファンデーション選びの参考にしてみてください。

関連記事

  1. Beautyハリ不足の肌におすすめ! みずみずしいから夏でも心地よく使える。ジェリー状美容液が気持ちいい #Omezaトーク

    ハリ不足の肌におすすめ! みずみずしいから夏でも心地よく使える。ジェリー状美容液が気持ちいい #Omezaトーク

    0
  2. Beauty昨年バズった「乾燥さん」の部分用クリームをお試し! すーっと伸びる質感にハマる予感♡#Omezaトーク

    昨年バズった「乾燥さん」の部分用クリームをお試し! すーっと伸びる質感にハマる予感♡#Omezaトーク

    0
  3. Beautyキレイで居続けるには“やらなくちゃ”と思わない! 美容は楽しむものだから。~美容家・小林ひろ美さん流「メリハリ美容のコツ」Vol.3~

    キレイで居続けるには“やらなくちゃ”と思わない! 美容は楽しむものだから。~美容家・小林ひろ美さん流「メリハリ美容のコツ」Vol.3~

    0
  4. Beautyエイジングケアは40代から。30代は美白ケアに注力! 「いまだからこそわかる」年代別ケア~美容家・小林ひろ美さん流「メリハリ美容のコツ」Vol.2~

    エイジングケアは40代から。30代は美白ケアに注力! 「いまだからこそわかる」年代別ケア~美容家・小林ひろ美さん流「メリハリ美容のコツ」Vol.2~

    0

おすすめの記事PICK UP