FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |食事・栄養

チョコレートが心臓にメリット!? 「週150g」で見られた効果とは

Share
健康への効果が注目されているチョコレート

チョコレートに目がないという人も多いはず。ひとかけ口にするだけで、その甘さによって心の緊張もほぐれていくように感じられます。この代表的なスイーツは美味というばかりではなく、健康によい効果があるという点も注目されています。こうしたなか、研究報告が増えているのが、心臓病を防ぐ効果です。

監修 : 星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長 獣医師/ジャーナリスト
専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修を担っている。東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。YouTubeステラチャンネルでもヘルスケアの話題を発信。
YouTube:https://youtube.com/@stellach

Contents 目次

10万人分を超えるデータから分析

缶に入ったさまざまな種類のチョコレート

チョコレートが効果を発揮しそうなのは、心臓の働きが弱くなってしまう「心不全」という病気です。心不全になると、心臓の心拍を強く感じたり、息切れ、呼吸困難、疲労感、むくみなどの症状が現れたりすることがあります。
心不全になっている人は、世界中で2000万人と推定され、2030年には25%の増加が予想されるため、予防がとても大切。チョコレートの原料になるカカオに含まれているフラボノイドは、心臓と血管の健康につながるとして研究が進んでいます。

中国の武漢大学の研究グループが、過去の研究から10万人分を超えるデータを分析して、チョコレートを食べることによる、心不全への効果について分析しました。板チョコ1枚分に当たる50gを1回分として、食べる量が週に7回分未満の人は低~中程度の摂取量、7回分以上の人は高摂取量として、心不全との関連性を調べています。

週150g程度で最もリスクが低下

チョコレートを食べる女性

確認したのは、チョコレートを食べる人には心不全が少ない傾向があること。研究グループは最終的に5件の研究から、合計10万6109人分のデータを分析。心不全のリスクは、チョコレートをまったく食べない人と比べて、低〜中程度の摂取量の人で14%下がることを確認しました。さらに高摂取量の人では6%の低下とあまり下がりませんでした。
さらに詳しく見ると、心不全のリスクは、摂取量が多くなるほど下がるのではありません。チョコレートをまったく食べない場合と比べて、週に1回分の摂取量で8%、3回分では14%、7回分では7%低下。逆に、週に10回分の摂取量ではリスクが7%増えていたのです。

研究グループは、チョコレートを適度に食べると心不全のリスクが下がる可能性があると結論。チョコレートのタイプやカロリーとの関連については今回の研究では問われていないので、あまり甘いチョコレートばかりを食べれば逆に健康への効果は薄れる可能性もありそうです。
とはいえ、チョコレート、またはカカオを食べることで、何らかの健康によい効果が得られる可能性が示唆されました。

<参考文献>

Nutrients. 2017 Apr 20;9(4). pii: E402. doi: 10.3390/nu9040402.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28425931
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5409741/

関連記事

  1. Healthcare発症リスクが半減! 大腸がん検診の効果は「予想以上に大きい!」と海外研究の報告

    発症リスクが半減! 大腸がん検診の効果は「予想以上に大きい!」と海外研究の報告

    0
  2. Healthcare双子の研究から明らかに! ヴィーガン食が心臓や血管の病気のリスクを下げる3つの理由とは?

    双子の研究から明らかに! ヴィーガン食が心臓や血管の病気のリスクを下げる3つの理由とは?

    0
  3. Healthcare歩くスピード速いと糖尿病のリスクが低下! 「時速4kmが分かれ目」と海外研究が指摘

    歩くスピード速いと糖尿病のリスクが低下! 「時速4kmが分かれ目」と海外研究が指摘

    0
  4. Healthcare適度な飲酒でも体への影響はネガティブ? 海外研究がお酒の「代謝物」に注目

    適度な飲酒でも体への影響はネガティブ? 海外研究がお酒の「代謝物」に注目

    0

おすすめの記事PICK UP