FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |食べる PR

Kellyさんと優木まおみさんのルーティン食とは? キレイのために「これだけはハズせない!」と意気投合したビタミンCのとり方

Share
Kellyさんと優木まおみさんのルーティン食とは? キレイのために「これだけはハズせない!」と意気投合したビタミンCのとり方

健康的な美ボディで話題を集めているモデルのKellyさんと、タレントで身体美容家の優木まおみさん。どこまでも進化を続けているおふたりは、健康的なボディ作りには運動だけでなく、毎日口にする食べ物の両面からアプローチする必要がある、と考えているようです。とくに体の中から磨きをかけるために欠かせない栄養素とは? 日々ルーティンにしている運動や食事についてのおふたりのトークから、キレイをキープする秘密を探りましょう。

Contents 目次

忙しくても欠かせない! キレイを保つための運動&食習慣

Kellyさん
優木さんはピラティスインストラクターとしても活躍されていますよね。私も体を動かすことは大切だと思っていて、長年キックボクシングや筋トレのほか、ヨガやランニングのような有酸素運動を続けています。コロナ禍になってレッスンを受ける回数は減ってしまったけれど、自主トレも含めて週2~4回は体を動かしている感じです。
優木さん
自主トレできるなんて素晴らしい…! 私は、自分ひとりではなかなかトレーニングできないタイプ。ピラティスにハマったのが自分でも意外なぐらい、それまで運動らしい運動はしてこなかったんです。でも、体を動かすと体調がよくなるんですよね。そのことに気がついてからは、5年前から始めたピラティスは、私の大事な習慣のひとつになっています。ただ、やっぱり自分だけではさぼり気味に…(笑)。それもあって今はオンラインサロンを開き、インストラクターとしてみんなと一緒にレッスンしている形です。

Kellyさん
運動後、疲れをためたくないから、私はお風呂に入った後、寝る前にストレッチをして、よく眠れるように瞑想をとり入れたり、自分の時間を作るようにしています。優木さんは、トレーニング後、どのようにリカバリーをしていますか?
優木さん
年齢的にもリカバリーのスピードが気になるし、体幹の筋肉を作る意味からも運動後にとる栄養素は気にしています。
Kellyさん
そうですよね。私もできるだけ体にいいものをとり入れたいと思っています。まず大切なのが、たんぱく質。いい筋肉を育てる意味からも上質なたんぱく質は欠かせません。あとはビタミンCですね。たんぱく質とビタミンCを一緒にとると筋肉の合成を助けてくれるんです。

意識してとり入れたい栄養素「ビタミンC」

優木さん
ビタミンCって万能なビタミンですよね。紫外線を浴びた後にとるといいとか、体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」が強いという話もよく耳にします。あとは、疲れたときや免疫力アップにも。ビタミンCは美容や健康には欠かせないイメージがあります。
Kellyさん
でも、ビタミンCって私たちの体で作ることができない栄養素なんですよね。体にためておけないからこまめにとらないといけないし、運動中は汗で失われてしまう…。だから、私は1日に必要な栄養を摂取するためにも、昔から好きなスーパーフードにも注目しています。
優木さん
スーパーフードって、なんだかかっこいいですね!
Kelly さん
スーパーフードが好きでスーパーフードマイスターの資格まで取得したくらい。ビタミンCを含むスーパーフードをとると、体がいい感じに変化している実感があります。
優木さん
具体的にはどんな変化ですか?
Kelly さん
私、もともと太りやすい体質で、20代のころは今よりもだいぶぽっちゃり。おまけに運動も嫌いで、今みたいに体を習慣的に動かすこともなかったんです。食事制限のダイエットをしてもストレスで続かなくって、いったい何を食べればいいか悩んでいたときに気がついたのが食の大切さです。
水をこまめにたっぷり飲んで、ビタミンなどの栄養素を含む野菜などをたくさん食べる。いいものを食べていると体は正直に答えてくれて、それまで悩んでいたむくみや便秘が改善されて、お肌の調子もよくなりました。20代のときよりも30代のほうが、コンディションがいい。今がベストな状態だと感じています。
優木さん
私も40歳を超えたぐらいから食の大切さを再認識しています。例えば、体が疲れたら、よく寝たり、お風呂入ったりして解消しようとするけれど、結局、食事がちゃんとしてないとダメ。胃腸に負担をかける食事は、結局体にとってストレスになる、と感じることがあります。美容と健康のためにも、普段から口にするものにこだわるって、基本中の基本ですよね。

レモン34倍のビタミンCを含むアセロラ

Kellyさん
さっき、スーパーフードに注目しているとお話しましたが、私がよくとり入れているものが、私が生まれたブラジルではおなじみのアセロラなんです。ビタミンCが豊富で、その量はレモンの34倍に相当するほどたっぷり含まれています。
優木さん
アセロラって赤い色をした果実ですよね?
Kellyさん
この赤い色は、抗酸化作用があることで知られるポリフェノールの色。最近では冷凍の果実が手に入るようになったので、スムージーに入れたり、スイーツにしたりして日常的にとり入れています。
優木さん
美容や健康には欠かせないビタミンCとポリフェノールが、アセロラで同時にとれるんですね。
Kellyさん
子どものころから、日差しをたくさん浴びたり、疲れたり、体調を崩したりしたときは、ビタミンCをたくさんとったほうがいいと、お母さんに言われて育ってきました。そんなときにもビタミンCたっぷりのアセロラが身近にあると助かります。

▶▶美容や健康に欠かせないビタミンCを手軽にとれる「アセロラ」について詳しくチェック!

手軽にアセロラをとるなら、ドリンクもおすすめ!

優木さん
アセロラっていうと、私がまず思い浮かべるのが「ニチレイ」のこのドリンク。私が小さいころからあるので、このアセロラのドリンクは有名ですよね。
Kellyさん
ブラジルでのスーパーでは、アセロラは当たり前のように売られていて、私も小さいころから慣れ親しんだ味です。私にとっては身近な食材だったので、日本でもこうして気軽にアセロラが飲めるのがすごくうれしい!
優木さん
甘酸っぱくて、私の子どもも好きな味! うちの子たちは野菜が苦手だから、いろんな形でビタミンCをとってほしい。すっきりした甘さと酸味があってリフレッシュできるので、気分を切り替えたいときにいいですね。暑い日はもちろん、少し寒い日は電子レンジでチンしてもよさそう。のどの渇きをうるおすのはもちろん、これからの紫外線が気になる季節にも飲みたいです。

日本でアセロラドリンク言えばこれ、「ニチレイ アセロラリフレッシュ」。
太陽の恵みをたっぷり浴びて育った高品質のアセロラを使用。アセロラ果実由来100%の天然ビタミンCのおいしさがギュッと詰まった、甘酸っぱいおいしさと、すっきりした飲み口がうれしい、今年誕生37周年を迎えるロングセラーです。

ニチレイ アセロラリフレッシュ(栄養機能食品) 430ml ¥176(編集部調べ)

Kellyさん
一時期、ストイックにボディメイクにとり組んでいた時期があったのですが、自分を追い込みすぎて、メンタルがつらくなって結局続かなかったんです。今は完璧を目指すのではなく、7割できたらOK。健康や美容のため、とストイックになってやるとストレスになるから、運動も食習慣も自分の無理のない範囲で楽しみながら続けることが大事ですよね。
優木さん
おいしいドリンクなら、とても手軽にアセロラを生活にとり入れられそうですね。

Kelly
ブラジル・サンパウロ出身。抜群のプロポーションの持ち主で、数々のファッション誌やショーに出演。スーパーフードにも詳しく、アセロラ親善大使としても活動中。特技は料理。趣味はワークアウト、キックボクシング、ヨガなど。フィットネスに関しても詳しい。

優木まおみ
タレント、身体美容家。1980年、佐賀県生まれ。タレント、モデルとして各メディアに出演するかたわら、身体美容家、ピラティスインストラクターとしてワークショップを開催するなど、活動の幅を広げている。プライベートでは二児の母。

 

撮影/山上 忠 ヘアメイク/Kellyさん・森 ユキオ<ROI> 優木まおみさん・室橋祐紀<ROI> スタイリスト/優木まおみさん・武者こずえ 取材・文/平川 恵

優木まおみさん衣装協力 トップス/MEYAME(tel.03-5486-8009)パンツ/ALDRIDGE(tel.03-5722-5031)

協力/ニチレイフーズ

関連記事

  1. Diet4日間で体重-3kg! ファスティングに最適な「ヨーグルト」の選び方

    4日間で体重-3kg! ファスティングに最適な「ヨーグルト」の選び方

    169
  2. Beautyエイジングケア効果にプロが絶賛!ヘアビューザーに続く、注目の次世代ドライヤーBEST3

    エイジングケア効果にプロが絶賛!ヘアビューザーに続く、注目の次世代ドライヤーBEST3

    95
  3. Beautyびっくりするほど小顔に近づける!ヘアメイクアーティスト推薦ドラッグコスメ3選

    びっくりするほど小顔に近づける!ヘアメイクアーティスト推薦ドラッグコスメ3選

    47
  4. Dietフライパンでたった3分! 「小松菜のオイル蒸し」 #今日の作り置き

    フライパンでたった3分! 「小松菜のオイル蒸し」 #今日の作り置き

    79

おすすめの記事PICK UP