FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    172

バストを触る女性

いくらお手入れを念入りにしても、年齢を重ねると共に、少しずつ肌の弾力やハリがなくなるのは、自然の流れ。仕方がないとわかっていても、どうにかしたいと思ってしまうのが女心というものですが、そんな女心を勇気づける朗報が! ボディコンサルタントの中島絹代さんによると、「コラーゲンやエラスチンをなるべく劣化させないようにするだけで、少しでも劣化を食い止めハリを保つことはできるんです」とのこと。しかも「バストの場合、これらのほかにも意外な方法でハリを保つことができるんですよ」と、中島さん。中島さんに、その意外な方法を教えていただきましょう。

監修
中島 絹代

体重変動に注意!

二の腕をつまむ女性

過度なダイエットや急なダイエットは、ボディ全体をたるませてしまう原因のひとつになります。
なぜなら、体重変動は、皮下脂肪の増減に直結するからです。
ほとんどが脂肪でできているバストの場合、その影響を直で受けてしまいます。
「『ダイエットをしたら、バストのボリュームとハリがなくなった』という体験をしたことはありませんか? バストのハリを無くしたくなければ、こういった体重変動につながるダイエットを、まずは控えてください」(中島さん)

バスト以外の場所が重要! バストにハリを出すためのマッサージテクとは?

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    172

関連記事

  1. Beauty下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    下着のプロが教える! ワイヤー入りブラとノンワイヤーブラの正しい使い分けの方法

    119
  2. Beautyそのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    そのブラ合ってる?ブラの真ん中が「痛い!」意外な原因と対策をプロが解説

    71
  3. Beauty「美しさに必要なのは、まず自分を受け入れること」人気モデル、写真家が考える、自分の体の変化との向き合い方

    「美しさに必要なのは、まず自分を受け入れること」人気モデル、写真家が考える、自分の体の変化との向き合い方

    10
  4. Beauty知ってた? ガードルのホントの役割を、ボディメイクのプロがずばり解説

    知ってた? ガードルのホントの役割を、ボディメイクのプロがずばり解説

    84

あわせて読みたい

Pickup