FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    205

 

寝つきがよくなる「骨盤を開く脱力ストレッチ」

「骨盤は、自律神経の働きによって1日の周期で開閉をしています」と、八木さん。

「日中、仕事で考えごとをしているときなどは交感神経(緊張モード)が優位になり、骨盤は閉じています。そして、夜、寝る時間に向けて副交感神経(リラックスモード)が優位になっていくと骨盤が開き、眠りに入ります。

ベッドに入ったのに、今日のできごと、明日やらなければいけないことが頭をめぐって、眠れないことはないでしょうか。そうすると交感神経が働いて骨盤が開いていかないので、なかなか寝つけなくなります」

寝つきをよくするには、骨盤周りの緊張をほぐすストレッチをするとよいそう。

「眠れないときは、骨盤を開く脱力ストレッチでリラックスしましょう。副交感神経が働き、眠りに入りやすくなります」

やり方は、こちら!

《やり方》

仰向けに寝ます。左右の足裏を合わせ、脚でひし形をつくります。

仰向けに寝ます。左右の足裏を合わせ、脚でひし形をつくります。
腕は自然に伸ばしてリラックス。
完全に脱力をして、心地よく感じるまでキープして。脚の重みで骨盤がだんだん開いていきます。

<さらに骨盤周りのストレッチ効果を上げるには…>

足の位置をお尻に近づけるほど、負荷が上がります。

足の位置をお尻に近づけるほど、負荷が上がります。自分が一番心地よく感じるところはどこか、足を動かして探してみて。呼吸は自然でOK。脱力してリラックスしましょう。

グイグイと自分で力を入れて伸ばすのではなく、体の重みでストレッチするのがポイント。かたくなった筋肉をほぐして寝れば、翌朝スッキリと起きられます。なかなか寝つけない夜に、試してみて。

 

 

撮影/山上忠 ヘア&メイク/斎藤節子 取材・文/掛川ゆり

八木 知美

八木 知美

女性専用パーソナルトレーニングサービス『Torana Body Making』の監修者兼トレーナー。モデル、イベントのMC、情報番組のキャスターとして活躍。その後、全米ヨガアライアンスのプログラムを学び、シドニーのフットネス専門学校でCertificate III in Fitness とAEDの資格を取得。現在、オーストラリアと日本にて、ヨガとフィットネスを教えている。

Torana Body Making
Instagram

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    205

関連記事

  1. Fitness寝起きのだるさ解消! シャキッと目覚める朝のダイナミックストレッチ

    寝起きのだるさ解消! シャキッと目覚める朝のダイナミックストレッチ

    154
  2. Fitness後ろ姿に年齢が出てない? 背中を引き締める耐筋トレーニングの方法

    後ろ姿に年齢が出てない? 背中を引き締める耐筋トレーニングの方法

    270
  3. Fitness器具いらず! 自重で効率よく全身やせできる耐筋トレーニング

    器具いらず! 自重で効率よく全身やせできる耐筋トレーニング

    185
  4. Fitness耐筋(たえきん)エクサで上向きヒップ&ぺたんこお腹を手に入れる!

    耐筋(たえきん)エクサで上向きヒップ&ぺたんこお腹を手に入れる!

    122

Pickup