FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

ほどよい苦みが美味! ご飯のお供に「ゴーヤの佃煮」 #今日の作り置き

Share
ゴーヤの佃煮

今回は、夏におなじみ、ゴーヤを使った作り置きです。ゴーヤの苦みがアクセントになって、食欲がないときもご飯が進むこと間違いナシ! ぜひ、試してみてくださいね♪

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「ゴーヤの佃煮」

【材料】(作りやすい分量)
ゴーヤ 1本
◎しょうゆ 大さじ2
◎砂糖 大さじ2
◎みりん 大さじ1と1/2
白いりごま 適宜
かつお節 適宜

【作り方】
(1)ゴーヤは縦半分に切って種とわたをとり、薄切りにする。
(2)鍋に◎の調味料と(1)を入れて火にかける。煮立ったら弱火にして汁気がほとんどなくなるまで10〜15分煮る。

【ポイント】
・苦みが気になる場合は下ゆでしてから調理してくださいね。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

ゴーヤの苦みは、モモルデシンという成分によるもので、胃腸を刺激して胃液の分泌をうながし、食欲増進に役立つといわれています。

わたの部分はあまり苦みがないので、きれいにとり除かなくて大丈夫です。苦みが苦手な人は、先にゴーヤを下ゆでしておくと食べやすくなります。

佃煮は食べ過ぎると塩分過多になってしまうので注意ですが、夏場に食欲が落ちてしまったときに、オススメです。ゴーヤの苦みがアクセントになりご飯が進むおいしさですよ!

ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

  1. Diet高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    高たんぱくがうれしい♪ レンジで簡単に作れる「鶏ささみとわかめのごま和え」 #今日の作り置き

    0
  2. Diet美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    美腸&美肌に♪ 小麦粉不使用の「梅しそ風味のおからナゲット」 #今日の作り置き

    0
  3. Diet手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    手軽にたんぱく質をプラス!「鶏ささみのぺペロンオイル煮」 #今日の作り置き

    0
  4. Diet夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    夏の暑さで疲れた体に!「フレッシュトマトとえびの冷製スープ」 #今日の作り置き

    0

おすすめの記事PICK UP