FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |女性ホルモン

もれない? 紙ナプキンよりもずっと快適? フェムケアアイテムをテーマにしたおしゃべり座談会を経て、編集部が「吸水ショーツ」について改めて考えてみた!

Share
フェムケアアイテムと女性の手のイラスト

多くの女性が長年つき合う「生理」。「生理」はプライベートなことという意識が強いため、不安や悩みがあってもなかなか人に話せない人も多いのではないでしょうか。FYTTEの会員制コミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」では、「生理とフェムケアアイテム」をテーマに、参加者のみなさんと編集部員とで考えていくオンライン座談会を開催しました。座談会レポート第2弾の今回は「吸水ショーツ」について。参加者のみなさんのコメントやFYTTE編集部員の体験を踏まえた素直な感想をレポートしていきます!

Contents 目次

「フェムケア」って何?

ダイエット・ビューティ・フィットネス・ヘルスケア分野で活躍するオピニオンリーダー13名とFYTTE編集部員が2022年に流行を予測する「FYTTEヘルスケアトレンド2022」では、注目キーワードのひとつに「フェムケア」をあげています。フェムケアとは、最新のテクノロジーを使わずとも、身近な商品やサービスで女性特有の健康課題を解決すること、自分の体を大切にしようと意識することです。

たとえば多くの女性がふだんから使用している生理用品やデリケートゾーンケア用品も、こうしたフェムケアアイテムのひとつです。今、吸水ショーツや月経カップなど、新しいフェムケア商品が注目を集めていますが、「実際どうやって使うの?」「どんな使い心地なの?」といった疑問を持つ人も少なくないはず。

そこでFYTTEの会員制コミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」では、「生理とフェムケア」をテーマにしたオンライン座談会を開催。参加者のみなさんと編集部員とで、ずばり生理のお悩みについて考えていきました。今回は、今だんだんと認知度が上がってきている「吸水ショーツ」について、改めて考えてみました。

●座談会に参加した編集部メンバー

水谷:

数年前に月経カップと吸水ショーツをお試し。とくに月経カップが肌に合うと感じ、以来、月経カップを使用。生理中でも運動がしやすいという点が、最大のメリットと感じている。

鈴木:

通常の紙ナプキンを使ってきたが、最近フェムケアの商品がいろいろと出てきているということもあり、吸水ショーツをお試し中。月経カップには抵抗あり。

森下:

月経カップの使用にザセツ経験あり。最近では更年期に入って経血の量も減ってきたことから、紙ナプキンで満足していたが、ここ数か月、吸水ショーツを試している。

「生理」という大きなテーマのもとで開かれたオンライン座談会。前回は「月経カップ」についてレポートしましたが、今回は「吸水ショーツ」について。最近耳にするようになり、いろいろなメーカーからも発売されつつある吸水ショーツですが、実際はどんな使い心地なの? 失敗談は? どんなメリットがあるの? といったことを参加者のみなさんとシェアしながらお話していきます。

ニオイなどの不快感は? 気になる吸水ショーツの使い心地

ピンクのショーツをはいた女性のイラスト

鈴木
吸水ショーツは、本当にいろいろなメーカーから発売されるようになりましたね。森下さんは現在吸水ショーツをお試し中とのことですが、いかがでしょう?
森下
私は今年の初めころから夜用の吸水ショーツを使い始めたのですが、これがまあ便利なんです! 私はそこまで経血の量が多くないからかもしれませんが、夜、ナプキンをつけないで眠ったときの体の軽さが心地よく、眠りの質が上がったと感じました。
鈴木
なるほど~! じつは私は、以前から紙ナプキンと肌がすれることで痛みを感じることがありまして…。また、生理が来たとき、ちょうどナプキンのストックがなく、お店まですぐに買いに行くのも大変だったことがあり、いざというとき、吸水ショーツがあれば、便利かなと思って、試し始めました。使用しているフルタイプのものは、およそナプキン10枚分の経血を吸収してくれるそうなんです。
森下
10枚ってすごいですね!
鈴木
そうなんです、105mlと大容量! 通常タイプのものだと約60mlの吸水量になります。私は生理2日目の経血量がいちばん多いので、1日目はとりあえず通常タイプ、2日目はフルタイプをはいて過ごしてみました。ただ2日目は長時間外出していたため、帰りの電車に乗っている途中で何となくショーツが重たくなっている感じがして…。家で確認してみると、少しだけショーツの際のところに経血がついてしまっていました。もしかしたら経血量が多かったりショーツがずれてしまっていたりしたことが原因かもしれませんが、やはり一気に経血が出てしまったり、長時間、動きまわっていたりと状況によっては、吸水が追いつかないこともあるのかもしれないな、と感じましたね。
森下
たしかに、経血が一点に集中して出てしまった場合、吸水できずにもれてしまうということも起こりうるのかもしれませんよね。
鈴木
そうなんですよね…。結局この日は自宅で気づいたからいいものの、外出先でショーツを変えられない状態だったら、と考えると、外に出かける際は紙ナプキンのほうがすぐに変えられるな、とちょっと思いました。水谷さんはいかがですか?
水谷
私はいわゆるパンツ型のショーツだと肌が荒れてしまうので、ボクサーパンツ型の吸水ショーツを使っています。生理中だととくに、経血が太もものところまでもれたらどうしよう…と不安になることもありますが、ボクサー型だとそういう心配もなくて安心です。経血量が多い日に1日使用してみましたが、まったくもれることなく、ベタつく感じもありませんでした。

ショーツをはいた女性のイラスト

鈴木
ボクサー型もあるのですね。吸水ショーツの気になる点としては、やはり素材や吸水性ですが、その辺りはいかがでしたか?
森下

そうですね。どろっとしたものが出たときは、吸収しきれないんですよね。量が普通のときは、1日中サラサラで快適に過ごせるのですが…。私は昼に1枚、夜に1枚という感じで使用しています。

いちばん便利だなと思うのは、4日目、5日目など生理が終わりかけのとき。経血があるときにおりものシートを使ったり、おりものだけなのに生理用ナプキンを使ったりすると肌が荒れるのですが、吸水ショーツなら、どの時期にはいても違和感がないです。

鈴木
そう、吸水ショーツは生理以外のときにもはくことができて便利なんですよね。私は吸水ショーツを洗う際に、シャワーを当てても外側の部分がまったく水で濡れなかったので、相当吸水性が高いのだな~と実感がありました。あと気になるのはお値段ですよね。
森下
吸水ショーツと紙ナプキンを比べたときにやはり値段が高いと思う人もいるのではないかと思います。私の場合は1回の生理で使用する紙ナプキンの値段が合計400~500円ほど。吸水ショーツはメーカーにもよりますが、1枚5000円以上するものも少なくないので、10倍以上の値段になることもあります。ただ、生理って長くつき合うものですし、毎月1回来ると考えれば吸水ショーツはお得なのかなと。それに、ゴミが出ない、ミニマムな生活ができるのはいいなと思います。
鈴木
なるほど。素材や洗い方に関してはいかがでしょう?
水谷
ショーツの洗い方に関してですが、私の場合はたらいに水を張ってそこで洗います。1~2回くり返し洗うと水が汚れなくなるので、そのまま洗濯機でほかの洋服と一緒に洗っています。乾燥機が使えないことを考えると、洗い替えとして2枚ほど持っておくと便利ですよね。
鈴木
たしかに洗って干している間の予備があったほうがいいですよね。私の使っている吸水ショーツは、ぬるま湯に少し浸けて置いて、そのあとサッと洗って洗濯機へ入れるだけです。ショーツは通常タイプとフルタイプの2枚を持っているので、これをどうやってうまく使いわけるのかがポイントですね。
森下
素材については、私はポリエステル部分が肌に当たると荒れてしまうといった悩みがあるのですが、吸水部分以外の素材がオーガニックコットンになっているものを最近見つけたので、今度試してみたいと思っています! ポリエステルのものより、お腹も冷えなさそうです。
鈴木
肌にやさしいとか、環境に配慮したものなど、いろいろな種類のものが出てきているな、という感じがしますよね。

ショーツのイラスト

森下
あと気になるのは、やっぱりニオイでしょうか。
鈴木
私はとくにニオイ気にならなかったです! 吸水ショーツのよさって、ゴミが出ないことはもちろん、ニオイが出ないことや蒸れがないことなのかなと思います。
森下
そうですよね~! ナプキン独特のあのニオイはないように感じます。
自分の生理の期間のうち、どのくらい吸水ショーツだけで過ごすのか、ナプキンと併用したほうが安心なのか、などは人それぞれなのかなと思うので、慣れるためには3か月くらいの期間が必要なのかなと思いますね。
水谷
私の場合、月経カップに慣れてからは月経カップのほうが違和感もなく快適です。私にとっては「月経カップあっての吸水ショーツ」かなと感じます。月経カップと吸水ショーツを組み合わせて使用すると、吸水ショーツはほとんど汚れないことも多いので、洗い方なども全然違ってきますよね。
鈴木
たしかにそうですね! フェムケアアイテムの取り入れ方は個人差が大きそうです。自分がストレスなく快適に使えるアイテム選びや距離感がつかめるといいですよね。

吸水ショーツは、紙ナプキンのようなごわつき感やニオイの不快感もなく快適に過ごせるところがとっても魅力的ですよね。ただ、編集部の中でも、まだお試ししていなくて、これからチャレンジする人や、「吸水ショーツは合わない」といった声、「メーカーによって合うものと合わないものがある」といった声もあります。1枚1枚の値段を考えると、肌に合うものを手軽に探すのが難しい一面もありそうですよね。

一方で、「吸水ショーツを使ってみたいけれど、やっぱりちょっと不安…」という人は、経血量の多い日は紙ナプキン、少ない日は吸水ショーツというように、慣れるまでは少しずつチャレンジしていくのもいいかもしれません。

また、最近では膣内フローラに着目したサプリや乳酸菌を配合したデリケートゾーンウォッシュ、自然由来のタンポンなど、さまざまなフェムケア商品が続々と登場しています。パッケージもおしゃれでかわいいものが増えてきているため、今まで何となく手にとりにくかったフェムケアアイテムも、どんどん気軽にお試しできるようになるはず!

次回は、FYTTEのコミュニティ会員によるフェムケアアイテムお試しレポートを予定しています! 「吸水ショーツ」や「月経カップ」など、自分のライフスタイルに合ったアイテムをじょうずにとり入れて、ツラい生理中も快適に過ごしましょう!

FYTTEのファンコミュニティ「Fan!Fun!FYTTE」では、ダイエットやビューティ、健康をテーマにしたオンラインクラスに気軽に参加することができます。
「Fan!Fun!FYTTE」のご参加は、こちらから!

文/FYTTE編集部

関連記事

  1. Healthcare「月経カップ」って実際どうなの? 気になる生理のお悩みやフェムケアアイテムを参加者と語る! [FYTTEオンラインクラスレポート]

    「月経カップ」って実際どうなの? 気になる生理のお悩みやフェムケアアイテムを参加者と語る! [FYTTEオンラインクラスレポート]

    0
  2. Healthcare女性ホルモンは「油」でできている! 良質な油をとり入れて、生理前・生理中の不調を解消しよう

    女性ホルモンは「油」でできている! 良質な油をとり入れて、生理前・生理中の不調を解消しよう

    0
  3. Healthcareまずは「油」に注目! 女性ホルモンに関わる不調や悩みを解決したいなら、食生活から変えていこう

    まずは「油」に注目! 女性ホルモンに関わる不調や悩みを解決したいなら、食生活から変えていこう

    0
  4. Healthcare教えて、ママ女医ちえこ先生! 気になるフェムケア…吸水ショーツや月経カップのじょうずな使い分け

    教えて、ママ女医ちえこ先生! 気になるフェムケア…吸水ショーツや月経カップのじょうずな使い分け

    0

おすすめの記事PICK UP