FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

日常の活動量に注目! 海外研究によると「1分の息の上がる動き」が複数回あるだけで運動並みの効果に

Share
ランニング

エクササイズはまずは始めること、それから継続することが重要。そう思ってはいても、スポーツが苦手だったり、運動の時間がとれなかったりする人も多いはず。そんな人に朗報です。海外研究によると、特に運動をしなくても、毎日の生活で、ほんの1分くらいの息が上がるような動きを何回かしているだけで意外なインパクトがあると判明しました。

監修 : 星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長 獣医師/ジャーナリスト
専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修を担っている。東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。YouTubeステラチャンネルでもヘルスケアの話題を発信。
YouTube:https://youtube.com/@stellach

Contents 目次

2万5000人以上の記録から算出

運動

ふだんの生活のなかでも短時間、息を切らすような活動をすることは珍しくないでしょう。たとえば、バスの時間に遅れそうになって走ったり、元気な子どもの相手をしたり、家事で力を出したり。そんな生活のなかで行っている自然な運動はちょっとしたエクササイズになっているといってもよいのでしょう。

今回、オーストラリアや英国などの国際的な研究グループは、特に意識せずに行っている激しい活動を「日常生活での間欠的な激しい身体活動(VILPA)」と名づけ、その実態と健康への影響を調べました。それらの身体活動をまとめて、どれくらいの活動量になるのか初めて正確に測定したのです。このような測定が可能になる背景には、体に装着して活動量を高精度で測定できるウエアラブルデバイスが手軽に利用できるようになった状況があります。

研究グループは、英国で約50万人の健康情報を集めた「UKバイオバンク」のデータを使い、余暇にスポーツや運動をしていないという2万5000人以上について、手首に装着する活動量計の記録からVILPA量を算出。そして、およそ7年にわたる追跡期間の医療記録をもとに心臓や血管の病気、がん、死亡率との関係を調べてみました。

“激しい運動”と同様の効果

運動

今回の研究で確認されたのは、日常生活での活動量が多いほど死亡率が低下することでした。具体的には、日常的な活動であるVILPAが多いほど、特に心臓や血管の病気による死亡率が下がっていました。およそ9割の人がVILPAをしていると判定され、その大部分が1分未満(平均45秒)でしたが、これが1日3、4回あると、VILPAがなかった人に比べて、原因にかかわらない死亡率およびがんによる死亡率が最大で40%低下していました。さらに、心臓と血管の病気による死亡率は49%低いことが判明。特に活動量の多かった、VILPA が1日11回ある場合、がんによる死亡率が49%、心臓・血管の病気による死亡率は65%下がりました。

さらに、同じUKバイオバンクのデータから、余暇に運動をしていた6万2000人についても分析したところ、激しい運動の量と死亡率との間には同様の関連が見られました。この結果を受けて、余暇に運動をしていない場合、日常生活での短時間の激しい身体活動が健康によい効果をもたらすと研究グループは説明しています。WHO(世界保健機関)の身体活動ガイドラインでも、継続時間を問わず“あらゆる身体活動”が含まれるようになっているなか、エクササイズでも家事の一環でも、激しい身体活動をしていることにはメリットがありそうです。

<参考文献>
One-minute bursts of activity during daily tasks could prolong your life, finds study
https://www.sydney.edu.au/news-opinion/news/2022/12/09/one-minute-bursts-of-activity-during-daily-tasks-could-prolong-y.html

Stamatakis E, Ahmadi MN, Gill JMR, Thøgersen-Ntoumani C, Gibala MJ, Doherty A, Hamer M. Association of wearable device-measured vigorous intermittent lifestyle physical activity with mortality. Nat Med. 2022 Dec 8. doi: 10.1038/s41591-022-02100-x. Epub ahead of print. PMID: 36482104.
https://www.nature.com/articles/s41591-022-02100-x

関連記事

  1. Healthcareがんを防ぐのに推奨される運動量は? 海外研究がデータを分析した結果は…

    がんを防ぐのに推奨される運動量は? 海外研究がデータを分析した結果は…

    9
  2. Healthcare運動の有無が新型コロナの重症リスクに関連!?  海外研究で約5万人の感染者を分析した結果は…?

    運動の有無が新型コロナの重症リスクに関連!?  海外研究で約5万人の感染者を分析した結果は…?

    23
  3. Healthcare子どもに多い白血病の再発リスクを下げるには? 「ダイエット」と「運動」が治療効果を上げると海外研究

    子どもに多い白血病の再発リスクを下げるには? 「ダイエット」と「運動」が治療効果を上げると海外研究

    27
  4. Healthcare運動後の血圧には要注意。異常な上昇が見られたら、ヘルスチェックを!

    運動後の血圧には要注意。異常な上昇が見られたら、ヘルスチェックを!

    44

おすすめの記事PICK UP