FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |食べる

スペイン・バルセロナのヴィーガン専門店の「ベジー・バーガー」をレポート

Share
バルセロナのヴイーガン店の「ベジーバーガー」

スペイン料理というと、パエリア、アヒージョなどをイメージするかもしれませんが、
最近はスペインでもベジタリアンが増えてきています。その中でも多いのが、動物性たんぱく質を一切とらず、卵・乳製品・バター・はちみつ・ゼラチンも摂らない「ヴィーガン」です。スペインの第2の都市バルセロナでも2016年頃からヴィーガンが増えていて、ヴィーガン料理のカフェやレストランの数も増えてきています。今日はその中でも人気店、中心部カタルーニャ広場から歩いて10分の「Quinoa Arago Vegetarià(キノア・アラゴ・ベヘタリア)」をご紹介しましょう。

Contents 目次

ヴィーガンのオーナーが考案した「ベジー・バーガー」

ヴィーガン店「キノア・バル・ベヘタリア」

オーナーはミラノ出身のイタリア人のマルコさん。イタリアで修業し、パスタが専門でもともとはミシュランの星付きレストランで働いていた経歴の持ち主。2007年にバルセロナに移住し、市内の有名レストランで料理長として働いた後、2013年にバルセロナ市内のグラシア地区に一号店の「 Quinoa Bar Vegetarià」(キノア・バル・ベヘタリア)をオープンしました。

現在では健康食に詳しい人には当たり前のように知られる雑穀「キヌア(スペイン語でキノア)もオープン当時はあまり知られておらず、まずは「キヌアって何?」というところから「ヴィーガンって何?」ということを広めたかったのだそうです。マルコさん自身もヴィーガンで「昔は家で食べるか、外食だと野菜の多いインド料理屋さんに行くしかなかったのでこんなお店が欲しかったんだ」とのこと。

キノア・バル・ベヘタリアの店内の様子1,2

そして、昨年2017年の初めに二号店である「Quinoa Aragó Vegetarià」を中心部にオープン。客層は20~35歳で、外国人と現地のスペイン人の割合は半々だそう。その中でも人気のメニューが「Vegggie Burger(べジー・バーガー)」。他のヴィーガン料理のお店でも最近人気のメニューですが、ここのべジー・バーガーは本来のお肉のパティの部分は「キビ」でできています。それにカブ、ヴィーガンソース(豆乳とひまわり油で作ったマヨネーズ)レタス、フェンネル(ハーブ)、赤キャベツ、ナス、小さいキュウリのピクルスなどが日替わりで入っていて、あっさりとしていますが、普通のハンバーガーのようにボリュームがしっかりあります。

ヴイーガン料理のかずかず

バルセロナに遊びに来たときは、このヘルシーなべジー・バーガーをぜひ試してみてくださいね。

Quinoa Aragó Vegetarià
Carrer d’Aragó 209, Barcelona
931-176-009
Instragram: @quinoa.arago.veg

 

 

写真・文/中森有紀、ホリ・コミュニケーション

関連記事

  1. Dietおいしくヘルシーな大豆&オーツ麦の植物性ミルク「畑うまれのやさしいミルク」#Omezaトーク

    おいしくヘルシーな大豆&オーツ麦の植物性ミルク「畑うまれのやさしいミルク」#Omezaトーク

    0
  2. Lifestyleニューヨークで自家製納豆を製造販売!? その意外なおいしさにアメリカでもファン急増中!

    ニューヨークで自家製納豆を製造販売!? その意外なおいしさにアメリカでもファン急増中!

    72
  3. Diet【東京・神田】食の都ポートランド発!国内唯一のワインが飲める、話題のエシカルレストランOPEN!

    【東京・神田】食の都ポートランド発!国内唯一のワインが飲める、話題のエシカルレストランOPEN!

    74
  4. Lifestyleベジタリアンでも肉を食べる!? 「シーンに応じて柔軟に」が長続きの秘訣

    ベジタリアンでも肉を食べる!? 「シーンに応じて柔軟に」が長続きの秘訣

    31

おすすめの記事PICK UP