FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    31

化粧品画像

春の肌は花粉やホコリ、乾燥や紫外線などのダメージにさらされて、ゆらぎやすくなります。最近「肌がピリピリする」「手ざわりがカサカサ」といった肌の不調を感じる人は、肌のケアを見直してみましょう! ゆらぎにくい肌になるための、お手入れのポイントやおすすめのコスメをご紹介します。

監修
牧内 夕子

春の肌が“ゆらぐ”のはバリア機能の低下のせい

鼻をかむ女性の画像

季節の変わり目は、肌がカサついたり、化粧品をつけるとピリピリしたりといった肌の不調を感じやすくなりますね。
特に春先は、肌の刺激になりやすい原因が年々増えているので、肌の調子をくずす人が多くなっているのです。

【春の肌に刺激を与える原因】
✓空気の乾燥
✓寒暖差
✓紫外線
✓花粉やホコリ
✓PM2.5などの大気汚染物質
✓マスク着用時の摩擦や乾燥

春の肌は、外部環境からの刺激を受けやすい、とてもデリケートな状態です。
ではなぜ、肌はゆらいでしまうのでしょうか? それは、肌の油分と水分のバランスがくずれ、肌のバリア機能が低下してしまうからです。

バリア機能とは、乾燥や紫外線、花粉やホコリなどの外部からの刺激から肌を守り、肌内部の水分が蒸発しないように保つ働きのことです。肌のいちばん外側にある角質層が、バリア機能のかなめとなって、肌を刺激から守ってくれているのです。

秋から続く空気の乾燥や、寒暖差などの影響によって、肌のバリア機能が低下すると、少しの刺激でも肌荒れを起こしやすくなります。

肌のうるおいをしっかりと守りながら、肌の生まれ変わりのリズムであるターンオーバーを整え、バリア機能を回復させてあげるケアが必要です。

肌がデリケートなときは「守りのケア」に徹して!

頬に手を当てる女性の画像

ゆらぎ肌の時期は、高機能なエイジングケアアイテムを使った「攻めのケア」よりも、肌がみずからうるおう力を育てる「守りのケア」に徹することで、肌のバリア機能を回復させて、ゆらぎにくい肌へと導いてあげましょう。
「守りのケア」のポイントをお伝えします!

(1)刺激の少ない洗顔を心がけよう
花粉やホコリが気になるからといって、1日に何度も洗顔するのはNG。肌に必要なうるおいまでとり除くことになってしまいます。肌を手でこすらないようにしながら洗顔し、やわらかいタオルでやさしく水分を押さえるようにしましょう。

(2)うるおい補給にこだわったお手入れにシフト
シミやシワ、たるみや毛穴など、肌悩みに対応したケアを行いたいのはやまやまですが、肌がゆらいでいるときは、それらのケアが、逆に刺激になってしまうこともあります。肌が落ち着くまでは、うるおいをたっぷり与える保湿のケアに注力しましょう。

(3)日中は刺激にふれないように肌をガード
ゆらぎ肌のときのメイクは、ベースメイクを中心にし、クレンジングで肌に負担をかけやすい、アイラインやマスカラなどのポイントメイクはなるべくお休みしましょう。
ベースメイクの上から仕上げ用ミストを吹きかけて、肌をコートしておけば、肌が刺激にふれにくくなり、うるおいをキープできますよ。
また、日中はなるべく肌をさわらないようにしましょう!

(4)スキンケアの切り替えや新しいコスメを試すのはお休みに
季節の変わり目には、新しいコスメを試したり、秋冬用から春夏用のスキンケアにチェンジしたりする人も多いと思いますが、肌がゆらいでいるときはNG。肌への負担を減らすために、コスメのお試しは肌の調子が整うまで見送りましょう。

ゆらぎ肌をケアするおすすめの4アイテム

1.肌に必要なうるおいを残す「洗顔」

洗顔は、汚れをとり去ることに意識がいきがちですが、肌がゆらいでいるときには、肌にうるおいを残すことを重視しましょう。

【ハップアール クレンジングクリーム/フェイスウォッシュ】

ハップアール画像

ハップアールは、必要な皮脂は肌に残し、酸化した皮脂やよぶんな皮脂、古い角質だけを選択吸着できる成分「アパリン」を配合した洗顔シリーズです。うるおいを残しながら洗顔できるので、ゆらぎ肌の洗顔アイテムとしておすすめです。

ハップアールクレンジング画像

クレンジングクリームは、まるで保湿クリームのようになめらかでやわらかな感触です。肌のうるおいを残しながらメイクを落とせる、スキンケア感覚のクレンジングクリームです。マイルドなクレンジング力なので、落としにくいポイントメイクは、事前にメイクアップリムーバーなどでオフしておきましょう。

ハップアール洗顔料画像

フェイスウォッシュは、ふんわりとした軽い泡が肌にやさしい感触です。洗顔後の肌が、うるおってやわらかく、すべすべと仕上がります。

洗顔は、やり方によっては肌に必要な皮脂までとりすぎて、肌にダメージになることも。肌にやさしい感触でしっとり感を感じる洗顔アイテムを選びましょう!

2.肌のバリア機能を助けてくれる「クリーム」

肌のバリア機能が低下しているゆらぎ肌は、外部からの刺激を極力シャットアウトすることが必要です。
そのためには、肌のうるおいがこれ以上不足しないように、しっかりと肌を密閉して、バリア機能を保ちましょう。
肌のうるおいにフタをする役割のアイテムといえば、クリームですね! お手入れの最後にプラスしてみてください。

【キュレル フェイスクリーム】

キュレルフェイスクリーム画像

ホイップクリームのようにとてもやわらかく、のびが軽いクリームなので、肌に負担なく使えます。肌にさっとなじんでべたつかないので、日中の使用にも向いていますよ。
乾燥性の敏感肌に対応した処方で、肌の炎症を抑える医薬部外品成分「アラントイン」が配合されているところが、ゆらぎ肌にうれしいポイント!
刺激を受けて赤みがでたり、ムズムズしたりする肌を、鎮静してくれる効果があります。

ュレルクリームを手の甲に塗った画像

朝晩しっかりとクリームを使うことで、ゆらぎにくい丈夫な肌を育てていきましょう!

3.日中の肌を守ってくれる「仕上げ用ミスト」

日中の肌は、空気の乾燥にさらされ、花粉やホコリなどがつきやすくなり、刺激を受けやすい状態です。また、マスクのつけはずしで、肌の乾燥が進んでしまうことも。
日中の肌のうるおいを守るには、ベースメイクをしたあとに使う仕上げ用ミストで、肌をコートしてあげるといいですよ。

【コーセー メイク キープ ミスト】

メイクキープミスト

メイクの仕上げに使うコーセーのメイクキープミストは、メイクをしっかりコートして、汗や皮脂で崩れるのを防ぐアイテムです。3種のヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が入っているので、日中の肌のうるおいを保つ効果があります。

メイクがくずれにくくなり、化粧直しの回数が減らせるので、化粧直しをするときの肌への摩擦や負担を減らすことにもつながりますよ。

4.肌が安定してきたら土台ケアでサポート

肌のピリピリ感やカサカサ感が収まってきたら、ゆらぎにくい肌を保つために、肌の土台ケアをおこなってあげましょう。

【ルルルンプレシャス GREEN】

るるるんプレシャス画像

はるか昔から現代まで、過酷な環境を生き残ったコケの生命力に着目し開発された「コケ細胞培養成分」配合のシートマスクです。

「コケ細胞培養成分」は、寒暖差や高温多湿などの環境に置かれても、健やかな肌を保つことができる効果で注目されている成分です。低下したバリア機能の立て直しにおすすめですよ! シートマスクの素材もやわらかく、肌にしっとりと密着する感触で、使用後の肌にしっかりとうるおいを感じられます。

毎日の季節変化が激しい今、肌がゆらいでいるな、と感じたら、すぐにうるおい重視のケアに切り替えましょう!

連載・関連記事

  1. マスク生活だからこそスキンケアを徹底してみない? ロフトで買える話題のシカマスク比較

  2. ごっそりとれた汚れに驚愕も、ハンパない爽快感! 最先端機器のフェイシャルケアを体験してみた #Omezaトーク

  3. オーガニック好きにおすすめ! 美肌ケアと紫外線対策が同時に叶う美容クリーム&UVパウダー #Omezaトーク

牧内 夕子

牧内 夕子

化粧品メーカーにて18年にわたりアンチエイジング化粧品や健康食品などの商品を開発。その経験をもとに、コンセプトプランニングやコンサルティング、美容と健康に関する執筆やコスメコンシェルジュ(日本化粧品検定1級)としても活動。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    31

関連記事

  1. Beautyマスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    マスク生活で、肌は一層不安定に。口まわりの荒れやニキビの防ぐ方法は?

    21
  2. Beauty体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    体の内側からもアプローチ! インナーケアもとり入れ、ゆらぎに負けない肌へ

    20
  3. Beautyゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    ゆらぎ肌は「保湿」がカギ。正しいケアでトラブルを寄せつけない!

    19
  4. Beautyおうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    おうち美容におすすめ! 透明感アップ! つるんとした肌ざわりを作る炭酸コスメ2選

    19

あわせて読みたい

Pickup