FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

切って炒めるだけ! 歯応え抜群「えのきとピーマンのピリ辛炒め」 #今日の作り置き

Share
えのきとピーマンのピリ辛炒め

今回は、ピーマンとえのきたけの歯応えを楽しめる「えのきとピーマンのピリ辛炒め」をご紹介! ピリっとした辛さがほどよく効いて、おいしいですよ♪

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「えのきとピーマンのピリ辛炒め」

【材料】(2~3人分)
ピーマン 3個
えのきたけ 1パック(200g)
ツナ缶 1缶
◎しょうゆ 大さじ1
◎オイスターソース 大さじ1/2
◎みりん 大さじ1
◎輪切り唐辛子 小さじ1
ごま油 小さじ1
白いりごま 適量

【作り方】
(1)ピーマンは半分に切って種とわたをとり、縦に細切りにする。えのきは石づきをとり、長さを半分に切りほぐす。
(2)フライパンにごま油を熱して、ピーマンとえのきたけを入れて炒める。しんなりとしたら◎の調味料と汁気を切ったツナ缶を加えてさらに炒める。
(3)火を止め、白いりごまをふる。

【ポイント】
・辛いのが苦手な人や子どもには、唐辛子抜きでお試しください。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

ピーマンに豊富に含まれるビタミンCは免疫力アップや、コラーゲンの合成をうながして美肌作りに役立つといわれています。
ピーマンのビタミンCは熱に強いので、加熱しても損失が少なく、効率的に摂取することができます。

また、ピーマンは繊維と直角に切ると細胞が壊れて栄養成分が流れ出やすいので、繊維と平行に(縦に包丁を入れて)切るのがオススメです。

えのきたけには食物繊維が豊富なので、お腹の調子を整える働きがあります。低カロリーで歯応えがあるので、ダイエット中にもオススメの食材です。

ツナ缶はオイル漬け・水煮タイプどちらでも大丈夫ですが、カロリーが気になる人は水煮タイプがオススメですよ!

関連記事

  1. Diet高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    0
  2. Diet美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    0
  3. Diet手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    0
  4. Diet夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    0

おすすめの記事PICK UP