FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

フライパンで10分、ジューシーに! 「焼きれんこんのカレーマリネ」 #今日の作り置き

Share
焼きれんこんのカレーマリネ

カレー風味がおいしい、マリネです! れんこんはじっくり焼くことがポイント。甘みがアップしてとってもおいしくなりますよ♪

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「焼きれんこんのカレーマリネ」

【材料】(3~4人分)
れんこん 300g
◎酢 大さじ1
◎しょうゆ 小さじ2
◎砂糖 小さじ1
◎カレー粉 小さじ1
サラダ油 大さじ1

【作り方】
(1) れんこんは皮をむき、8mm幅の半月切りにする。ボウルに◎の調味
料を入れて混ぜ合わせる。
(2)フライパンにサラダ油を熱し、れんこんを並べ入れて両面に焼き色がつくまで中火で5分ずつ焼く。
(3)焼けたら(1)のたれにからめる。

【ポイント】
・れんこんはあまり動かさないようにして、じっくり焼くのがポイントです。
・カレー粉の量はお好みで小さじ2ほどまで増量可能。量を増やすとよりスパイシー!
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

れんこんはビタミンCが豊富なので、免疫力アップや美肌づくりに役立ちます。

ビタミンCは水溶性で水に溶けやすい栄養素ですが、でんぷんに守られているため加熱しても損失が少ないといわれています。

れんこんは変色を防ぐために水にさらす場合もありますが、すぐに使う場合にはさらさなくても大丈夫です。

変色の原因となるのはれんこんに含まれるポリフェノールですが、これは強い抗酸化作用をもっているので動脈硬化を防ぎ、生活習慣病を予防するのに役立ちます。

れんこんはじっくり焼くことで、素材の甘みが増してとてもおいしくなります! ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

  1. Diet冷蔵庫にある調味料でできる! 「里いものめんつゆバター」 #今日の作り置き

    冷蔵庫にある調味料でできる! 「里いものめんつゆバター」 #今日の作り置き

    19
  2. Diet冷え性対策&デトックスに! 「豚肉とごぼうのポカポカしょうがスープ」#今日の作り置き

    冷え性対策&デトックスに! 「豚肉とごぼうのポカポカしょうがスープ」#今日の作り置き

    10
  3. Diet10分で完成! じゅわっとうま味がにじみ出る「ミニトマトのオイスターソース煮」 #今日の作り置き

    10分で完成! じゅわっとうま味がにじみ出る「ミニトマトのオイスターソース煮」 #今日の作り置き

    27
  4. Diet10分でカンタン! 下味をつけて焼くだけ「ゆずこしょうチキン」

    10分でカンタン! 下味をつけて焼くだけ「ゆずこしょうチキン」

    79

おすすめの記事PICK UP