FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    マスクによるベースメイクくずれに! 外出先でできるクイッククレンジングでキレイにお直しする方法

  1. Share

  2. お気に入り

    20

お直しコスメ画像

マスクをつけているとどうしてもベースメイクがくずれやすくなってしまいます。くずれたままにしておくと、気分がよくないばかりか肌にも悪影響を及ぼすことがあるのでメイク直しをしましょう。外出先でマスクのメイクくずれをキレイにオフしてお直しする方法を、コスメコンシェルジュの牧内夕子さんに教えていただきました。ぜひ試してみてくださいね。

監修
牧内 夕子

マスクのときのメイクくずれはきちんと直そう

マスクをしている女性画像

暑さに加えて感染対策のマスク着用が必要になり、今年の夏はいつも以上にベースメイクのくずれが悩みのたねですね。

マスクをつけていると蒸れやすく、汗や皮脂でベースメイクがくずれやすくなります。また、マスクが肌とこすれることによって、気づいたらファンデーションがすっかり剥げていた、ということも多いと思います。

皮脂や汗などが混じってよれてしまったベースメイクをそのままにしておくと、肌への刺激になりやすく肌荒れの原因になることも。メイクくずれはきちんと直して、美肌をキープしたいですね!

ベースメイクを直すのはめんどうに感じるかもしれませんが、キレイに仕上げるコツをご紹介しますので、とり入れてみてください。

マスクでくずれたベースメイク直しの方法

マスク着用でくずれやすい、ほおから下の肌をメイク直しする方法です。

1.皮脂や汗をティッシュで押さえる

まずは出てきてしまった皮脂や汗をティッシュで押さえて取りましょう。ティッシュを折りたたみ、汗や皮脂が気になる部分をやさしく押さえます。小鼻の周りやあご先、フェイスラインなども忘れないようにしてくださいね。

このとき、ティッシュにスプレーミストを吹きかけてから肌を押さえると、ひんやりとして気持ちよく、肌にうるおいを与えることもできます。

ティッシュにスプレーミストをかけた画像

2.乳液を含ませたパフでよれたファンデーションをならす

乳液を含ませたパフの画像

よれて毛穴などにたまったファンデーションをパフで均一にならします。何もつけていないパフで強くこすると肌に刺激になるので、パフに少量の乳液を含ませて、やさしくすべらせるようにします。

小鼻の周りや口の横のシワなどは特にファンデーションがたまりやすい部分です。パフの角を使ったり折り曲げたりして肌に密着させてならします。

パフに含ませた乳液が保湿してくれるので、肌の乾燥対策にもなりますよ。

3.化粧下地をつける

化粧下地を手にとった画像

紫外線予防効果のあるマスクもありますが、マスクをはずしたときなどのうっかり日焼けを防ぐため、日焼け止め効果のある化粧下地を少量塗り直します。

あとから使うパウダーの密着も高めてくれるので、化粧もちがよくなります。肌色補正効果の高い化粧下地を選べば、ファンデーションをつけなくてもある程度肌トラブルをカバーすることができます。

ほおの毛穴や色ムラなどへのカバー力を高めたい場合は、化粧下地のあとにリキッドファンデーションをごく少量つけましょう。

4.フェイスパウダーで仕上げる

フェイスパウダーで仕上げている牧内さんの画像

ファンデーションを何度も塗り重ねると厚ぼったくなり、顔色がくすんだ印象になる場合も。明るい肌色かルーセントタイプのフェイスパウダーで仕上げることで、自然な透明感のある仕上がりになり、マスクへの色移りも押さえることができます。また、肌表面がサラサラとした感触になるのでマスクの摩擦を防いでくれる効果も。

外出先でクイッククレンジングをする方法

マスクによる肌荒れを防ぎたいときや、メイクくずれがひどいときは、外出先でもカンタンなクレンジングをしてメイクオフしたあとにメイク直しをすることをおすすめします。慣れれば手早く行うことができますし、すっきり清潔な肌が保てますよ。

乾燥が気になるときは乳液でやさしくオフ

乳液に含まれる油分を、くずれたファンデーションとなじませることで、やさしくメイクオフすることができます。小分けにした乳液をポーチに入れておけば、お昼のメイク直し時にもさっと簡単クレンジングすることができます。

1.メイクくずれを起こしている部分に乳液をなじませる

乳液をなじませている牧内さんの画像

マスクでこすれやすくなっている肌によけいな刺激を与えないように、乳液は指腹でやさしくなじませます。指腹を直接肌にはふれさせないくらいのソフトタッチでくるくると動かし、乳液とファンデーションをなじませて浮かせます。

乳液の量が少なすぎると指腹で肌をこすってしまいやすいので、乳液の量は指がすべるくらいを目安に肌にのせましょう。

2.浮かせたメイク汚れをティッシュで押さえる

ティッシュはこすらず肌の上から押さえるようにして汚れをオフします。

肌に残った乳液はやさしくハンドプレスしてなじませましょう。乾燥した肌をやわらかくほぐし、もっちりとした感触に仕上がります。

べたつくときは水クレンジングですっきりオフ

水クレンジングならコットンに含ませて肌をふき取るだけで、クレンジングから保湿まで一気にできてしまいます。汗や皮脂でべたつくときは、思い切っていったん落としてしまったほうが気持ちよくすごせますし、メイク直しの仕上がりもよくなります。

1.水クレンジングをコットンにたっぷりと含ませる

コットンに水クレンジングを含ませた画像

コットンに含ませる量が足りないと、毛羽立ちの原因になり肌に刺激となるので、水クレンジングはたっぷりと含ませましょう。

2.コットンを軽くすべらせるようにしてメイクくずれをふき取る

コットンを挟んだ指を広げるようにすると、メイクをふき取る面を広くすることができます。こするのではなく、コットンが肌の上をすべるくらいのソフトタッチでメイクをふき取ります。

肌に残ったうるおいはハンドプレスしてなじませます。みずみずしいうるおいが補給され、さっぱりと清潔な肌に仕上がります。

乳液または水クレンジングでメイクオフしたあとは、化粧下地とフェイスパウダーで仕上げ、メイク直しが完了です。

クイッククレンジングを行うことで肌に刺激となる物質を除去し、保湿ケアもできるので、マスクによる肌荒れを防ぎたいときにもおすすめです。

顔のほてりを抑えてマスクくずれを防ごう

ハンカチと保冷剤画像

猛暑日など特に気温が高い日には、マスク内の温度が上昇し、汗や皮脂の量が増えてメイクくずれもしやすくなります。

そんなときは、小さめの保冷剤をハンカチに包んで持ち歩き、首すじなどに当てて冷やすことで顔のほてりを抑えられます。涼しく過ごす工夫をすることで、少しでもマスクくずれを防ぎたいですね!

この夏はマスクくずれをしてもすぐに対応できるように、ポーチやバッグに必要なアイテムを入れてお出かけしましょう。

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    20
  1. マスク
  2. メイク直し
  3. 保湿

関連記事

  1. Beautyマスクでも美肌を保ちたい! マスク着用時の肌荒れを防ぐ5つの方法

    マスクでも美肌を保ちたい! マスク着用時の肌荒れを防ぐ5つの方法

    20
  2. Beautyゴールドのホイルマスクで肌湿度アップ!!うるうるが止まらない! #Omezaトーク

    ゴールドのホイルマスクで肌湿度アップ!!うるうるが止まらない! #Omezaトーク

    90
  3. Beauty夏に傷んだ髪は修復が難しい!?  美容研究家が実践する美髪キープ&メイク直しのコツ

    夏に傷んだ髪は修復が難しい!? 美容研究家が実践する美髪キープ&メイク直しのコツ

    70
  4. Beauty肌も夏バテ疲労をため込んでない? 秋冬に向けて美肌をつくるスキンケア術

    肌も夏バテ疲労をため込んでない? 秋冬に向けて美肌をつくるスキンケア術

    62

あわせて読みたい

Pickup