FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    変えるのは手順だけ!いつものコスメでできる、老化を防ぐスキンケアのしかた

  1. Share

  2. お気に入り

    79

変えるのは手順だけ!いつものコスメでできる、老化を防ぐスキンケアのしかた

長年使い続けている、信頼コスメ。ところが最近、以前までの効果を感じない…。こういうときは、新しいコスメを開拓するきっかけになりますが、使い続けてきた愛用コスメで以前のような実感があると嬉しいですよね。そこで今回は、ドラマや広告で活躍するヘアメイクアーティスト木村旭宏さんに、いつものコスメでできる、老化を防ぐスキンケアの仕方を教えていただきました。


劇的実感!化粧水の使いかた

日々積み重ねていくスキンケア。やり方を変えるだけで、キレイな素肌キープに繋がります。

まず1番スキンケアで大切なことといえば、乾燥対策。
化粧水も美容液もいつもやっているのに、なぜかカサカサ…。そんな経験ありませんか?

化粧水は、肌表面の角質に水分を与えて、キメを整える役割があります。水分を与えてあげることで、肌の深部まで繋がる道をつくってくれるので、化粧水をきちんと使えば、その後のスキンケアの効果がぐっと変わるんですよ。

そこでおすすめするのが、水で絞ったコットンで化粧水をつける方法。
このコットンに、化粧水をたっぷり含ませましょう。内側から外側へ、下から上にを意識して、顔全体にこのコットンで化粧水をつけてみてください(木村さん)

化粧水をつけるときのパッティングにも注意ポイントがあります。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    79
  1. シミ
  2. シワ
  3. 化粧水

関連記事

  1. Beautyシワができやすいのは「色黒」と「色白」のどっち? 肌の色と紫外線が相関する理由とは

    シワができやすいのは「色黒」と「色白」のどっち? 肌の色と紫外線が相関する理由とは

    5
  2. Beauty5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    5月の紫外線量は夏よりも強力! 紫外線ケアに有効なレシピ3選

    57
  3. Beauty筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    筋力の低下や紫外線が“老け顔”を招く!? “イノキ体操”でたるみ予防!

    25
  4. Beautyストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    ストレス肌の免疫力アップに「プラズマ乳酸菌」という新提案

    34

あわせて読みたい

Pickup