FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |不調

ベリー類が長寿の秘訣に? ベリー類・フラボノイドの摂取量が死亡率に与える影響を海外研究が分析

Share
ベリー類

いちごやブルーベリーなどのベリー類は、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素に加え、強力な抗酸化や抗炎症作用をもつポリフェノールの一種、フラボノイドが豊富に含まれています。これらのベリーがさまざまな病気から私たちを守ってくれると知られていますが、また新たな発見がありました。海外研究によると、ベリー類とフラボノイドを多くとっているほど、死亡リスクが下がると報告されたのです。

監修 : 星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長 獣医師/ジャーナリスト
専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修を担っている。東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。YouTubeステラチャンネルでもヘルスケアの話題を発信。
YouTube:https://youtube.com/@stellach

Contents 目次

全米規模の健康栄養調査データを分析

ベリー類

これまでの研究からベリー類は、心臓病や血管疾患などの病気のリスク低下と関連性が示されており、特に注目されるのが豊富に含まれるフラボノイドの効果です。フラボノイドは、慢性疾患や早期死亡の原因となる酸化ストレスと炎症を軽減する力を有しているため、ベリー類とフラボノイドをたくさんとることで、さらに死亡リスクまで下げる可能性もあるのではないかと考えられています。

ただ、ベリー類はそれほど頻繁に食べられている食品ではないため、調査などで一般的に使われる食事アンケートに含まれることが少なく、健康効果について大規模には調べられていませんでした。

そこで今回、米国ペンシルベニア州立大学の研究グループは、全国的な全国健康栄養調査(NHANES)のデータを基に、3万7000人以上の米国人の食生活を分析しました。ここからベリー類およびフラボノイドの摂取量と死亡リスクとの関連性を調べてみました。

合計摂取量に加えて、ベリー類はブルーベリーやクランベリーなどの種類ごとに、またフラボノイドもアントシアニンやイソフラボンなどの種類ごとに調べ、8年間の追跡期間中の死亡記録と照らし合わせています。ベリー類はフルーツサラダなどのように混ざっていたり、加工食品の一部になっていたりする場合を含めて詳しく分類。また、食事の質や年齢、性別、人種・民族、アルコール摂取量などの要素も考慮して分析しました。

フラボノイドをとる量が多いほど好ましい効果

いちご

こうして研究で確認されたのが、ベリー類を食べることで長生きにつながることです。

具体的には、ベリー類とフラボノイドの摂取量が多いほど、死亡リスクが低下していました。ベリー類をとらない人に比べて、何らかのベリー類をとっていた人は21%の死亡リスク低下。また、いちごでは14%、ブルーベリーでは21%、クランベリーでは31%など、種類によっても低下の程度に若干の違いが見られました。

フラボノイドも、さまざまな種類を合計した摂取量が多い人は、少ない人に比べて死亡リスクが15%低く、アントシアニンでは15%、フラボノールでは11%など、やはり種類によって若干の差がありました。

死因別では、心臓病や血管疾患による死亡のリスクは、何らかのベリー類をとっていた人で25%、クランベリーで51%低下。ブルーベリーをとっていた人は、とっていなかった人に比べて呼吸器系の病気による死亡リスクが59%低下しました。

今回、研究対象となった人のうち、定期的にベリー類をとっていた人は17%にとどまったのが課題になるようですが、ベリー類とフラボノイドは全体的な健康状態を改善して、早期死亡を防ぐ可能性があると研究グループはいいます。

ベリー類とフラボノイドを意識的に食生活にとり入れるとよいことがありそうです。

<参考文献>

Zhang L, Muscat JE, Chinchilli VM, Kris-Etherton PM, Al-Shaar L, Richie JP. Consumption of Berries and Flavonoids in Relation to Mortality in NHANES, 1999-2014. J Nutr. 2024 Jan 5:S0022-3166(24)00021-X. doi: 10.1016/j.tjnut.2024.01.002. Epub ahead of print. PMID: 38184200.
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S002231662400021X

関連記事

  1. Healthcareやる気が出ない、便秘、肌荒れ…身近な不調に注意! 名医が教える「免疫力が低下しているサイン」とは?

    やる気が出ない、便秘、肌荒れ…身近な不調に注意! 名医が教える「免疫力が低下しているサイン」とは?

    0
  2. Healthcareお酒は健康にいい? 悪い? 海外研究によると40歳を境に「安全な飲酒量」が変化する!?

    お酒は健康にいい? 悪い? 海外研究によると40歳を境に「安全な飲酒量」が変化する!?

    0
  3. Healthcare慢性腰痛に高い効果アリ! 海外研究でわかった「水中エクササイズ療法」の実力とは?

    慢性腰痛に高い効果アリ! 海外研究でわかった「水中エクササイズ療法」の実力とは?

    0
  4. Healthcare「無症状のコロナ感染は思った以上に存在」 海外のクルーズ客船感染例から参考にすべき対策は?

    「無症状のコロナ感染は思った以上に存在」 海外のクルーズ客船感染例から参考にすべき対策は?

    36

おすすめの記事PICK UP